独断と偏見によるランク【2021年上半期】

各段階ごとに書いてある基準は、あくまで目安(後付け)。あとかなり感覚なので巧く説明は出来ませんごめんなさい
同ランク内のポケモンは、左から順に若干評価が高いです。大差はありません
アイコンはそれぞれの個別分析(未作成のものは自己満型サンプル)にリンクしてあります。
前回のランクから変動があったポケモンは枠(上がったものは赤、下がったものは青)で囲まれており、
それらのポケモンの画像にオンマウスすると解説が表示されます


・最終進化形態+一部の未進化ポケモンのみを対象とする(全141種)
・ルールはニンテンドウカップ2000(一撃禁止)
・競合相手が居るかどうかも考慮に入れる(ガルーラに対するオオタチ等)
・現在の環境の影響も少しだけ考慮に入れる


SS … どんな使い方でも強い。とにかくパーティに入れて間違いの無いレベル(~1)

SS- … とにかくどんなパーティにも低コストで入り得て、一定の活躍も保障されている万能キャラ(~5)


S+ … 入れて損は無いレベルもしくは頼れる不動のエースで、実際に活躍もしてくれること請け合い(~10)

S … 万能ではないが超高性能でパーティの中核、もしくはS+ほどではないがパーティに入りやすい(~13)

S- … パーティに頻繁に入るとは限らないが、数多く仕事をこなせ、その部分に対して大きな信頼に値する。(~18)


A+ … 少し環境の影響を受けやすく、一時はB+程度まで下がることもあるが常にポテンシャルは高い連中(~24)

A … A+より少し活躍範囲が狭まる。(~31)

A- … 無視出来ない最低限のライン。使い所は限られるが決して狭くはなく、ポテンシャルは高め(~38)


B+ … 環境の影響を強く受ける。特定の組み合わせの相手に対しては鬼のように強い(~46)

B … B+に比べてピンポイント的な要素が強くなる。(~55)

B- … Bに比べて更に刺せる相手が限られる。「このポケモンでないといけない」という必然性がある最低ライン(~63)


C+ … ここから必然性は薄れて来るが、スペックはそれなりに高く、あまり相手を選ばずに戦える(~74)

C … C+に比べ、相手を選ぶ。(~83)

C- … かなり性能が怪しくなって来るが、適切に仕事を選べばこなしてくれる(~92)


D+ … 割と趣味の世界。「このポケモンを使おう」というコンセプトから組み、周りで引きたててやれば活躍可能(~100)

D- … D+に比べスペックが落ちて仕事が地味になり、パーティに入れても選出しにくい(~113)


E+ … 独特の仕事が辛うじて出来る。5戦に1度程度なら出せそう(~124)

E- … 特定のポケモンの劣化になりがちだが、ギリ差別化出来たり、気にせず使えばそれなりに働ける(~129)


F+ … 特定のポケモンに対する劣化が激しい上に、活躍自体も難しい(~137)

F- … 救済が困難を極める(~140)


Z … 限りなく他のポケモンの下位互換に近い(~141)



それ低過ぎだろ、と思う方は巧い使い方を教えて下さい


戻る