最終更新日:'12/12/9  最終チェック日:'12/12/9
我流・個別分析 〜ガラガラ〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

太いホネを持って全ポケモン中ナンバーワンの物理攻撃力。何よりこれに尽きる。
その上剣の舞で火力を伸ばすことができ、主要な物理攻撃もそれなりに揃っているので圧倒的な全抜き性能を持っている。
素早さが遅く、全抜き仕様の型にすると回復も出来ず、
道具も太いホネに依存しているため食べ残しや奇跡の実を持たせることも出来ないので耐久性能は低め。
そのため周りのポケモンで麻痺や高速移動+バトンタッチによりガラガラが先手を取れる状況を作ったり、
リフレクター・光の壁によって耐久力を上げる等して充分に場を整えてから出さないと真価を発揮しづらい。
その代わり、そのような準備が出来ていれば誰にも負けない突破性能によって3タテも夢ではない。
これは決してエースに限ったことではなく、低レベルですら充分な全抜き性能を持っているというのが大きなポイントで、
別の55エースが立っているパーティに50でちゃっかり入れることでパーティ全体としての抜き筋が格段に増えたりする。
耐久力が無いため爆破を主体とした速攻パーティに向いており、
破壊の遺伝子ケンタロスと並んで「爆破速攻パーティ」のエースとしての代表格とも言える。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■□□□ 出番の多さ■■■■■□□□□□
複数対決性能■■■■■■■■□□ 使い方の多様性■■■■□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■■■□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■■
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■■


〜優劣関係〜

格好の餌ライコウ ベトベトン フォレトス サンダース ハガネール ムウマ ツボツボ マルマイン
割と有利カビゴン サンダー ファイヤー サイドン ハピナス
場合によるフーディン バンギラス カイリキー ゲンガー
割と不利ヘラクロス フシギバナ スターミー ポリゴン2 ケンタロス ドーブル カイリュー
天敵パルシェン エアームド ナッシー スイクン シャワーズ


〜防御面〜

55めざ蟲(壁あり)55めざ蟲53めざ飛50
55サンダーのめざ氷低確率4発低確率2発超高確率2発確2
55フーディンのサイコキネシス低確率4発低確率2発超高確率2発確2
55カビゴンの捨て身タックル超高確率4発確3高確率2発超高確率2発
50カビゴンののしかかり乱数7〜8発超高確率4発確4低確率3発
50パルシェンの冷凍ビーム超低確率3発確2確2確2
50パルシェンの大爆発低確率2発低確率1発高確率1発確1


〜技候補〜

地震最強の攻撃技。特別な事情でホネブーメランを持たせるわけでもなければほぼ抜けない
岩雪崩全抜き要員ならば必須。この有無で対空性能が天と地ほどの差がある。
エアームドの吹き飛ばし際に怯ませるチャンスも。
剣の舞全抜き要員ならば必須。これを1度使えばほとんどの相手を一撃で倒せる。
逆にこれが無いとチマチマダメージを蓄積させられて全抜きに大きな支障を来たすことに
めざ蟲全抜き要員選択技。ナッシーを重視し、ヘラクロスを妥協するならこちら。55だとサンダーにも強い
めざ飛全抜き要員選択技。ヘラクロスを重視する場合こちら。剣の舞さえ決まればナッシーも一撃
大文字全抜き要員選択技。エアームドに格段に強くなる。
ナッシーとヘラクロスにも抜群は入るものの、ダメージはイマイチ。ほぼエアームド対策専用と言える。
火炎放射寝言で使う場合。詳しくは型サンプル参照
眠る
寝言
火力は落ちるが長く戦いたい場合に。素眠りだとほぼ復帰不可能なので寝言は必須
ホネブーメラン身代わり対策。また、2発のうち片方が急所に当れば倒せる、という場面でも強い。
ダメージ期待値自体は地震より下なので、これらの目的がある場合専用。
腹太鼓甘えるにとても強くなる。レベルによっては岩雪崩でエアームドも一撃に。
爆裂パンチ不利な相手への最終手段。バンギラス一撃。エアームドにもなかなかのダメージ。
低レベルで使えばパルシェンを地震+コレで黄金の実を発動させずに2発で倒すことが出来る。
地獄車これもレベルによっては地震と組み合わせてパルシェンを2発で倒せる。ただし反動が痛い
破壊光線等倍の地震と同威力という点に注目。ヘラクロスとナッシーの双方になかなかのダメージ
恩返し
捨て身タックル
メガトンキック
これもヘラクロス・ナッシー・グライガーあたりにまとめて有効。
恩返しを持たせる利点については型サンプル参照。
捨て身タックルは反動に、メガトンキックは命中率に、それぞれ注意したい。
凍える風素早さを逆転させる。よく大文字と併用される(型サンプル参照)。グライガーに強い
のしかかりこれも素早さ逆転可能。寝言と相性が良いかも。
原始の力
冷凍ビーム
試行回数を稼げればいいが・・・これも寝言向きか?
滅びの歌殴った方がよっぽど早いという場面が多い。1匹残し対策にはなる。
嫌な音剣の舞で自分で全抜きするわけでなく、味方の物理攻撃も利用したい場合に。
どくどく草で受けて来る場合になかなか効果があるが、エアームドに無効なのが痛い
鳴き声使える場面はありそうだが、枠を割く価値があるかどうか・・・
鈍いガラガラより早い物理ポケモンとのタイマンでは、場合によっては剣の舞より効果があるかも?
カウンター目覚めるパワーやメガホーンを返すことが出来るが、HPが低いポケモンなので不向きだと思う。
アイアンテール一応、同じ倍率の相性なら岩雪崩より結構強い。レベル次第でプテラ一撃
泥棒泥棒で奪われた太いホネを取り返す。ネタでしょうね
地割れ一撃アリ用。しかし普通に殴った方が強いポケモンなので、不向きかも。


〜型サンプル〜

Lv.55 地震/岩雪崩/目覚めるパワー蟲/剣の舞@太いホネ

2000ルールでも屈指の火力を持つポケモンだけあって、出来る限り全抜きを狙いたい。
地震+岩雪崩の攻撃範囲は周知の通り、更に多くのポケモンをその2つの技で一撃で倒せるようにする剣の舞までは確定として、
残りの技は悩むところ。人気なのはヘラクロスに強いめざ飛と、ナッシーに強いめざ蟲。エアームドに強い大文字もたまに。
ここからは他のサポメンとの兼ね合いで決めることになるが、
少なくとも今の環境ではめざ蟲が圧倒的に有用性が高いと個人的には思う。
それに関してはこちらの記事を御一読願いたい。


Lv.55 地震/岩雪崩/恩返し/剣の舞@太いホネ

剣の舞+恩返しでヘラクロスを一撃で倒せる。こちらはメガホーンを2発耐えるため、
ヘラクロスがこらきし型でなければタイマンで勝てる。
ヘラクロスに強い型としては、めざ飛と違って耐久が下がらないどころか、
めざ蟲と比べてもほんの僅かながら高い個体値で使える。
残念ながらナッシーは倒せないが、追い打ち等でナッシー対策が万全であるパーティならば、
最も使える型なのではないかと個人的には思っている。解説はこちらも参照されたい。


Lv.53 地震/岩雪崩/目覚めるパワー飛行/剣の舞@太いホネ

某氏が愛用していたLv.51あやみがスターミーの最強のパートナー。
こちらに関してはスターミーがナッシーに強く対ヘラクロスが不安なので、基本的にはめざ飛で良さそうだ。
50エアームドを剣の舞+岩雪崩で超高確率2発で倒せるようになるのもこのレベルからである。
また、耐久面は不安になるがより一層全抜き性能が上がる腹太鼓を剣の舞の代わりに持たせることもあり、
その場合50エアームドを岩雪崩で高確率一撃で倒せる恐ろしい火力を持つ。これを利用したパーティもかつてはあった。


Lv.50 地震/火炎放射/眠る/寝言@太いホネ

55地震カビゴンの隣で時々使われる。
カビゴンがエアームドやフォレトスで止まるので、それを起点にしつつ物理火力も持てるポケモン。
Lv.50で使うことになるので大文字にしても基本的にエアームドは3発かかるため、火炎放射で良い。
エアームド以外の飛行ポケモンに弱過ぎるという点に注意。


Lv.50 地震/岩雪崩/眠る/寝言@太いホネ

こちらはエアームド等関係なく、寝言で戦うことに主眼を置いた型。
↑の型にも言えることだが、毒や撒き菱で弱らせるようなガラガラ対策が崩壊するというのがポイント。
岩雪崩の枠は同じく地震と相性の良いノーマル技を持たせても良い。
威力重視なら捨て身タックル、麻痺を撒きたいならのしかかり。
爆裂パンチという選択肢も無くはないが、飛行に弱くなり過ぎるか。


Lv.50 地震/岩雪崩/大文字/凍える風@太いホネ

ガラガラは遅いので凍える風で素早さを逆転させて倒そう。これも55カビゴンの隣か。
例えばカイリキーに対し、凍える風をかけてから地震で殴ってから果てた後、
カビゴンがカイリキーに先制して勝てるようになる、というような所がポイント。
寝言型と違ってエアームドも、凍える風+大文字2発で倒せるので火炎放射でなく大文字で良い。
因みに目安として凍える風を1回当てて同速になるのがカイリュー。


Lv.50 岩雪崩/剣の舞/眠る/寝言@太いホネ

「寝言で粘りつつ地震のように特定の属性であっさり止まったりしない」という条件を付けたら、
こんなことになってしまった。そしてそれ以上でもそれ以下でもない。
まあ「ネタとしては使えるレベル」って感じじゃないでしょうか(


Lv.55 地震/剣の舞/眠る/いびき@太いホネ

こちら。「いびきを無理矢理活用出来るポケモン」としては一応上位に来ると思います
以上ですすいませんでした


Lv.50 地震/どくどく/滅びの歌/守る@太いホネ

まあ滅びの歌を言いたいだけ。ターンを稼ぐための守る、交代を促すのでどくどくと相性が良いかなと。
もちろんどくどく+守るも相性良いし
ガラガラの滅びの歌の巧い使い方に関しては誰かお願いします
因みに滅びの歌は両立不可な技がたくさんあるので要注意。


Lv.50 地震/岩雪崩/大文字/剣の舞@じてんしゃ

あーあ


〜活躍したログ〜

ログ1 … 50で裏の決定力として機能させる例
ログ2 … 50で裏の決定力として機能させる例2
ログ3 … 50で裏の決定力として機能させる例3
ログ4 … 50で裏の決定力として機能させる例4
ログ5 … 50で裏の決定力として機能させる例5
ログ6 … 50で裏の決定力として機能させる例6
ログ7 … 55ガラガラの強さを分からせられるログ
ログ8 … 麻痺サポートからの全抜き
ログ9 … 光の壁サポートからの全抜き
ログ10 … 光の壁サポートからの全抜き2
ログ11 … 高速バトンからの全抜き
ログ12 … 55恩返しガラガラ
ログ13 … ホネブーメランで身代わりをぶち抜く
ログ14 … ホネブーメランで身代わりをぶち抜く2


〜大体どれにでも通用する対策〜

とりあえず完全に受けることは不可能なポケモンなので、
何度か流せるポケモンを入れつつその他のポケモンも背中を向けないようにする必要がある。
その「何度か流せるポケモン」の代表格としてパルシェン、エアームドが挙げられる。
他に優秀なのはスイクン、ギャラドス、ナッシー、モンジャラ、ヘラクロス、グライガー、ドンファンあたりか。
もちろん冒頭に書いた通りナッシーはめざ蟲、ヘラクロスはめざ飛に注意。どちらも一撃で倒されてしまう。
めざ飛の場合はHPで分かるので、これを調べるのは怠らないようにしたい。
この他殴り勝てる場合は、地震を読んで飛行タイプを出す等も出来る。例えば50ガラガラに対する55サンダーなど。
タイマンで勝つこと自体は多くの水ポケモンが出来るが、マルマインで光の壁サポートをされたり、
サンダースの高速移動+バトンタッチを決められてそのままだと完全に逆転されてしまうことも多いので、
とにかく1匹のポケモンだけに任せてしまうのはとても危険。
またあやみがスターミーを併用される場合はそちらもとても厄介。それに対する対策についてはスターミーの項を参照のこと。
このあたりの組み合わせも踏まえた対策としてはこちらによく書かれている。
また、ガラガラパーティ全体として、一般にありがちな弱点についてはこちらを参照されたい。

この他にガラガラ単体への対策として、多くの場合回復手段が無いというのを利用して、
毒や眠りを浴びせるのは大いに有効。
また、撒き菱を1回2回踏ませることでも倒しやすさが格段に変わったりもする。
ただしそれだけに頼っていると、幾つか挙げたように寝言型だった場合に崩壊する。
エース等の場合はまず考えにくいが、55カビゴンの隣に居る場合などは大いに注意する必要がありそうだ。
エースでは鈍いケンタロスが優秀なキラーとなる。鈍いを1回積んでもガラガラに先制出来る上に恩返し2発で倒せるので、
鈍い+恩返し+恩返しでガラガラにタイマンで勝つことが可能。


戻る