最終更新日:'13/3/4  最終チェック日:'13/3/4
我流・個別分析 〜カビゴン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

攻撃面、防御面、型の広さ、便利さ、様々な面で満遍なく優れた性能を持っている、他の追随を許さない2000最強キャラ。
パーティにとりあえず入れておけば、使い方さえ間違えなければ一定の活躍は保障され、寧ろこれが入らないパーティの方が少ない。
2000ではハピナス、ラッキーに次いで高い特殊耐久を誇り、特殊弱点も無いので特殊全般に対してかなりの耐性を持つ。
属性を利用した受けではないため、相手のサブ技に影響されないというのも大きい。
更にはその圧倒的なHPのお陰で、特殊だけでなく物理耐久すらかなりの上位に入り、
Lv.55ならLv.51サイドンやLv.53エアームドのそれを上回るほどである。
その上このポケモンの捨て身タックルは、大爆発や起死回生など変則的な技を除けば、
ガラガラの地震、ヘラクロスのメガホーンに次いで火力の高い物理攻撃となるので、相手に対し大きな圧力もかけられる。
鈍いでパワーアップするにも適している能力であるし、多彩なサブ技で非常に多くの範囲に対して決定力を出すことも出来る。
このポケモンの腹太鼓に関しては、強過ぎて禁止される風潮があったというほどである。
総合的に安定して高いステータスの汚点は全て素早さが吸い取っており、
ニンテンドウカップ97〜99の時代と比べて2000は素早さの重要性が著しく落ちたということを象徴しているかのようなポケモン。
最強キャラではあるが無敵キャラではなく、主にその圧倒的な遅さを突いた有効な対策が数多く発掘されているので、
とりあえず使えば勝てるというほど勝負の世界は甘くはない。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■■□□ 出番の多さ■■■■■■■■■■
複数対決性能■■■■■■■■■■ 使い方の多様性■■■■■■■■■■
対カビゴン性能■■■■■■□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■■
対その他の一線級■■■■■■■■■□ 個人的総合評価■■■■■■■■■■


〜優劣関係〜

格好の餌ライコウ スターミー ハピナス マルマイン メタモン
割と有利ゲンガー サンダー スイクン ケンタロス ファイヤー フーディン リザードン
場合によるハガネール ヘラクロス エアームド ブラッキー パルシェン フォレトス フシギバナ
割と不利ポリゴン2 バンギラス サイドン ゴローニャ ナッシー ガラガラ カイリキー ドンファン
天敵ムウマ ミルタンク ツボツボ


〜防御面〜

55食べ残し555250
55磁石サンダーの雷確4乱数3〜4発確3確3
55ライコウの10万ボルト乱数6〜7発確5微高確率4発確4
55木炭ファイヤーの日本晴れ+大文字超低確率2発中乱数2発確2確2
55フーディンのサイコキネシス乱数5〜6発超低確率4発超高確率4発確4
50スターミーの波乗り乱数8〜10発乱数6〜7発乱数5〜6発乱数5〜6発
50ガラガラの剣の舞+地震確2確2微低確率1発高確率1発
55カビゴンの捨て身タックル高確率3発確3確3超低確率2発
50カビゴンののしかかり乱数5〜7発超低確率4発超高確率4発確4
55ヘラクロスのめざ格超低確率2発微低確率2発確2確2
バンギラスの岩雪崩超低確率4発確4超低確率3発微高確率3発
バンギラスの爆裂パンチ超低確率2発微低確率2発確2確2
55ゲンガーの爆裂パンチ超高確率4発超低確率3発高確率3発確3
53イノムーの地震超低確率4発確4超低確率3発微高確率3発
52水玉リボンパルシェンの大爆発超低確率1発超低確率1発微高確率1発確1


〜技候補〜

眠る自爆で使い捨てじゃなければまず必要。役割がとても多いので回復出来ないと仕事を遂行出来ない。
自爆あらゆる敵を一撃で吹っ飛ばす恐ろしい威力。これのお陰で道連れ性能がかなり高いポケモンとなっている。
これを持たせておけばニートになることは滅多に無いだろう。
9割9分のカビゴンは眠るか自爆のどちらかを持っているが、両方持つ場合もある
鈍い素早さは元々捨ててるんだからこれほど相性の良い技は無い。決定力の源。
腹太鼓隙を見てコレを決めれば一気に試合を終らせられる可能性がある。
特に甘えるやリフレクターと言った対策をぶち破るには非常に有効。
更に、コレを決めた後の自爆はLv.50で55ハガネールすら一撃。
寝言55食べ残しでもない限りは素眠りに追い込まれると動きづらくなるため、
薄荷の実か自爆かコレが欲しい。特に低レベルだと高火力の特殊技を受け続けるのは厳しいので、
コレを持たせて常に誤魔化しが利くようにしたりするのが良い。
捨て身タックル
恩返し
のしかかり
属性一致メイン技。威力を取るか追加効果を取るか、その中間を取るか。
純粋に低レベルならサポート向けののしかかり、エースなら火力満点の捨て身タックルが合う。
自爆が主な目的の場合、これらを1個も持たせない場合も無くはない。
地震対ゴースト・岩・鋼と、ノーマル耐性のうち最も多くに通用する安定したサブ技。
これを持てば「ゲンガー受けカビゴン」なんていうことも出来る。
大文字
火炎放射
鋼対策のサブ技。その他には、
ナッシーやヘラクロス、パルシェンにもそこそこ効くので、ガラガラとの相性がなかなか。

電磁砲
10万ボルト
エアームド、パルシェン対策。
ゴーストや再生回復のポリゴン2、ナッシー等に麻痺を入れるのも美味しい。
麻痺の追加効果が特に重要視されるので、10万ボルトはあまり人気が無いかも。
爆裂パンチ属性的には岩・鋼・同族対決に強いのだが、それ以上に混乱の追加効果が大きい。
事故ればエアームドを突破出来ることも。試行回数を増やせる寝言と併用すると相性が良い。
カウンター同族対決や、苦手なガラガラ、ヘラクロスあたりとの戦いで絶大な効果を発揮する。
隠し持っていざと言う時に逆襲の一撃を決めるか、初めからチラ付かせて相手の行動を制限するか。
影分身持久力のあるポケモンなのでコレも相性が良い。
同時に鈍いも併用しないと、相手が鈍いを積んだとき一撃で倒されるので注意。
どくどく再生回復のポリゴン2やミルタンク、眠るを持たないムウマ等に効果覿面。同族対決にも強め。
シャドーボールゲンガーには地震の方が効くので対ムウマ専用。
もう1個特殊技を持たせて、追加効果の特防ダウンを利用する手もあるが…
波乗りカビゴンの特攻では、弱点を突かないと厳しい。雨乞いと併用出来れば、というところか。
リフレクター
雨乞い
日本晴れ
短期戦ではコレを残して自爆して後続に繋げるという手も使える。
岩雪崩ツボツボ対策・・・・・。一応ファイヤー等にも自爆以外で一番ダメージが入る技。
転がる3〜4ターン居座れる状況を作ってあげればワンチャンありそう。丸くなるや影分身と組み合わせて効果倍増。
メロメロ♀で使う。これが効かない性別不明のポケモンには元々強いので実はかなり相性が良い。
惜しむらくは攻撃個体値を1まで下げなければならない所だが、
相手が1ターン行動出来なくなることを考えるとそこまで致命的なデメリットでもないのかも知れない。
身代わり中途半端な火力の攻撃は軒並み身代わりが1発耐える上に、
眠り粉や甘えると言った対策を完全にシャットアウト出来る。
がしかし肝心の素早さが無いので向かい合ってからコレを使っても効果は薄い。
相手がナッシーやブラッキーといったポケモンを後出しして来るような時には非常に有効な対策となり得る。
もしくは麻痺をかけて先手を取れるようにしてからか。
冷凍ビーム自慢の耐久を活かして試行回数が稼げるので、ダメージよりも追加効果が狙い。
凍える風一応素早さ逆転を図ることが出来るが・・・・
地割れ一撃アリ用。飛行には効かないものの、耐久力を活かして試行回数を稼げるのでかなり強い。


〜型サンプル〜

Lv.50 のしかかり/大文字/眠る/自爆@薄荷の実

低レベでとにかく便利な自爆カビゴン。エース型よりも先に紹介したのは、それだけ有用性が高いということです。
「55カビゴンパーティの最大の欠点は、50カビゴンを使えないこと」と言われるほど。
のしかかりの3割麻痺はかなり期待して良い数字です。
ただ、威力自体は低く、寝言持ちなんかには舐められがちなので威力重視にしたいなら捨て身タックルでも可。
サブ技はそのパーティに応じて雷でも地震でも鈍いでも柔軟に。
サンプルでは、エアームドやハガネールに強くて使いやすい大文字をサブ技にしていますが、
ここは対策したい相手に合わせて地震や雷あたりもアリです。


Lv.50 のしかかり/地震/腹太鼓/自爆@食べ残し

低レベ自爆カビゴンに食べ残しを渡せるなら、眠るは抜いちゃった方が良いです。
幾らカビゴンの耐久とは言え、流石に低レベルで素眠りになってしまうとほとんど復活出来ないので。
このサンプルは、腹太鼓+自爆でゴースト以外の全てのポケモンを一撃で葬り去ることが出来る恐ろしい型。
もちろん、余裕があるうちはのしかかりや地震で自ら決定力になることが出来ます。
こちらに書いたように、ガラガラと組み合わせると物凄く強いと思っています。
体力を気にしたいなら、腹太鼓の代わりに鈍いも大いにアリ。
鈍いでも2回ほど積めばエアームドを自爆で一撃で倒せるようになります。
のしかかりを捨て身タックルにするとか、サブ技のチョイスとかの話は↑の型の解説と同様で。
ただ、腹太鼓の場合は恩恵を受ける地震が適任かと思います。バンギラスやハガネール等を一撃で倒せるようになるし。


Lv.50 のしかかり/地震/大文字/自爆@食べ残し

フルアタカビゴン。相手に合わせて的確に弱点を突いてボロボロにし、ここぞと言う時に自爆という大暴れが出来ます。
これも食べ残しがあるので、のしかかりは威力重視の捨て身タックルもアリでしょう。
その場合、大文字は麻痺を撒ける電磁砲なんかにするのも手だと思います。
状態異常や鈍いに弱いという点は気を付けましょう


Lv.50 のしかかり/爆裂パンチ/眠る/寝言@光の粉

某氏が開発した、麻痺と混乱によるクソゲーが展開出来るカビゴン、別名クソカビ。詳しくはこちら参照。
麻痺(+混乱)撒きもするし、多くの特殊を誤魔化せる(55磁石雷サンダーには有利が付く)し、釘付け性能が鬼のように高いし、
状態異常受けになるし、その上決定力がある(混乱を絡めればのしかかりで4発かかる相手も軽く倒せる)。
理屈では分かりにくいと思いますが、使ってみるととにかく笑えて来るぐらい強いんです。
2011年夏、このカビゴンの登場によって、
それまで普通に使えていた戦術の多くがボロボロと音を立てて崩れて行く様は本当に凄まじかった。
それぐらい、対戦環境に多大な影響を与えたし、今後も与え続けるポケモンだと個人的に確信してます。
道具は光の粉が最適ですが、先制のツメ、ピントレンズ、また破壊の遺伝子なんかもアリでしょう。
某氏のあやみがスターミー以来のヒット作。オマケ


Lv.50 のしかかり/鈍い/眠る/寝言@光の粉

こちらは鈍いを積むことで決定力を出せるようにした型。
ノーマル技一本なのでノーマル耐性を持つポケモンで基本的に止まりますが、
逆に言えばそのようなポケモンが居ないと低レベルでも牛蒡抜き出来る可能性を秘めています。
色んな特殊を誤魔化せたり、状態異常受けとして使えたりという点は↑の型と同じ。
低レベの分際で一人前に決定力を出して来る上に麻痺まで撒いて来るからナメてると泣きを見ます。
食べ残しを持てるなら攻撃技は思い切って捨て身タックルも良いでしょう
レベルは52ぐらいでやるのも大アリだと思います
因みにLv.52で恩返しだと、ピンクのリボンを持てば55サンダーを確3で落とせるようになります。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/眠る/寝言@食べ残し

エースにしたのがこちら。ナッシーとかヘラクロスみたいな中途半端な対策が相手ならいよいよもって止まりません。
この型の存在によって、パーティに1匹は岩か鋼かゴーストを入れることを強いられるというほど。
寝ながら動けるので、寝言を持ってない他の型のカビゴンとの同族対決でも有利になります
55カビゴンの捨て身タックルの破壊力を一応書いておくと、
素の捨て身タックルで50めざ蟲ガラガラ・50めざ氷サンダー・50カイリキー・53ヘラクロス確2、50ナッシー高確率2発、
55カビゴン・55ブラッキー・54スイクン・52パルシェン確3、50黄金の実パルシェン高確率3発、
鈍い+捨て身タックルで51サンダース・52ヘルガー確1、55食べ残しカビゴン・54スイクン・52パルシェン確2、
52ハッサム確3、50オムスター高確率3発、50エアームドやや低確率3発。
また、寝言で出た技はカウンターやアンコールが無効になるので、その辺にも地味ながら強いです
道具は、寝言で耐久が信用出来るなら火力を伸ばすピントレンズやピンクのリボン、先制のツメなんかも大アリ。


Lv.55 捨て身タックル/地震/鈍い/眠る@食べ残し

55食べ残しカビゴンならば素眠りでもある程度余裕があるので、こうして寝言を抜いてサブ技を持たせることが出来ます。
地震は御存知、ノーマル技と相性が良い上に、鈍いの恩恵も受けられる優秀なサブ技。
地震で55めざ氷ライコウ・52ベトベトン・52ニドクイン確2、54ムウマ確3、
鈍い+地震で55食べ残しバンギラス・55ムウマ確2、50ハガネール超高確率2発、55食べ残しサイドン高確率2発、
55ハッサム確3、50フォレトス超高確率3発、50ツボツボ高確率3発。
スピードを重視するなら持ち物は薄荷の実にして、眠るのは1回きり、という使い方も出来ます。
その場合同じ型の食べ残しカビゴンとのタイマンでも勝てるようになります。
眠る鈍いエアームドやフォレトスが最大の壁になりますが、
お互い鈍いを積み切るまでは1発急所が出れば突破出来る可能性があるのが恐ろしいところ。
更に、食べ残しの無いフォレトスに対してはこちらのような手順によって突破することが出来ます。
因みにレベルは53ぐらいに落として使われることもあります。その場合メイン技は恩返しになったり。


Lv.55 捨て身タックル/雷/鈍い/眠る@食べ残し

サブ技を雷にしたバージョン。パルシェンやエアームドに強くなります。
地震の場合は、相手に「抵抗する」という感じでしたが、
こちらはエアームド等に対しては寧ろ喜んで起点にして行けるのが強み。
麻痺を狙えるのでポリゴン2やナッシー相手でも地震よりやりやすいと思います。
逆に、サイドン、ハガネール、眠るムウマとかで物凄い勢いで完封されるので気を付けましょう
雷で50パルシェン超低確率一撃、51黄金の実エアームド・55オムスター・53めざ岩プテラ確2、
50フォレトス高確率3発、50ゲンガー中乱数3発。
因みに電磁砲にすると麻痺を出す確率が上がって、同族対決や対パルシェン等でかなり強くなれます。
あと因みに省略しますが、55カビゴンという生き物は捨て身タックル/鈍い/眠るだけあれば一定の強さは持っているので、
サブ技は他にも火炎放射、爆裂パンチ、波乗り、どくどく、カウンター、自爆など様々な可能性があることを忘れずに。


Lv.55 捨て身タックル/地震/大文字/眠る@食べ残し

カビゴンは別に鈍いで火力を伸ばさなくても素の捨て身タックルが充分強いので、
鈍いを抜いてこうしてセミフルにしても全然行けます。寧ろ環境によってはこの方が強いことも。
フォレトスやエアームドを焼きつつゲンガーやサイドンを地震で
つまり属性を活かしてカビゴンを受けて来る相手には滅法強いということです。
えっと、鈍いが無いので当然同族対決とか死にます。つーか鈍い積んで来る奴大体キツいです
それから中途半端に誤魔化して来る宿木のタネナッシーや甘えるブラッキーなんかも相当ウザいですね
その辺をサポートで何とかしてあげるのが課題。
因みに大文字を電磁砲にしたバージョンは某氏が大会で優勝したことで有名。
こちらは例えばゲンガーに電磁砲を当てたあと先制地震で道連れされずに倒したり、
本来ならば不利である鈍いカビゴンに麻痺ゲーで少しでも抵抗したり、と言ったところが大文字に比べると利点でしょう。


Lv.55 捨て身タックル/火炎放射/どくどく/眠る@食べ残し

こちらに全て書きました。環境次第ではありますが、これもかなりイケるんじゃないでしょうか
Lv.50にして、眠るの枠を自爆にするというのをやっていた人も居ますが、それも面白いと思います。


Lv.55 恩返し/地震/腹太鼓/眠る@薄荷の実

かつて役割理論が盲信されていた時代では、それをぶち壊す存在ということで、
一撃技と同様に禁止で戦う人も多かった、腹太鼓持ちのカビゴン。
今はそんな盲信は無いので、普通に戦法に馴染みつつあります。
利点はやはり壁や麻痺などによって状況さえ作り出せば、ガラガラのように一瞬にして全抜きが望めるという点や、
甘えるやリフレクター、丸くなる等による対策をぶち破ることが出来るという点。
逆に、やはり体力自慢のカビゴンのHPを一気に半分削ってしまうということは、
下手なタイミングで使ってしまうとただの自滅行為にしかならないというのが難しい所ですね。
あまり腹太鼓メインに考えずに普通に地震カビゴンとして使って、
あくまで決まりそうな時に腹太鼓を狙うのが良いのかも知れません。
腹太鼓+恩返しで等倍のポケモンは見事に全て一撃、51プテラも一撃、エアームドは全てのレベルで確2。
腹太鼓+地震で弱点を突けば全て一撃、52ハッサムも一撃、フォレトス・ツボツボは全てのレベルでほぼ2発。
某氏が某大会でコレで優勝しました


Lv.55 のしかかり/地震/腹太鼓/身代わり@食べ残し

眠るではなく食べ残しで回復するバージョンの腹太鼓カビゴン。
この型は某氏が使っていて、食べ残しだけでは状態異常に非常に弱くなってしまいますが、
のしかかりで麻痺を引いてから先手で身代わりを貼ることで、色々な技をシャットアウト出来るのが特徴的。
もちろんそこから腹太鼓で展開することが出来ます。低レベで使っても良いかも知れませんね
また、身代わりの代わりに守るで食べ残し回復を稼ぐのもひとつの手です


Lv.52 恩返し/大文字/鈍い/眠る@薄荷の実

カビゴンを中レベルで使うと大体こんな感じ。ロックバトンブラッキーと組ませたり。
その中途半端な決定力と耐久力をどう生かすかがポイントだと思います。サブ技に関してはこれもご自由に。
因みにブラッキーと組ませるなら、吠えて来るハガネールとエアームドの両方に強くなる大文字が良いと思います
あと食べ残しが使えるならメイン技は捨て身タックルだと中レベとは言え侮れない攻撃力になるはず。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/影分身/眠る@食べ残し

カビゴンは、影分身を巧く使えるポケモンとしても上位に入ると思います。
まずこれによって甘えるや眠り粉などでの対策は崩壊します。その他こちらも参照。
レベルはエースでなく50もアリだと思うし、
持ち物は積み始めの事故死を防ぎやすい薄荷の実や、影分身の恩恵を受ける光の粉も候補ですね
出来るだけ受け切られたくないので、攻撃技はどのレベルでも捨て身タックルで良いんじゃないでしょうか


Lv.50 捨て身タックル/眠る/寝言/自爆@薄荷の実

寝言自爆きたああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!1
私の十八番ですがなにか
低レベなんで調子こいて攻めて来る高レベサンダーファイヤーとかドッカーンしたいじゃないですか。
薄荷の実+寝言の時点で幾らかフェイクあるのに寝言で自爆とかやめてください><
いいぞもっとやれ
当然バレたらエアームドなりゲンガーなりに完封されますよ


〜活躍したログ〜

ログ1 … 王道の寝言鈍いカビゴンの強さ
ログ2 … 王道の寝言鈍いカビゴンの強さ2
ログ3 … 王道の寝言鈍いカビゴンの強さ3
ログ4 … 王道の寝言鈍いカビゴンの強さ4
ログ5 … 王道の寝言鈍いカビゴンの強さ5
ログ6 … 55セミフルカビゴン
ログ7 … 雷カビゴン
ログ8 … 雷カビゴン2
ログ9 … 影分身カビゴン
ログ10 … クソカビでエアームドに対抗
ログ11 … クソカビでガラガラをサポート
ログ12 … クソカビ無双
ログ13 … 50のしかかり大文字自爆カビゴン
ログ14 … 昆布パーティで状態異常受けとして使う
ログ15 … 広範囲型で相手を翻弄
ログ16 … 腹太鼓自爆カビゴン
ログ17 … 腹太鼓自爆カビゴン2
ログ18 … 55自爆カビゴンで崩す
ログ19 … 55自爆カビゴンで崩す2
ログ20 … 55自爆カビゴンで崩す3
ログ21 … 55腹太鼓+薄荷の実
ログ22 … 55腹太鼓+身代わり
ログ23 … 55腹太鼓+身代わり2
ログ24 … 55鈍い+身代わり
ログ25 … 55鈍い+身代わり2
ログ26 … どくどく大文字カビゴン
ログ27 … どくどく大文字カビゴン2
ログ28 … 雨乞いによるサポート
ログ29 … 一発逆転カウンターカビゴン


〜大体どれにでも通用する対策〜

あらゆる型のカビゴンを完全に受け切れるポケモンは存在しないと思って良いでしょう。
基本的にはノーマル技+サブ技1個+鈍いという前提だとして、
サブ技が地震ならば鈍いエアームドでギリギリ受かり、雷ならばムウマやサイドン、ハガネール、バンギラス等。
捨て身タックル+波乗りは無差別破壊コンビネーションではありますが、素の特攻が低く波乗りが弱いため、
雨乞いとかが無ければエアームドやムウマで受かるはず。
腹太鼓持ちに関しては、エアームドが腹太鼓後の攻撃を1回は耐えるため一旦吹き飛ばしたり、
ゴーストで道連れを張ったり、大幅に体力が削れることを利用して猛攻したり。
最強の腹太鼓対策は黒い霧でしょうか。なかなかパーティに自然には入りにくい技ですが。
なお注意点として、地震カビゴンは厳密にはフォレトスでは受かりません。
急所等の要素すら無く、普通に鈍いと地震を巧く使われるだけで崩されます(こちら参照)。
なので、眠って受け続けるよりは数回流しつつ大爆発の圧力をかけた方が無難かと思われます

まあこのように完全な受けが無いため、全体で圧力をかける必要があるでしょう
倒すには大ダメージを与えることが出来るガラガラやカイリキー、日本晴れファイヤーなど。
また、HPが高いので定数ダメージの効果が大きく、どくどくや宿木のタネ、砂嵐あたりもかなり有効です
ただし眠らせたあと倒せる手段が無いと困りますね。
特に寝言型だった場合のために、出来れば鋼・岩・ゴーストのいずれかを連れて行きたいところです
ほとんどの場合先手を取れるというのはポイントで、眠り粉で行動を封じる、というのも重要な対策のひとつ。
また、向かい合ってからでも甘えるやリフレクターをすることによってメイン技のダメージを半減させられます。
ただしこれらは、腹太鼓持ちだった場合ぶち壊されるので注意しましょう

安全な受けはありませんが、一応幅広い型のカビゴンに対応出来るポケモンを挙げると、
ムウマ、ゲンガー、甘えるブラッキー、ナッシー、鈍いパルシェン、高レベルカイリキー、どくどくアンコールドンファン、
丸くなるor鳴き声ミルタンク、高レベル鈍いポリゴン2、ゴローニャ、カウンターサイドン、ツボツボ、自爆orカウンターカビゴン
このあたりなら、最悪一枚でも比較的多くの型のカビゴンに対処出来ると思います。
因みにカビゴン単体ではなく、カビゴンエースのパーティ全体としてありがちな弱点は、こちらを参照して下さい


戻る