野獣と野獣

55ウインディ大文字神速鈍いめざパ格闘奇跡の実CCFF
55オ−ダイルハイドロポンプ地震爆裂パンチ嫌な音食べ残しFFFF
50フシギバナ葉っぱカッタ−宿木のタネ眠り粉光合成麻痺治しの実3FFF
50ゴロ−ニャ岩雪崩吠える鈍い大爆発先制のツメFFFF
50パルシェン冷凍ビ−ム撒き菱リフレクタ−大爆発黄金の実FFFF
50カビゴン圧し掛かり地震眠る自爆薄荷の実FFFF

'14/4/26構築
速さ★★★
硬さ★★★
コンビネーション★★
変態度★★★
煮詰め度★★★
総合的満足度★★★★★

以前、フルアタオーダイルエースというものに興味があり、エース追加型パーティの一環として少し使っていた。
その時のログ1 その時のログ2
水ポケモンとしては、地震で電気に、噛み砕くでナッシーとスターミーに同時に打点が入るのはかなり美味しい。
また、別でフルアタウインディというのも使っていた。ログは残っていないが、大文字/噛み砕く/神速/めざ格というもの。
どちらもパーティ自体があまり長続きせず空中分解してしまっていたが、
使いたかったエースを今回寄せ集めて新たにパーティとして組み直すことにした。

まずウインディは、色々考えていたら鈍い+神速というオーソドックスなコンボが意外と馬鹿にならないことに気付き、
カビゴンも鈍い無しのめざ格だけでは倒すのは難しいため、そのあたりを考慮して鈍いを持たせることにした。
その代わり噛み砕くを抜く。大文字、鈍い、神速の打ち分けでフーディンを倒せるのが、炎ポケモンとしては非常に美味しい。
オーダイルも初めはフルアタのまま使っていたがすぐに型変更。両エースともスイクンで止まる気がしたので、
せっかく嫌な音があるんだからこちらは嫌な音からスイクンを逆に起点に出来る仕様にした。
偶然にも、こちらも重要性の低い噛み砕くが抜けることとなってしまった。このパーティ、別名「噛み砕くファントム」である。
これによってオーダイルはナッシーの突破が難しくなってしまったため、途中で地震を恩返しに変更しようかとも思ったが、
純電気とゴーストへの打点が大事だと思い、地震に留まった。パーティによってはどちらでも良い気がする。
現在ナッシーよりも多いフシギバナに対しては、地震でもしっかり通る(嫌な音+地震で先制確2)のが幸い。
オーダイルの苦手な55サンダー周りの組み合わせや、草、フーディン等に対してはウインディが活躍出来る予定。
特にウインディは、サンダーに対して大文字+大文字+神速で、タイマンで単純に殴り勝てるというのが余りに大きい。
ウインディが完全に止まってしまうスイクンは、オーダイルが思いっ切り起点に出来る。WAなので選出読みが生じるが。
道具は、オーダイルが耐久を活かし、ウインディが速攻性を重要とするタイプなので、前者に食べ残し、後者に奇跡の実がマッチした。

サポメン。見れば分かると思うが特に深く考えてない連中である。(((((((((((
麒麟幕府の頃から思っていたが、広範囲型エースの隣のフシギバナは本当に何かと便利という印象。いつもお世話になっている。
ただ、4枠目は初めはカビゴン等を流せる寝言どくどく甘えるブラッキーを使っていたのだが、
この御時世あまり使いやすくはなく、出番も少なかったため、同じくカビゴンを流せると共に爆弾としても使えるゴローニャに変更。
これが予想以上の活躍をしてくれた。やはりカビゴンに対してパルシェン等よりも多い回数流せる爆弾という時点で強い。
サンダーへの打点もあるし吠えるでハガネールのようにコンボ封じも担当してくれる。
火力はぬるいが、肝心の大爆発の威力が充分。
「カビゴンを突破は狙えるが、正面きっては厳しいので何度か流しつつチャンスを伺いたい」という場合が多い広範囲型エースにおいて、
「カビゴンを多い回数流せて爆発が出来るポケモン」というのは物凄く重宝する。このパーティでまたゴローニャの評価が少し上がった。
パルシェンはこのパーティの中では一番選出率が低かったと思うが、選出した試合での仕事っぷりは素晴らしかったという感じ。

使ってみての感想だが、オーダイルがクッソ強かった((((((((((((((
ログを見て頂ければ割と一目瞭然と言えると思う。
とにかくオーダイル無双出来る試合が多かった。嫌な音が予想外の大活躍。
正直、金銀やっていて嫌な音という技をここまで強いと思えたのは今回のオーダイルが初めてと言っても過言ではない。
スイクンやハガネールという完全なカモがあり、交代を誘発しつつこちらはローリスクで行動出来るという点が大きいようだ。
もちろんLv.55だと激戦区であるLv.50の85族を抜ける素早さであったり、対カビゴンで特に活きる優秀な物理耐久であったり、
交代を誘発させる嫌な音と相性の良い爆裂パンチと併用することで更に真価が発揮されたのもあると思う。
オーダイルのスペック自体もかなり見直した。攻撃面・防御面・素早さの全てがかなり絶妙に纏まっていると、使っていて感じた。
金銀で考えることはあまり無いのだが、偶然HPも実数値209と、16n+1になっているのが素晴らしい。
低レベルの寝言+爆裂パンチ等でも個性を発揮出来るのだが、コイツはこの使い方が一番強いのではないかと思う。

あと、これはウインディにも言えることだがパルシェンやハガネールが多い御時世なので、
そういうのを起点に出来る、こういうエースは今ホントに使いやすいなと思った。(
特に最近の典型的なサンダーやバンギラスエースのパーティは、サポメンにウインディのカモが揃っているものも多く、
エースのサンダーやバンギラス自体にも有利を取れることが多いためウインディでハッキリ言ってガン刺さりする試合ばかりだった。

9/30現在、2014年に組んだパーティの中で最もたくさん勝てた、尚且つ最もお気に入りなパーティ。
信じられないが野試合での勝率は本当に高く、下手にカビゴンやサンダーの真面目なパーティ使うよりもずっと勝てた。

ひとつだけとても残念なことがあります。
それは、カイリューで崩壊することです。

ログ壱 …対55ゲンガー、オーダイルのスイクン突破性能
ログ弐 …対55ニドクイン、スイクンをド起点に
ログ参 …対55サンダー、ウインディ無双
ログ肆 …対55ヘルガー、オーダイル3匹欲しい
ログ伍 …対55カビ、嫌な音の強さ
ログ陸 …対55ドククラゲ、とんだ伏兵
ログ漆 …対55ガルーラ、ゴローニャの活躍
ログ捌 …対53カビ、ウインディでじっくりと
ログ玖 …対55フリーザー、オーダイルの対電気性能
ログ拾 …対ガラダース、ゴローニャで分離
ログ拾壱 …対バンギ、ウインディ無双
ログ拾弐 …嫌な音の有難み
ログ拾参 …対55サンダー、ウインディを前面に出す
ログ拾肆 …対55ニドキング、フシギバナ刺さる
ログ拾伍 …対ガラダース、フシギバナで分離
ログ拾陸 …対55ポリ2、ナッシーの壁
ログ拾漆 …対55ニョロトノ、強い
ログ拾捌 …鈍い吠えゴローニャ
ログ拾玖 …対55カビ、ウインディ理想的な動き
ログ弐拾 …スイクンを起点にオーダイル
ログ弐壱 …対55サンダー、ウインディの真骨頂
ログ弐弐 …鈍い吠えゴローニャ
ログ弐参 …対55カビ、オーダイルでタイマンを挑む
ログ弐肆 …対55ファイヤー、ア、ア……
ログ弐伍 …対53カビ、エース抜き選出
ログ弐陸 …対55バクフーン、パルシェンで間接狙い

戻る