最終更新日:'16/5/29  最終チェック日:'16/5/29
我流・個別分析 〜ゲンガー〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

ノーマル無効という大きな武器を持ちながら、サンダーを超える特攻と素早さからとても多彩な技を繰り広げられるポケモン。
その性能によりとても幅広いポケモンと戦うことができ、場を荒らす性能が非常に高い。
また道連れや大爆発といった技を使えるため、一方的に倒されず誰か1匹道連れにするということもしやすいので、
「試合に出した時に何らかの役に立ってくれる」という性能(いわゆる「腐りにくさ」)ではトップクラスと言っても過言ではない。
ろくに使える属性一致技が皆無で、攻撃面で全く属性を活かせていないのが残念なところだが、
優秀な特攻から繰り出される広範囲の特殊攻撃は非常に止め辛く、弱点を突けば不一致にも関わらずほとんど2発である。
その一方で滅びの歌や怪しい光、催眠術などなど非常に厄介な補助技も多数覚えることができ、
何をして来るか分からない恐ろしさも大きな武器のひとつと言える。
ノーマル・格闘技、毒の無効化を利用して場に出して起点を作り、多彩な技で一気に自分のペースに持ち込みたい。
因みに素早さは110族と激戦区で、下にはサンダー、上にはライコウやスターミーが居るため、
レベルによってそれらのポケモンとの優劣関係が著しく変わることがある。
これらのポケモンに強くなるのは、一般に55サンダーと50スターミーの2つの層に同時に先制出来るようになるLv.52からである。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■□□□ 出番の多さ■■■■■■■■■■
複数対決性能■■■■■■■■■■ 使い方の多様性■■■■■■■■■■
対カビゴン性能■■■■■■■■■□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■■
対その他の一線級■■■■■■■■■□ 個人的総合評価■■■■■■■■■■


〜優劣関係〜

格好の餌ベトベトン パルシェン エアームド フシギバナ ハッサム カイリュー
割と有利スターミー ファイヤー ムウマ スイクン サンダー ポリゴン2
場合によるカビゴン カイリキー ヘラクロス ナッシー ハピナス ブラッキー
割と不利ハガネール ガラガラ イノムー ケンタロス マルマイン
天敵バンギラス ヘルガー フーディン ライコウ ヌオー


〜防御面〜

55535250
55ライコウの10万ボルト超低確率2発微高確率2発高確率2発確2
50パルシェンの冷凍ビーム低確率3発高確率3発超高確率3発確3
52ゲンガーの10万ボルト確4低確率3発低確率3発超高確率3発
50エアームドのドリル嘴確4低確率3発微高確率3発超高確率3発
55カビゴンの雷確4確4確4中乱数3発
55ポリゴン2の冷凍ビーム確4超低確率3発低確率3発超高確率3発
50ブラッキーの追い打ち低確率4発微高確率4発高確率4発確4
55フーディンのサイコキネシス中乱数1発超高確率1発確1確1


〜技候補〜

10万ボルト
属性一致技をろくに使いこなせないゲンガーにとって、最もメイン技となることが多い技。
安定性を重視した10万ボルトの方がやや人気だが、雷の火力もなかなか魅力。
非常に型が幅広いので、この電気技を持っていないゲンガーも多数存在する。
冷凍パンチ電気技と相性が良いので、併用されることが多い。単体で持っていることもたまに。
サンダー、ガラガラ、ナッシーと有効範囲も広め。特に対サンダーは重要になる。
無抵抗なカビゴンに出した時など、試行回数を稼いで凍結を狙えるシーンも多い。
炎のパンチ上記の技と組み合わせるのももちろん良いが、吠えて来るエアームドやハガネールに強いため、
黒い眼差し+滅びの歌と併用されることが多い。その他イノムーやヘラクロスにも有効。
爆裂パンチ滅びの歌などを使わず攻撃範囲を広げているとカビゴンに弱くなりがちなので、その対策。
バンギラスにもそれなりに抵抗出来るようになる。広範囲型のエースならほぼ必須。
シャドーボール唯一のまともな属性一致技。しかし非力で有効範囲も広くないため、あくまでサブ技扱い。
他の技ではほとんど抵抗出来ない、フーディンに対する最強の役割破壊という面で需要がある。
ゴーストにも強い他、苦手な純電気ポケモンにもそれなりのダメージが入る。
サイコキネシス電気+氷技で使う場合、意外と地震やめざ霊持ちの格闘ポケモンに受けられることがあるので、
その対策。また同族対決で圧倒的に有利にもなる。弱点を突かないとダメージはイマイチ
大爆発攻撃範囲が広いので受けて来るポケモンを限定しやすく、その相手を狙って爆破しやすい。
また属性不一致の攻撃ばかりで火力がどれもこれもというゲンガーにとって、
寧ろこの技がメイン技という扱い方もある。この技のお陰でとにかく腐りにくいポケモンになっている
黒い眼差し滅びの歌と組み合わせるのが定番ではあるが、ロックして大爆発を確実に決めるというコンボもアリ
滅びの歌黒い眼差しと組み合わせるのが定番ではあるが、単体で打って交代を促進させる戦法もアリ
道連れ攻撃で潰し切れない相手に対してもコレがあるのが優秀。しかも先手で打ちやすい。
ムウマのように滅びの歌と併用するのも、アタッカーで大爆発同様切り札として持たせるのも良い
催眠術命中は安定しないが、催眠技使いの中ではかなり素早いというのがポイント。
巧く使いこなせば世にも恐ろしい技になる。
守る滅びの歌のターン稼ぎという使い方が多い。食べ残しと併用すれば効果絶大。
電磁砲滅び型で使う際、ムウマと同じように、交代先に圧力をかける技として候補に挙がる。
怪しい光単体で打って攻撃を仕掛けるのも、あやみがをするのも、滅びのターン稼ぎをするのもアリ。
メロメロ電気+氷技あたりでメロみがすると強いかも。詳しくは型サンプルにて。
身代わり単体では技スペースが勿体なく感じられるので、怪しい光やメロメロと併用することが多い。
呪いこれも先手で打てると強い。特にHPの高いポケモンにとってはどの攻撃よりもダメージになることがある。
慎重に使わないと自滅行為となるので注意。しかし敢えてこれを使って自滅し、
後ろのポケモンを無償降臨させるというテクニックもある。
悪夢催眠術と組み合わせても良いが、自ら眠ったポケモンを攻めるだけでも充分だろう。
眠る高レベルでコレを使えば、特殊型カビゴンなど一部のポケモンを受け続けられるようになる。
黒い霧鈍いを積んで来るポケモンへの対策。積み技+バトンへの対策にもなるかも。
また、対策しづらい腹太鼓カビゴンへのキラーにもなる。
ギガドレインちょっと変わった攻撃技1。炎のパンチと相性が良い。地面と水に効く貴重な技。回復も活用したい。
めざ水ちょっと(略)2。地面、バンギラス、ヘルガーと、意外と厄介なところを一手に片付けてくれる。
特攻がサンダーより高いことを思い出せば、めざパで弱点を突いた時の強さは想像が付くだろう。
地球投げちょっと(略)3。コレ1本で幅広い相手に対して安定したダメージが入るので、
あやみがのような型と相性が良いのではないだろうか。
地獄車ちょっと(略)4。2倍弱点程度じゃ微妙なのでほぼバンギラス対策か。
泥棒色々な型があって泥棒どころではないので返って警戒されにくいと思う。
カウンター泥棒同様警戒されないと思うが、問題なのは相手に物理技を打たせる状況を作ること。
主に地震を打って来るハガネールやヘラクロス、めざ霊を打って来るカイリキーあたりか。
どくどく炎のパンチがあれば元々鋼や毒ポケモンには強いポケモンなので、意外と毒を撒きやすいかも。
雨乞い
日本晴れ
大爆発や滅びの歌と併用出来るため、直前にコレを残してエースを降臨させるという天候サポートが可能。
雨乞いなら雷、日本晴れなら炎のパンチと併用で自らも少し火力を上げることが出来る。
恨み地味にPP5〜8の技に対しては絶大な効果があるかも。狙うのは難しいかも知れないが。
岩砕き鈍いを使えないゲンガーにとって、物理技のダメージ増加を狙える唯一の技。
しかし肝心の防御ダウンは5割でしか発動しない。


〜型サンプル〜

Lv.52 10万ボルト/冷凍パンチ/道連れ/大爆発@麻痺治しの実

電気+氷という定番の攻撃範囲により、かなり幅広い相手に対応することが出来る。
ゲンガーは他にも色々なタイプの技を覚えるが、この2つが特に優秀なので優先的に採用されることが多い。
残り2枠については割と自由度があり、道連れの枠は他にも攻撃技を追加したり、眠るや催眠術なども考えられる。
この型ではカビゴンに鈍いを積まれると困るので、黒い霧を持たせる場合も。
他には、こちらの記事のようにサイコキネシスを持たせるのもアリ。
また、この型の弱点であるハガネール、ヘルガー、バンギラスに強くなる目覚めるパワー水も面白そうだ。
サンプルではLv.52にしてあるが、これは55サンダー(100族)と50スターミーやライコウ(115族)に先制出来る素晴らしいライン。
この型のように10万ボルトがあればスターミーに、冷凍パンチがあればサンダーに対して大きな圧力となる。
もちろん、これは理想的な調整というだけなので、これに拘らずLv.50や55で同じ型も全然使える。
Lv.51のスターミーやライコウが多い環境下では、それに先制出来るLv.53で使うのもアリだ。


Lv.55 10万ボルト/冷凍パンチ/シャドーボール/爆裂パンチ@奇跡の実

物凄く広い攻撃範囲で止めるのが非常に難しい、55フルアタゲンガー。技のチョイスは色々あるが、これは代表例。
滅びの歌や大爆発が無いと急激にカビゴンに弱くなるため、爆裂パンチは必須。対バンギラスやブラッキー、ハピナスもある。
シャドーボールもLv.55となればそれなりの火力はあり、撒き菱を1回踏んだ50フーディンをやや高確率一撃で倒すに至る。
また中レベルのライコウは確定〜超高確率4発なので、素眠りならば急所待ちもしくは特防ダウンからの冷凍パンチで3発、
寝言ですらも爆裂パンチを絡めれば全然突破の芽は出て来る。
更に素早さの恩恵も大きく、Lv.55なら51までのフーディンや、53までのライコウに先制出来る。
この型を比較的安定して受けられるのはLv.54以上のライコウや、ヌオー、地震ヘラクロス、地震カビゴン等、かなり限られる。
フルアタで使うようなポケモンは通常、受け役割が狭く、回復が無いのも相まって場に出しにくいというデメリットが付き纏うが、
ゲンガーの場合ノーマル無効や毒を喰らわないことを利用し、圧倒的に場に出しやすいというのが特筆すべき長所。
攻撃技は捻りたい場合、他にはサイコキネシス、炎のパンチ、ギガドレイン、めざ水、あたりが候補に挙がる。
サイコキネシスは対ヘラクロス、炎のパンチは対ハガネール、ギガドレインは対ヌオー等、それぞれ重要な役割破壊が可能。
催眠術などを持たせたセミフルなんかも大アリだろう。こちらの記事のように怪しい光も見逃せない。
持ち物はナッシーの各種粉やスターミーの電磁波、サンダーの威張るあたりをカット出来る奇跡の実にしてあるが、
無効化を含む対面有利を利用してサイクル戦を繰り返すなら食べ残しが非常に強力になる。このあたりはパーティとの相談か。


Lv.55 10万ボルト/冷凍パンチ/爆裂パンチ/大爆発@奇跡の実

大爆発を持たせたタイプのフルアタゲンガー。ライコウやヌオー等も含め、
不利な相手にも最終的に相打ちに持ち込めるというのが利点。
元々の攻撃範囲が広く、受けられるポケモンが限られて来るので、それだけ大爆発を当てる照準も絞りやすい。
因みに持ち物は水玉リボンにすると、かなり多くのポケモンに対して大爆発で倒せる確率が変わって来る。
代表的な結果はこちらの記事にあるが、
その他にも載せきれないほど多くのポケモンが対象となるため、一度計算してみることをお勧めする。


Lv.50 炎のパンチ/黒い眼差し/滅びの歌/道連れ@木炭

滅び型ゲンガー。滅び型と言うと基本的にはムウマの方が優秀な点が多いが、
素早さ(多くのポケモンに先制して道連れを打てる)、毒を喰らわない(毒属性によってメガホーンなんかも余裕)、
また、一枠の攻撃技でムウマには出来ない火力の技が撃てたり、催眠術も併用出来ると言った利点が大きい。
もちろん、技がバレていない場合、ムウマと違って何をして来るか分からないという恐怖もある。
攻撃技の選択肢は色々あるが、吠えて来るハガネールやエアームドを撃退出来る炎のパンチが最もメジャー。
木炭を持てば、50ナッシーや50食べ残しハガネールを確定〜超高確率2発で倒せる。黄金の実なども候補。
滅び対策をハガネールに任せているようなパーティには刺さったりする。
攻撃技はサンダーを意識するなら冷凍パンチにしたり、ムウマのように後ろに圧力をかけたいなら電磁砲などもアリ。
電磁砲だとムウマと全く同じ型になるが、素早さと耐性により性能は違って来る。


Lv.52 10万ボルト/冷凍パンチ/黒い眼差し/滅びの歌@黄金の実

上記2つを合体させたような型。得意の電気+氷技で攻撃範囲を維持しつつ、滅びコンボにも持ち込める。
道連れの枠が無いため、地震カビゴンを滅ぼしたりすることは出来ないが、
寝言カビゴンのように無抵抗なポケモンや、3ターン以内にゲンガーを倒せないポリゴン2やベトベトン等に有効。
「寝言カビゴン」+「電気or氷技に弱いポケモン2匹」というような組み合わせに刺さることがある。


Lv.55 地球投げ/シャドーボール/怪しい光/身代わり@食べ残し

素早くて怪しい光を覚えるポケモンはあやみがするだけで一定の人権は保障される気がします
因みにこのレベルで身代わりを使うと、身代わりが55サンダーのめざ氷を6割ぐらいの確率で耐えます。
もちろん雷の命中率も不安定なので、55サンダーと向き合った時に身代わりがなかなか安定する。
地球投げは4ターンで220ダメージが入るので、1回でも混乱が出ればそのぐらいのHPのポケモンは眠って受け続けることが不可能。
眠らずに再生回復して来るエスパーや、地球投げが効かないゴーストにシャドーボールがイイ感じに刺さる。
ただ肝心なカビゴンは相当運が良くないと突破出来ません((
シャドーボールの枠は他にも催眠術、呪い、悪夢など選択肢アリ。この辺なら対カビゴンも行けそうですね
何にせよ、自慢の特攻を全く活かしていないのが気になりはしますが。


Lv.55 10万ボルト/冷凍パンチ/メロメロ/身代わり@食べ残し

攻撃範囲が広く特殊技がメインとなるため、メロみが型も採用の余地がある。
この2つの攻撃技で範囲はかなり広いので結構多くの相手に対して戦える。
カビゴンは直接突破するのは難しいが、メロメロのお陰で冷凍パンチの試行回数をかなり稼げる。


Lv.50 炎のパンチ/ギガドレイン/催眠術/大爆発@黄金の実

「10万ボルト+冷凍パンチ」の裏を攻める2つの技。ハガネール、イノムー、ヘラクロスなどなどに有効。
HPが下がっても良いならギガドレインはめざ草にすると、バンギラスや身代わりスターミーにも強くなるかな。
まあこの2つの技を言いたかっただけなので催眠術とかはあんまり気にしなくてもいいです


Lv.52 10万ボルト/冷凍パンチ/炎のパンチ/眠る@薄荷の実

3色揃えた型。攻撃範囲的には上の「10万ボルト+冷凍パンチ」と「炎のパンチ+ギガドレイン」両方に近い。
また、このレベルで眠ることによって、55カビゴンの雷や大文字を受け続けることが可能(ただし急所は死ぬ)。
まあ眠るまで抜いて大爆発とかにしても全然いいんですけどね


Lv.50 雷/雨乞い/道連れ/大爆発@水玉リボン

天候サポート型の一例。大爆発も道連れもあるため、天候を残してエースを無償降臨させるという動きは大得意。
更にはこの他にも、滅びの歌や呪いなんかも無償降臨のために使うことが出来る。
またサンプルでは雨乞い型にしたが、日本晴れも使える。
この場合炎のパンチを持たせて自らの火力もアップさせると面白いかも知れない。


Lv.50 炎のパンチ/どくどく/滅びの歌/泥棒@黄金の実

割と適当に場荒らし性能の高い技を放り込んだだけみたいな型ですが、それだけに場荒らし性能は高いと思います(何
炎のパンチ+どくどく、どくどく+滅びの歌の相性は良い。
こちらの記事のように、炎のパンチによって鋼に強いので毒を撒きやすい。


Lv.50 どくどく/怪しい光/身代わり/大爆発@食べ残し

一発芸ではありますがカビゴン+ガラガラに結構刺さったりします。身代わりスターミーとか居ると音速で詰みますが。
ログはこちら


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55シャドボ持ちフルアタゲンガー
ログ2 … 55シャドボ持ちフルアタゲンガー2
ログ3 … 55シャドボ持ちフルアタゲンガー3
ログ4 … 55シャドボ持ちフルアタゲンガー4
ログ5 … 55シャドボ持ちフルアタゲンガー5
ログ6 … 55爆破持ちフルアタゲンガー
ログ7 … 55爆破持ちフルアタゲンガー2
ログ8 … 55メロみがゲンガー
ログ9 … 55メロみがゲンガー2
ログ10 … 何かと便利な中レベルゲンガー
ログ11 … 何かと便利な中レベルゲンガー2
ログ12 … 何かと便利な中レベルゲンガー3
ログ13 … 何かと便利な中レベルゲンガー4
ログ14 … 何かと便利な中レベルゲンガー5
ログ15 … 黒い霧で影分身を解除
ログ16 … 黒い霧で腹太鼓を解除
ログ17 … 眠るでガン受け型
ログ18 … 55あやみが地球投げ型
ログ19 … 55あやみが地球投げ型2
ログ20 … 55あやみが恨み型
ログ21 … ちょっぴり変態ゲンガー


〜大体どれにでも通用する対策〜

如何せん何して来るか分からない上に道連れ性能高過ぎるので一方的な対策はかなり難しい。
道連れをさせずに倒すには、交代際に攻撃を当てる、撒き菱や砂嵐でダメージを与える、麻痺を入れて道連れを使わせずに倒す、
と言った手段が有効か。以下に挙げる対策は全て道連れ覚悟ということで。

想定する攻撃としては、まず10万ボルトと冷凍パンチ。
それから余裕があればサイコキネシス、炎のパンチ、シャドーボールあたりに強ければ、
かなり優秀なゲンガー受けとなることが出来そうだ。
当然その上でゲンガーを早めに倒せることが必要。
これを満たすのは、純電気ポケモン、純炎ポケモン、地震カビゴン、バンギラス、ヘルガー、ヌオーあたりか。
特に、レベルにもよるが先制でき、吠えるで滅び対策も出来るライコウは最強のゲンガーキラーと言えるかも知れない。
また、シャドーボールを持ってない場合なら、フーディンが同じく先制する上に、レベルによるがサイコキネシス一撃で倒せるため、
ライコウ以上に完封出来るキラーとなり得る。
この他ギガドレイン以外のあらゆる攻撃に動じないヌオーや、耐久が高めで弱点を突かれることがまず無いエンテイあたりも優秀。
またカビゴンは、ゲンガーに受けられることも多々あるが、ゲンガーは「一方的にカビゴンを倒す」ことは難しいので、
カビゴン側としては滅びの歌さえ無ければ逆に受けることが出来る。
そこで更に地震やシャドーボールという有効打を持っていれば、完全に優劣関係が逆転するというわけだ。
バンギラスは、遅いので道連れは避けられないが大爆発が全く怖くない。砂嵐があれば道連れを避けることも可能。
ただし高レベルゲンガーの場合爆裂パンチを持っている可能性が高いため注意。
ブラッキーに関しては、火力が無さ過ぎるので滅びの歌で相打ちにされてしまう可能性が高い。
逆にこちらの場合、滅びの歌を持っていない高レベルゲンガーに対しては壁となることが出来る。追い打ちがあればベスト。
サイコキネシスや炎のパンチあたりを妥協するのであれば、
ハガネール、イノムー、地震ヘラクロス、地震orめざ霊カイリキーあたりも対策になり得るだろう。
また、黒い眼差しを持っていないことが分かれば、ハピナスやポリゴン2もかなり大きな壁となれる。電磁波の圧力もある。

以上全般的なザックリとした対策を挙げたが、基本的にはゲンガーのレベルで型を予測したい。
低レベルなら炎のパンチ+滅びの歌型、高レベルなら爆裂パンチ持ちのフルアタがかなり多い。
なので例えば低レベルなら電気技を対策出来ない吠えるスイクンで対策したり、
高レベルなら滅びの歌を対策出来ないリフレクターハピナスで対策したりと言った妥協案もある。
似たような内容だがこちらの記事も参照されたい。


戻る