最終更新日:'16/5/14  最終チェック日:'16/5/14
我流・個別分析 〜ミルタンク〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

物理系ノーマルポケモンの中では非力ながらも抜きん出た物理耐久と素早さが特徴的で、
ミルク飲みによってハピナスやポリゴン2のように回復しながら戦えるポケモン。
2000で使えるポケモンの中では、防御と素早さの種族値が共に100以上である唯一のポケモンである。
特筆すべきはその物理耐久力で、Lv.50でも55カビゴンの捨て身タックルを2回耐えられるので、
相手に腹太鼓が無く、鳴き声や丸くなるといった鈍いに対する対策があればミルク飲みと併用して受け続けられる。
更には多くのポケモンの大爆発もギリギリ耐えることができ、その上素早いため先制鳴き声や鈍いでダメージを軽減出来たり、
爆発した後に出て来たポケモンが先手を取れないとミルク飲みでゴッソリ回復出来てしまうこともあるため、
爆破対策としてはかなり優秀なポケモンと言える。
また、転がる使いの中では数少ない再生回復(ミルク飲み)使いでもあり、
眠って大きく隙を見せたりせずに回復しつつ丸くなるや影分身を積んで行くことが出来る上、
同じことが出来るピクシーやハピナスに比べて素早さ、耐久ともに優秀であるため、
丸くなる+転がる(いわゆるまるころ)戦法と非常にマッチしている。
特殊ポケモンとの交戦に関しては少々不安が残るため、カビゴンに非常に強いという点を利用し、
そこから巧く展開させて行きたい。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■■■■ 出番の多さ■■■■■■■■□□
複数対決性能■■■■■■■□□□ 使い方の多様性■■■■■□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■■■■ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■□□
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■□□


〜優劣関係〜

格好の餌カビゴン ハピナス スイクン
割と有利バンギラス ヘラクロス スターミー ポリゴン2 パルシェン ライコウ ケンタロス
場合によるゲンガー ファイヤー ゴローニャ サイドン フォレトス フシギバナ
割と不利サンダー ナッシー フーディン ガラガラ カイリキー
天敵エアームド ムウマ ハガネール


〜防御面〜

55食べ残し555250
50カビゴンののしかかり乱数5〜7発超低確率4発高確率4発確4
50ヘラクロスのメガホーン超低確率3発超高確率3発確3確3
50サイドンの地震高確率4発確4中乱数3発確3
バンギラスの岩雪崩超低確率4発確4超低確率3発微低確率3発
バンギラスの噛み砕く高確率4発確4微低確率3発超高確率3発
55サンダーの雷中乱数2発超高確率2発確2確2
55ライコウの10万ボルト超高確率3発確3確3低確率2発
50スターミーの波乗り高確率4発確4高確率3発確3


〜技候補〜

ミルク飲み転がる型、鈍い型、サポート型など種類があるが、どれにせよまずこの技を外すことは少ない。
ポリゴン2同様、これで回復しながら積み技で強化して行けるのが強みのひとつ。
ただしPPは16しか無いので、カビゴン等と長期的に張り合うには注意が必要。
影分身
丸くなる
転がる
対策出来ていないと幾らでも牛蒡抜きが出来てしまう恐ろしいコンボ。詳細は型サンプルにて。
恩返し
のしかかり
転がらない場合の属性一致メイン技。威力を取るか麻痺を撒くか。
爆裂パンチサブ技候補。結構な素早さからコレを打てるのが美味しい。ノーマル技との相性は抜群。
地震サブ技候補。爆裂パンチほどの爆発力は無いが、岩・鋼に対する安定性は高い。
またゲンガーにも効くため、レベル差を付けて先制出来れば道連れを回避出来て圧倒的に有利になる。
鈍い転がらない場合の積み技。エースならばコレが無いと余りにも非力。
鳴き声サポートで便利な技。カビゴンの捨て身タックルを2発耐えるので、
コレとミルク飲みを組み合わせれば、ミルク飲みのPPがある限り受け続けられる。
もちろんカビゴン以外にも多くの物理ポケモンに対して有効。先制で打てるというのがポイント。
どくどくサポート用。非力でダメージを蓄積させにくいのでコレで相手を弱らせるのが主。
癒しの鈴この技の数少ない使い手である。周りのポケモンの状態異常を治しても良いが、
自分も状態異常に弱いため自分のためという部分も大きい。
眠る状態異常に弱いのを嫌う場合はコレ+薄荷の実で採用されることもたまに。
メロメロ最高個体値で♀が使えるので非常に相性が良い。多くの物理ポケモンをボロボロに出来るだろう。

電磁砲
カビゴンと同様の使い方で、エアームドやパルシェンへのキラー。特攻が低いので注意
シャドーボールゴーストキラー。地震も覚えるのでほぼ対ムウマキラーか。
炎のパンチ鋼へのキラー。フォレトスで受けられる場合が時々あるので、そんな時に効果覿面。
冷凍ビーム
冷凍パンチ
属性的な利点はほとんど無く、あからさまな凍結狙い。
そういう意味ではPPのある冷凍パンチの方が優秀か
地球投げハピナスのように、サポートで幅広い相手に安定したダメージを入れるという意味では意外とアリ?
アイアンテール岩対策には地震もあるので、追加効果の防御ダウンを狙うか?
堪える
起死回生
火力は微妙だが、なかなかの素早さからコレを打てるというのは面白いかも。
雨乞い
日本晴れ
砂嵐
一応これら全部使えるが、はてさて・・・
甘い香り相手の回避率を1段階下げると、爆裂パンチの命中率が2/3に上がる。
この技のせいぜいマシな使い方が出来る数少ない例のひとつ。


〜型サンプル〜

Lv.50 丸くなる/転がる/影分身/ミルク飲み@光の粉

この型のミルタンクの強さに関してはこちらおよびこちら(←の続き)参照。
ただ、対策も色々見つかって来たので一線級でエースとして活躍させるには不向きでありそうだ。
主にカビゴンを起点としてその周りの全抜きを図れるポケモンとして、
そのあたりに弱いパーティに裏の抜きポケとして入れるのが一番真価を発揮出来そう。
ただし腹太鼓カビゴンにはくれぐれも注意。
レベルは、出来ればLv.50サンダーに先制するため51以上あると良い。
Lv.52にすると、Lv.55ファイヤーに先制出来るようになり、タイマンで有利になる。
複数エースの一角として組み込む手もある。Lv.55なら低レベルのゲンガーに先制出来る。


Lv.55 恩返し/爆裂パンチ/鈍い/ミルク飲み@奇跡の実

鈍い+属性一致ノーマル技の使い手の中では、ケンタロスに迫る優秀な素早さを持っていることがポイントで、
Lv.53でも鈍いを1回積んでLv.55ガラガラに先制を取ることが出来る。
ただし火力が控えめなので、ケンタロスのように鈍い+恩返しで55ガラガラにタイマンで勝つことは低確率でしか出来ない。
Lv.55なら、53めざ飛ガラガラや52ガラガラになら高確率で勝つことが出来る。
ケンタロスとの最大の違いは対カビゴンだろう。捨て身タックルを確実に2発耐える上に再生回復を持っているため、防御面はかなり優秀。
また、同じような戦術の使い手であるポリゴン2との大きな違いとして、55腹太鼓カビゴンにタイマンで勝てるというのもある。
先制で鈍いを積むことによってカビゴンの腹太鼓+恩返しを耐えることが出来る上にそのまま先制出来るというのがポイント。
鈍い+恩返しで51めざ氷サンダー・51めざ蟲ガラガラ・53めざ氷ライコウ・54ヘラクロス確2、55食べ残しカビゴンほぼ3発、
鈍い+爆裂パンチでバンギラスやや低確率一撃、53カビゴン確2、50サイドンほぼ2発。
55食べ残しカビゴンと鈍いを積み合った際、恩返しの火力が低過ぎて残念ながら急所待ちすることは出来ないが、
そこを爆裂パンチを使って突破することが可能。
もちろん、上記の対55ガラガラも爆裂パンチによってワンチャン作ることは出来る。
サブ技はゴーストに有効な地震も候補だが、爆裂パンチの方が対応範囲は広そうだ。


Lv.55 恩返し/地震/鈍い/ミルク飲み@ピンクのリボン

状態異常対策を切る代わりにリボンを持たせることによって、非常に大きな効果が得られる。
↑の型で解説したLv.55ガラガラを、鈍い+恩返しで中乱数、ガラガラがめざ蟲持ちなら高確率で2発、
また55ケンタロスも高確率2発で倒せるようになり、これらのポケモンにタイマンで有利が取れるようになる。
更には、恩返しで倒せなかった鈍いを積み切った55食べ残しカビゴンも、急所待ち出来るようになる。
55食べ残し鈍いカビゴン、55腹太鼓カビゴン、55ガラガラ、55破壊の遺伝子ケンタロス、
これらのポケモン全てに同時にタイマンで勝てるポケモンというのは物凄く貴重。
この他55めざ氷サンダーや55カイリキーと言ったメジャーどころを悉く高確率2発で倒せるようになる。
元々素早さが高いので、「鈍いを積まず素の火力で3発」と解釈しても良い。
これらの火力の恩恵が得られるため、サブ技は爆裂パンチを持たせるまでもなく、安定性のある地震の方が相性が良い。
ただし当然、地震だとエアームドにはガン受けされてしまうという点には注意。
サブ技チョイスの感覚はカビゴンと似ていて、エアームドやパルシェンを意識するなら雷も候補に挙がる。


Lv.55 恩返し/鈍い/メロメロ/ミルク飲み@奇跡の実

ガルーラ等と同様、攻撃個体値を下げずに♀で使えるため、メロメロとも相性が良いポケモン。
これもやはり、リボンを持たせずして55食べ残しカビゴンや55ガラガラを突破しやすくなる技と言える。
ガルーラと違って再生回復であるので、ミルタンクのHPを半分ぐらい削って来るような高火力な相手に対しても、
メロメロをかければミルク飲み連打で外れ待ちをするという立ち回りが出来る。


Lv.50 のしかかり/鳴き声/癒しの鈴/ミルク飲み@麻痺治しの実

城杯でも同じ型で使えるサポート型。Lv.50でも55カビゴンの捨て身タックルを2発耐えられることを活かしている。
鳴き声でカビゴンやその他物理ポケモンを受けつつ麻痺を撒き、癒しの鈴でこちらの状態異常を治そう。
持ち物は光の粉などもアリか。


Lv.50 地震/どくどく/鳴き声/ミルク飲み@麻痺治しの実

某氏が使っていた型。素のノーマル技では火力不足なので、
いっそ特定のポケモンの弱点を突ける技をメインにする手もある。
サポートの冷凍ビームポリゴン2と同じようなものと考えて良いだろう。
このように地震をメインとすれば、岩や毒、炎ポケモン等の受けとして使えたりする。
また、毒と鋼に強いのでどくどくとの相性が良い。


Lv.55 地球投げ/シャドーボール/爆裂パンチ/ミルク飲み@王者の印

王者の印+地球投げによってミルタンクより遅いHP220までのポケモンは眠って受け続けることが出来ない(いずれ怯んで地球投げを4回受ける)。
それが通用しないゴーストや、再生回復であるスターミーやナッシーにはシャドーボールが刺さる予定。
それでも突破が難しいカビゴンやハピナスは爆裂パンチ+地球投げで倒しましょう。
ネタですすいませんでした。地球投げは恩返しとかにすると普通になります。
でも意外とフォレトスとかエアームドとか追い込めるのは楽しかったりする。変えるなら寧ろ爆裂パンチの枠か。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 止まらないまるころ
ログ2 … 止まらないまるころ2
ログ3 … 止まらないまるころ3
ログ4 … 止まらないまるころ4
ログ5 … 55カビゴン完封性能
ログ6 … 破壊の遺伝子ケンタロスとの対面
ログ7 … 甘えられてもこの火力
ログ8 … 甘えられてもこの火力2
ログ9 … 鈍い地震エース
ログ10 … 鈍い地震エース2
ログ11 … 鈍い爆パンエース
ログ12 … 鈍い爆パンエース2
ログ13 … ヘラクロスを起点に出来る
ログ14 … 変態セミフルミルタンク
ログ15 … 変態セミフルミルタンク2


〜大体どれにでも通用する対策〜

転がるタイプのミルタンクの対策についてはこちら参照。
その他の場合、カビゴンと似ているが特殊技を持つことが少ないため受けに関してはエアームドやフォレトスで対策しやすい。
もちろん地震やシャドーボールが無ければゴーストでほとんど完封出来る。
爆裂パンチか地震のどちらかを持っていることが多いため、岩ポケモンやハガネール等では受け続けるのは難しいが、
状態異常を治せないためどくどくを持っていればある程度の回数流すことは出来る。
もちろん、自慢の素早さを打ち消すことが出来る麻痺を狙いに行くというのも有効な対策。
ただし、癒しの鈴を持っている場合もあるため、一回状態異常を入れたぐらいで安心するのは禁物。
カビゴンとの大きな違いは素早さで、多くのポケモンはカビゴンより1発分多く攻撃を受けるという点に注意。
ただ、逆に火力は低いので1発あたりのダメージは基本的にカビゴンよりかなり小さい。
また、特殊耐久に関してもカビゴンより大幅に低いため、高火力の特殊ポケモンで猛攻するのも有効な対策。
カビゴンのようにガラガラやカイリキー等の物理ポケモンは返って不利になる場合が多いので注意。
型にもよるが、ヘラクロスやバンギラスなんかは逆に受け切られてしまう場合もある。


戻る