最終更新日:'12/4/11  最終チェック日:'13/3/5
我流・個別分析 〜ドーブル〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

適当な未進化ポケモンにも劣る圧倒的に低い能力値と引き換えに、
大爆発、自爆、オウム返し、寝言、変身、ものまね、指を振る以外の全ての技を使いこなすことが出来るポケモン。
その技の種類は実に243種類ものバリエーションがある。
この中で実際に有用性のあるものは80種程度に絞られるとは思うが、
状態異常技、仮状態異常技、積み技、バトン、ハメ殺し、道連れ、定数ダメージ技など何をやって来るか分からない恐ろしさがある。
基本的にサポート一筋と思いきや、時々地球投げや滅びの歌で自らが決定力となることさえある。
また、悲惨な種族値の中でも素早さだけは人並みに備えてあり、
しかもそれが激戦区(バンギラス、ブラッキー、パルシェン、エアームドあたり)から頭一つ抜け出した絶妙な位置にあるのがポイント。
余談だが、ほぼ全ての技を使えるこのポケモンが使うということは、即ち技の性能が強いということに直結するのではないだろうか。
眠るや目覚めるパワー、大爆発など例外も幾つかあるが、
2000に於けるキノコの胞子やアンコール、道連れなどと言った技が如何に優秀であるかを象徴しているようなポケモンだと思う。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■□□□□□ 出番の多さ■■■■■■□□□□
複数対決性能■■■■■■■■■□ 使い方の多様性■■■■■■■■■■
対カビゴン性能■■■■■■■■■□ 不利な相手への対抗力■■■■■■□□□□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■□


〜優劣関係〜

格好の餌パルシェン ブラッキー フォレトス ガラガラ エアームド
割と有利カビゴン サイドン ナッシー ハピナス ハガネール
場合によるゲンガー ムウマ スターミー バンギラス
割と不利スイクン ファイヤー
天敵サンダー ライコウ ヘラクロス カイリキー エビワラー


〜防御面〜

52黄金の実5250黄金の実50
55サンダーの雷低確率1発低確率1発中乱数1発中乱数1発
50ヘラクロスのメガホーン確2確2低確率1発低確率1発
55カビゴンの捨て身タックル微低確率1発微低確率1発微高確率1発微高確率1発
50カビゴンののしかかり低確率2発確2高確率2発確2
50パルシェンの冷凍ビーム超低確率2発低確率2発低確率2発高確率2発
52ゲンガーの10万ボルト確3確3超低確率2発超低確率2発
50ハピナスの雷超低確率3発確3高確率3発確3
50エアームドのドリル嘴確3確3超低確率2発超低確率2発
50ハガネールの地震低確率2発確2高確率2発確2


〜技候補〜

キノコの胞子遅いから使いにくかったパラセクトの専用技を、パルシェンを超える素早さで打てる!
薄荷の実や寝言を持っていない相手はこれで必ず1ターンは足止めすることが出来る。
アンコール先制で打てれば鬼のように強い技。後手でも相手の技を読めれば使える。タイマンならばハメ殺しも可能。
宿木のタネ攻撃力が無いので貴重なダメージ源、かつ回復手段。身代わりや痛み分けと併用すると嫌らしい
高速移動バトンタッチしても良いが、これを使ってから先制アンコールやキノコの胞子を打つという手も。
身代わりバトンタッチよりは、宿木のタネや怪しい光と組み合わせて自分で戦う方が嫌らしさを発揮出来る。
バトンタッチ様々な効果を継承出来る。吹き飛ばしには気を付けよう
撒き菱高速スピンで阻止されにくい撒き菱要員。
パルシェンやフォレトスとは全く違った仕事が出来るというのがポイント。
道連れこれを見せて無駄技を打たせ、アンコールや積み技を狙うというコンボが出来る。
腹太鼓コレをバトン出来る唯一のポケモン。素早いポケモンに繋いで一気にケリを付けろ。
剣の舞これでも悪くはないが、腹太鼓の影には隠れがち。
クモの巣
黒い眼差し
ロックしてからブラッキーのようにバトンしても良いし、アンコールや滅びの歌でハメることも。
因みに相手のアンコールを対策したいなら、PPの少ない黒い眼差しを使った方が良い。
カウンター耐久が低いのでほとんどの攻撃で結構なダメージを受ける上に1発は耐えるので狙いやすい。
道連れと同様、無駄技を誘発させるためアンコールとも相性が良い。
ミラーコート実はこの技を最も実用的に使えるポケモンではないだろうか?めざパはカウンターでしか返せないので注意
怒りの前歯ドーブルにとっては圧倒的に大ダメージを与えることが出来る技。
この技と地球投げを組み合わせるだけでHP200までのポケモンを3発で倒すことが出来る。
地球投げ上記のように怒りの前歯と組み合わせても良いし、宿木のタネと組み合わせてもかなりのポケモンを倒せる。
聖なる炎2000ではコレを使える唯一のポケモン。何より火傷を撒けるのが重要で、
ガラガラなど状態異常を回復出来ない物理ポケモンに対して絶大な効果を発揮出来る。
じたばた
起死回生
腹太鼓や身代わりと併用して使おう。詳しくは型サンプルにて。
メガホーン
エアロブラスト
剣の舞と併用すれば、4倍弱点相手ならギリギリ一撃で倒せるため密かな奇襲となる。
怪しい光
メロメロ
痛み分け
このあたりもかなり嫌がらせが出来る技。
滅びの歌キノコの胞子やアンコールで3ターンを凌げる性能は結構高い。
守る滅びの歌や宿木のタネと組み合わせてターン経過や回復を狙う。ただスペースが勿体ないかも
自己再生ブラッキー等ドーブルのHPを半分削る攻撃を持たないポケモンに対して受け役割を持つことが出来る。
何をして来るか分からないドーブルが「役割を持つ」というのはかなり恐ろしいことだと思う。
泥棒色々な補助技に気を取られがちで結構無警戒になることが多いので決まりやすい。
成長コレをバトン出来る唯一のポケモン。サンダーなど高火力特殊ポケモンに繋いで全抜きを狙おう
白い霧コレをバトン出来る唯一のポケモン。一応、甘える等の対策にはなるが・・・
テクスチャー怪しい光と併用してゴーストタイプになったり、面白いことが出来そう。
どくどく
電磁波
痺れ粉
一応、このあたりの状態異常技も。
因みに蛇睨みはゴーストに効かない分、痺れ粉の下位互換なので使う必要は無い。
ハサミギロチン
ロックオン
一撃アリ用。壁+爆破などでタイマンに持ち込んだりすると、かなり強い。
「ドーブルより遅くてドーブルを一撃で倒せないポケモン」には必ず勝てるというのが恐ろしい。


〜型サンプル〜

Lv.50 キノコの胞子/撒き菱/アンコール/道連れ@奇跡の実

コイツのキノコの胞子のせいで完全にパラセクト涙目。
命中率100%の安定感は伊達じゃなく、薄荷or奇跡の実や寝言を持たない後手のポケモンは完全に1ターン以上これで黙る。
撒き菱役として選ばれることもあり、何度も場に出すことは出来ない代わりに高速スピンには強い。
また、道連れを張っておくと、道連れされたくない相手は補助技を打って来るのでそれをアンコールし、
キノコの胞子をかけたり後ろのポケモンを無償降臨させたりというコンボも地味に優秀。


Lv.50 聖なる炎/キノコの胞子/宿木のタネ/アンコール@奇跡の実

2000唯一の聖なる炎使い。技そのものの性能は非常に優秀なのでそれだけである程度喰って行ける
火傷はあくまで5割なので無防備にぶっぱするのは危険が伴うが、
物理ポケモンはドーブルより遅い者が多いので巧く火傷さえ出てくれればブッ刺さりまくる。
特に眠るを持たないガラガラや守るエアームド、パルシェン等はほとんど機能停止に追いやれる
まあ聖なる炎っていうのを言いたかっただけなので後ろ3つの技はあんまり拘らないで下さい


Lv.50 高速移動/身代わり/アンコール/バトンタッチ@麻痺治しの実

狙いの分かりやすい高速バトン。最大の利点はアンコールがあることで、
相手が初手で変な補助技を使って来たら次のターンに先制アンコールが刺さる。
打って来た技が状態異常技なんかだった場合身代わりも有効で、この場合高速バトンに加えて身代わりバトンまで成立する。
まあ巧くカビゴンなりガラガラなりに繋いでやって下さい
因みにガラガラエースの横で使うなら、身代わりをキノコの胞子に替えた型が強い。
詳しくはこちらの記事にて。


Lv.50 腹太鼓/身代わり/キノコの胞子/バトンタッチ@麻痺治しの実

唯一の太鼓バトンの使い手。ただでさえ紙耐久なのに体力半分も削れるか。
キノコの胞子と身代わりを巧く使えば状況は作り出せます。がんばれ
バトン先のポケモンは素早くて全員を一撃で倒せるぐらいのスキルを要求される
例えばフルアタプテラとか、ケンタロスとか。


Lv.55 地球投げ/怒りの前歯/宿木のタネ/身代わり@食べ残し

何とあのドーブルが頼れるエースに!
宿木のタネを植えてからの怒りの前歯+地球投げ×2は55食べ残しカビゴンでさえも3発で倒せるゆえ、眠って受け続けることが不可能。
つまり自分より遅いポケモンは眠りにさえ追い込んでしまえば全抜き出来るってことだ
何よりヤバいのは55カビゴンに対して対面から勝てるということ。
まず捨て身タックルを1発は耐えるので宿木のタネを植えることが出来る。
そして宿木回復量+食べ残し回復量が身代わりHPを上回るので、
以降身代わりを連打していれば勝手にHPが回復して行き、一方カビゴンはどんどん消耗して行くということだ!
素早い奴にはなかなかシビアな立ち回りを要求されるのであらかじめ麻痺を入れておきたい。
怒りの前歯を抜いて自分で高速移動する手も無くはないが、
宿木のタネ+地球投げだけだとHP264までのポケモンしか倒せないので、HP266の50カビゴンをギリギリ倒せないのが残念。
もちろん自分より遅い相手も眠るまではキツいので、毒を入れておいたりリフレクターを張ったりしておきたい。
怒りの前歯を怪しい光に変更すると相手が健康な状態からでもクソゲーに持ち込むことは可能
もちろん1回でも混乱自滅すれば怒りの前歯と同じく55食べ残しカビゴンをも突破可能である。
見りゃ分かると思いますがゴーストは無理です。ハピナスやポリゴン2は意外と回復技連打を余儀なくされて有利だと思います


Lv.55 じたばた/腹太鼓/身代わり/キノコの胞子@麻痺治しの実

エース型その2。ドーブルの攻撃力とは言えども攻撃ランクMAXのタイプ一致じたばたは55カビゴンや52パルシェンすら一撃。
HPを奇数にしておくことで、腹太鼓or身代わりで簡単にHP1の状況を作り出せるのもクソデカい。
因みに能力値MAXだとHP176で、これは4の倍数でありマズいので、努力値調整してHP175にしておきましょう
でもそうすると、腹太鼓しますよ〜〜って言ってるようなもんで、型が分からないのが魅力であるドーブルにとっては致命傷かも知れないので、
敢えてLv.54で使ったりするのもアリかも知れません。これならHPそのままで使えます
キノコの胞子の枠は、誰にでも先制出来るようになる高速移動や、岩・鋼に通る起死回生との両刀でも可。
ただし等倍になるエアームドやフォレトスはLv.50でも2発かかるので要注意。この辺に関してはキノコの胞子の方が優秀


Lv.50 カウンター/ミラーコート/アンコール/道連れ@奇跡の実

ソォォーーーーーナンスッッッ
ルビサファ以降のソーナンスを知っている人ならこの型の強さは分かるんじゃないでしょうか。
いや私は話に聞いているだけで実際金銀までしかやってないんですけどね
攻撃打ったらカウンターorミラーコートが飛んで来る、補助技打ったらアンコールが飛んで来る。まあ読みゲーではありますが
あとアンコールと道連れの相性は一番上にも書きました
かげふみしたいなら蜘蛛の巣を使いなさい


Lv.50 クモの巣/滅びの歌/アンコール/バトンタッチ@奇跡の実

クモの巣を絡めたコンボの詰め合わせ。滅びの歌、アンコール、バトンタッチはそれぞれ全てクモの巣とコンボになっている。
バトンタッチを道連れに変更して、普通にゴーストみたいな使い方をする場合も。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55やどみがドーブルで3タテ
ログ2 … 55やどみがドーブルで3タテ2
ログ3 … 高速バトンをガラガラに繋ぐ
ログ4 … 高速バトンをガラガラに繋ぐ2
ログ5 … 高速バトンをガラガラに繋ぐ3
ログ6 … 腹太鼓バトンをプテラに繋ぐ
ログ7 … 成長バトンをサンダーに繋ぐ


〜大体どれにでも通用する対策〜

意外とゴーストには黙ってしまう型が多いです。キノコの胞子で眠らされたりはするかも知れませんが
特に眠る等で回復出来るゴーストはかなり安全な対策になるんじゃないかと思います
あとは状態異常技が多いんで先制身代わりとか寝言とか、バトン型もあるんで吠えるとかありますが、
どれも予想通りの型とは限らないので油断は禁物ですね
1ターンでも攻撃を喰らうと簡単に崩れるので、キノコの胞子対策に薄荷or奇跡の実を持ったポケモンも有効だと思います。
因みにLv.50ドーブルに先制して一撃で倒せる(=出オチさせられる)ポケモンは、
50めざ格ヘラクロス、中レベル銀の粉メガホーンヘラクロス、50クロスチョップオコリザル、
50飛び膝蹴りサワムラー、50飛び膝蹴りエビワラーあたり。
後手でも一撃で倒せれば、キノコの胞子をカット出来る薄荷の実や奇跡の実を持っていれば対面では引かせることが出来ますね


戻る