最終更新日:'17/11/12  最終チェック日:'17/11/12
我流・個別分析 〜パルシェン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

2000で使えるポケモン中では3位の物理耐久と、撒き菱・大爆発による便利さが特長のポケモン。
特に物理耐久が上であるハガネール・サイドンと違ってガラガラの地震を弱点とせず、
先制出来る上にメイン技で弱点まで突けるので、ガラガラに圧倒的に強いポケモンとしても有名。
リフレクター+黄金の実まで持てば、光の壁+55ガラガラに対して50でも勝てる非常に稀有な存在になる。
その優秀な物理耐久と大爆発の圧力により、カビゴンをある程度流せるのもポイント。
属性的には物理耐性は何ひとつとして持っていないのにも拘わらずこれらの物理受けとして使えるので、
「属性による耐性でなく能力による耐久を利用して受ける」というポケモンの筆頭とも言える。
また大爆発使いとしては岩や鋼に強いため完封されにくく、
素早さもブラッキーより上である数少ない爆破使いであるため、先制甘えるで阻止されないのが貴重。
無論撒き菱でパーティ全体の火力を底上げすることも出来るため、種族値に反して攻撃的なポケモンと言えるだろう。
特殊耐久は最終進化形態の中ではデリバードに次いで2番目に低く、アンノーンにすら劣るため、
強力な特殊技は等倍でも一撃で倒れてしまうこともあったりと、
得手不得手が極端なポケモンであるので、使い所は間違えないようにしたい。
撒き菱と素早い大爆発により、とにかく突破口を開く力はかなり秀でているポケモンで、
一撃無し2000ルールの3強にこれを入れる人も少なくない。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■□□□□□□□ 出番の多さ■■■■■■■■■■
複数対決性能■■■■■■■■■■ 使い方の多様性■■■□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■■□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■□□□□
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■■


〜優劣関係〜

格好の餌ガラガラ ハガネール サイドン リングマ
割と有利エアームド カビゴン ポリゴン2 ケンタロス
場合によるヘラクロス ブラッキー ナッシー マグカルゴ
割と不利ゲンガー ムウマ バクフーン ファイヤー カイリキー バンギラス スイクン
天敵ライコウ サンダー スターミー フーディン ルージュラ


〜防御面〜

52黄金の実5250黄金の実50
55めざ蟲ガラガラの地震低確率2発微低確率2発低確率2発超高確率2発
55サイドンの地震確4高確率3発超低確率3発確3
バンギラスの岩雪崩超低確率2発確2低確率2発確2
50ヘラクロスのメガホーン確4高確率3発超低確率3発確3
55カビゴンの捨て身タックル超低確率3発確3高確率3発確3
50カビゴンののしかかり乱数5〜6発確5乱数5〜6発微低確率4発
50スターミーの波乗り超低確率4発超高確率4発微低確率4発確4
50ナッシーのめざ草低確率1発低確率1発微高確率1発微高確率1発
55ポリゴン2の鈍い+捨て身タックル低確率3発確3高確率3発確3


〜技候補〜

冷凍ビーム
吹雪
属性一致メイン技1。サンダーやナッシーという上位ポケモンに効くのと、追加効果のお陰で、
波乗りよりこちらの方が人気。ほとんどの場合安定性を取って冷凍ビーム。
波乗り一致メイン技2。バンギラスやハガネール、同種対決等を意識する場合こちら。
大爆発上記のメイン技と非常に相性の良い切り札。これのお陰でとにかく腐りにくい。
撒き菱パーティによってはメイン技と言えるほど重要な技。パルシェンの株を大きく上げている。
かなり採用率は高いが、速攻仕様のパーティなら抜いても良い。
リフレクターガラガラや相手の爆破速攻に非常に強くなれる技。
鈍い鈍いを積んだカビゴンも爆破出来るように相手にコレを合わせて使う。
ガラガラよりもカビゴン対策に重きを置いた技。
どくどくリフレクターや鈍いが特に必要というわけでもなければ、撒き菱と同時にあると便利。
眠る技スペースがあればコレも地味に強い。眠らないパルシェンは毒で倒されるが、
コレがあれば毒を持ったハガネールやエアームド、ブラッキー等に突破されなくなる。
寝言昔はスイクンのようにコレで粘る型が多かったらしい。
嫌な音鈍いを積む相手も確実に爆破出来るようになる他、物理のサポートにも。
凍える風サンダー等にはコレで素早さ逆転出来ると地味に厄介なキャラになれる。
殻で挟む相手をロックすることで、当てたい相手に確実に大爆発を当てられるようになる。
高速スピン撒き菱を撒けると同時に、コレで相手の撒き菱を駆除することも出来る。
詳しくは型サンプルにて。大爆発と両立不可なのが残念。
雨乞いどうせ雷には弱いし、スペースさえあれば意外と悪くない気がする。
自身の波乗り強化の他、これを残して爆破して雨の恩恵を受けるキャラに繋いだり。
威張る
身代わり
ハマると意外と止まらないことがあるかも知れない。
雷サンダーは身代わり自体厄介だったり。マズくなったら爆破という最終手段もアリ
バリアー物理を流す回数を少し増やせるが、リフレクターに劣りがち。
捨て身タックル
恩返し
エース等で無理矢理決定力を出す場合に嫌な音と併用して使われることがある。
HPの低いパルシェンにとって反動はかなり痛いので後者の方が無難か?
めざ地一応冷凍ビームと相性が良く、電気にささやかな抵抗が出来る。
めざ電これも一応メイン技と相性が良く、水にささやかな抵抗が出来る。
トライアタック冷凍ビームと違って氷ポケモンを凍らせられる可能性があり、嫌な音で火力を伸ばせるが…


〜型サンプル〜

Lv.50 冷凍ビーム/撒き菱/リフレクター/大爆発@黄金の実

ガラガラに対して最も強い、現代のオーソドックスなパルシェン。
光の壁が貼ってある状態の55ガラガラに対してタイマンで爆破することなく勝てる非常に貴重な存在。
50ガラガラに至っては、素の地震を2回喰らって黄金の実が発動した後、
リフレクターを貼れば更にもう1回地震を耐えることが出来るという恐ろしい耐久力を持つ。
また、爆破+爆破+破壊の遺伝子ケンタロスと言った戦法への攻略としても重要なカギを握ることになる。
マルマイン等と同様に、リフレクターを残して爆破することで有利に試合を運ぶことも狙いやすい。
冷凍ビームの枠は波乗りの場合もある。
55カビゴンの隣で使うパルシェンはサンダーやナッシーを釘付けするために冷凍ビームが普通だが、
サンダーやライコウの隣ではハガネールやバンギラス、炎などを意識した波乗りが採用されることもある。
持ち物は、ガラガラをきっちり対策したいなら黄金の実がベストだが、
大爆発でギリギリ届かない相手を倒しやすくなることが多い水玉リボンや、
ナッシーの眠り粉やカビゴンののしかかり等との対面に強くなる奇跡の実などの選択肢もある。
またこの型に限らず、以下サンプルで黄金の実を持たせているパルシェンは、多くの場合木の実ジュースでも代用可能なので、
同じパーティに黄金の実が欲しいポケモンが他にも居る場合は譲ってあげよう。


Lv.50 冷凍ビーム/撒き菱/鈍い/大爆発@黄金の実

ガラガラよりも鈍いカビゴンに出して流すことに重点を置いた型。
リフレクター型だとカビゴンに鈍いを積まれた場合大爆発の圧力がかかりにくくなってしまうが、
それに対して鈍いを合わせて行けば常に素の状態の大爆発の圧力をかけることが出来る。
また、耐久面で流せる回数は減るが、圧力という意味では嫌な音にするという手もある。
いずれにせよ、サイクルでカビゴンを流すことも出来るが、昆布の1枚残し対策としても使える。
冷凍ビームと波乗りの選択や、道具に関しては↑の型と同じことが言える。


Lv.50 冷凍ビーム/波乗り/撒き菱/大爆発@奇跡の実

特に鈍いもリフレクターも不要な場合、攻撃技を両刀にして攻撃範囲を広げることで、
相手の選出によってはパルシェン自らが突破役を務めることも出来るようになる。
このような使い方の場合、奇跡の実が有効であることが多いだろう。
その他、技スペースが余った場合は、どくどくや雨乞い、眠るなどの選択肢もある。


Lv.55 冷凍ビーム/波乗り/威張る/身代わり@食べ残し

両刀の場合、このようにエースで使って全抜きを狙うのもアリかも知れない。
他の一般的ないばみがポケモンとは違って、物理耐久が非常に高いため、
物理ポケモンとの対面で威張るを放ってもリスクが小さめというのがポイント。
また、Lv.55ならば50フシギバナに先制して、上から冷凍ビーム2発で倒せるのも大きい。
スイクンやヘラクロス等の85族には先制出来ないので注意。
特殊技しか使わないため、威張るの代わりにメロメロで使うのもアリだろう。
また、攻撃技は冷凍ビームの代わりに素早いポケモンを対策出来る凍える風にしたり、
逆に吹雪にすることで波乗りと威力の緩急を付けられるようにしたり、
そもそも攻撃技をどちらか1本だけにして、嫌な音などと併用したりとカスタムの仕方も色々ある。


Lv.52 波乗り/撒き菱/眠る/大爆発@薄荷の実

Lv.52でバンギラスに先制出来るようになるため、波乗りがあればそこそこ対抗出来るようになる。
また、高レベルのガラガラの地震を黄金の実無しでも2発耐えやすくなるので、
このように眠る+薄荷の実にすることでガラガラを流せる回数を増やすことが出来る。
もちろんその他に、ハガネールやイノムー、エアームド等を期限付きでなく眠るで受け続けられるようになるというメリットも。
ブラッキー等、パルシェンを崩す手段を毒に依存しているような相手にも刺さったりする。
因みに、眠る+薄荷の実でなく、黄金の実を持たせた場合は、バンギラスの岩雪崩を超高確率で2発耐えるため、
タイマンでバンギラスに勝てるようになるのが大きい。


Lv.50 冷凍ビーム/殻で挟む/嫌な音/大爆発@麻痺治しの実

殻で挟むによって、爆破したい相手をロックした上で確実に大爆発を決められるようになる。
特にカビゴンは、通常鈍いを積んだりしてパルシェン相手に居座って来ることも多いが、
相手のカビゴンがパルシェンに爆破されたくない場合はこのような型にすることで大きな強制交換力を持つことが出来るようになる。
撒き菱読みで居座って来たガラガラなんかも美味しく頂くことが出来るだろう。
殻で挟むの命中率が75%なのが玉に傷。


Lv.50 冷凍ビーム/撒き菱/眠る/寝言@解けない氷

受けゲー全盛期である、大昔のパルシェンのデフォルトはこういうような型だったらしい。
地面ポケモンを何度も受けることが出来る。解けない氷によって55サンダーを高確率2発で倒せるようになる。
撒き菱は高速スピンでもされない限り、2度目以降は寝言で発動しても無駄になるだけなので、
この枠は波乗りなりどくどくなりに変更しても良いだろう。
特に波乗りの場合は、ガラガラに対して眠っていても寝言でどの技が出ても良いという有利な状況に持ち込める。


Lv.51 波乗り/撒き菱/高速スピン/眠る@薄荷の実

相手の撒き菱は高速スピンして、一方的に撒き菱を撒いてやろうと企む型。
それゆえ、レベルは相手の50パルシェンに先制出来る51は欲しい。欲を言えば52。
注意すべきは高速スピンが大爆発と両立出来ないという点。
これに加え、パルシェンやフォレトスに対しどれだけでも出せるようになるという意味で眠るを持たせるのが良いだろう。


Lv.55 冷凍ビーム/トライアタック/嫌な音/大爆発@黄金の実

嫌な音+物理技を活かしたエース型を無理矢理作ったらこんなけったいな型に
トライアタックの追加効果では氷タイプも氷漬けになり、炎タイプも火傷になるらしい。
しかし追加効果を狙うなら試行回数を稼ぐ必要があるため、理に適っていない。
他にまともな物理技と言うと捨て身タックルがあるが、HPが低いパルシェンにとっては反動が非常に痛い。


〜活躍したログ〜

ログ1 … ガラガラ流しと撒き菱の重要性
ログ2 … 爆破速攻における撒き菱の強さ
ログ3 … サンダー昆布を作る
ログ4 … サンダー昆布を作る2
ログ5 … サンダー昆布を作る3
ログ6 … ライコウ昆布を作る
ログ7 … ライコウ昆布を作る2
ログ8 … リフレクターパルシェンの強さ
ログ9 … リフレクターパルシェンの強さ2
ログ10 … リフレクターパルシェンの強さ3
ログ11 … リフレクターパルシェンの強さ4
ログ12 … 間接的役割破壊
ログ13 … 誰を爆破しても勝てるという状況
ログ14 … 55いばみが型エース
ログ15 … 54パルシェン驚異の粘り


〜大体どれにでも通用する対策〜

パルシェン自体を止めることは容易だろう。
ただ、波乗りと冷凍ビームの両刀で簡単に壊滅したりはしないようにしておきたい。
あとは、撒き菱を撒かれた上で、このパルシェンと隣に居る高火力のカビゴンなりサンダーなりを、
同時にどう止めるか、またどう突破するかという話になるだろう。
因みにパルシェンを起点に出来るポケモンを挙げると、
スターミー(どくどくが無い場合はあやみがが特に刺さる)、55シャワーズ(先制甘えるにより大爆発出来ない)、
フーディン、ルージュラ、高レベルゲンガー、純電気ポケモンあたりが優秀か。
波乗りか冷凍ビーム片方の場合、どちらを持っているか判別出来れば、
波乗りの場合はサンダー、ナッシー、フシギバナ、カイリュー等、
冷凍ビームの場合はファイヤー、リザードン、バンギラス、ハッサム等でも起点に出来る。
少しマイナーな所だとオムスターやレアコイルなんかは大爆発にも強くて優秀。
こらきしヘラクロスで大爆発を堪えると言った対策法もある。
身代わりを持った水ポケモンでは、対面から完全に起点に出来ることも多い。
あとは大爆発を誰で受けるか、もしくは如何に岩やゴーストポケモンでかわすか。
撒き菱を駆除したいならスターミーの高速スピンが有効。汎用性は落ちるがドククラゲやカメックスでも可。


戻る