最終更新日:'13/7/21  最終チェック日:'13/7/21
我流・個別分析 〜ヌオー〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

御存知、水+地面という属性の絶妙な噛み合いにより、草技しか弱点を持たないポケモン。
電気無効という面が非常に強いため、水ポケモンよりも地面ポケモンとして扱われることの方が多いだろう。
その上、水タイプのお陰で、イノムーやハガネールと同じく氷技も弱点としないので、
電気技+氷技でお馴染みのサンダーやライコウ、ゲンガー等を受けることが出来るというのが非常に優秀。
イノムーやハガネールと違って偉いのは、水や格闘、炎でも弱点を突かれないので、
ギガドレインを持たないほとんどの型のゲンガーを1枚で受け切れる他、
役割破壊のめざ水を持ったサンダー、波乗りや起死回生のライチュウ、
クロスチョップのエレブーなんかもかなり安定して受けることが出来るため、
まさに電気ポケモンに対してはある意味最強のストッパーと言えるだろう。
また、地面ポケモンとして見ると、これらを弱点としないということは、
すなわち他の地面と違ってパルシェンやスターミーの前でもある程度居座って喧嘩を売れるということである。
電磁波を無効化しておきながら、水技で弱点を突かれない唯一のポケモンでもある。
他には、その独特な耐性により、ベトベトンに対する強いキラーとなったり、物理技メインのバンギラスにもやや強め。
一方、圧倒的に遅い素早さのせいで、水ポケモンでありながらガラガラにタイマンで負けたり、
レベルを振らないと55カビゴンに先制出来なかったりするデメリットもある。
火力も中途半端だが、幸い腹太鼓から決定力を出すことが出来る他、
砂嵐とも非常に相性が良いポケモン(詳しくは型サンプル参照)なので、エースで決定力を持つことは充分に出来る。
その多彩な役割を活かし、攻撃的な使い方と防御的な使い方を、必要に応じて使い分けて行きたい。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■□□□□ 出番の多さ■■■■■■□□□□
複数対決性能■■■■■■■□□□ 使い方の多様性■■■■■□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■□□□□□□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■■■□□□


〜優劣関係〜

格好の餌ライコウ サンダー ベトベトン ゲンガー ハガネール エレブー ブーバー
割と有利エアームド バンギラス サイドン フォレトス
場合によるカビゴン フーディン スイクン カイリュー
割と不利ガラガラ ファイヤー スターミー カイリキー ケンタロス ムウマ
天敵ナッシー パルシェン ヘラクロス フシギバナ


〜防御面〜

55食べ残し5553食べ残し50
55サンダーのめざ氷乱数6〜8発確5乱数5〜7発超高確率4発
55ゲンガーの冷凍パンチ乱数5〜6発低確率4発乱数5〜6発確4
50カビゴンののしかかり乱数5〜6発超高確率4発超低確率4発超低確率3発
50ガラガラの地震超低確率2発微低確率2発中乱数2発確2
50サイドンの地震超低確率3発高確率3発微低確率3発確3
バンギラスの地震超低確率4発確4微高確率4発中乱数3発
バンギラスの噛み砕く超高確率4発超低確率3発確4確3
50ナッシーのサイコキネシス超低確率3発超高確率3発微高確率3発確3
50パルシェンの冷凍ビーム低確率4発確4超高確率4発高確率3発
50スターミーの波乗り超高確率4発超低確率3発確4確3
55ベトベトンの鈍い+ヘドロ爆弾乱数5〜6発超低確率4発乱数5〜6発確4


〜技候補〜

地震属性一致メイン技。火力の源なのでどの型でもほぼ必須だろう
波乗り属性一致技2。決定力の問題でサブ技のような扱いになることが多い。
冷凍ビームサンダーや草を意識する場合、波乗りの代わりにコレを使っても良い。
腹太鼓中途半端な火力を一気に伸ばせる。エースでも良いが、低レベで裏決定力としても
めざ岩腹太鼓を使う場合、地震と相性が良いサブ技。逆に腹太鼓が無いと火力不足
砂嵐決定力を出す技その2。地震とも波乗りとも相性抜群なので非常にヌオーに合う。
爆裂パンチ砂嵐と非常に相性の良いサブ技。詳しくは型サンプルにて。
眠る役割を色々持てるポケモンなのでコレを持って生き延びたい。
寝言地震+波乗りor冷凍ビームだけで、イノムーと同じような使い方が出来る。
恩返し
ヘドロ爆弾
腹太鼓と併用し、地震+めざ岩で苦手なナッシーやヘラクロスに対して少し大きなダメージが入る。
ヘドロ爆弾は特にナッシーに有効だが、エアームドに完封されてしまうので注意。
のしかかり腹太鼓と両立不可。使うなら寝言で麻痺撒きのような使い方が良いかも。
原始の力めざ岩の代わりに使いたい時もありそうだが、残念ながらこれも腹太鼓と両立不可。
鈍い腹太鼓の影に隠れがちだがコレで決定力を出す線も無くはない。
穴を掘る寝言で発動しないので、もう1つの技が発動する確率を高めるために。
度忘れ中途半端に弱い水に対してかなり強くなれるが、物理で苦手な相手も居るので注意
神秘の守り自身は状態異常にはかなり強い方なので完全にサポート用だろう。


〜型サンプル〜

Lv.55 地震/目覚めるパワー岩/腹太鼓/眠る@食べ残し

概論に書いたような役割を食べ残し+眠るでガードを硬くしてしっかり受けつつ、
隙あらば腹太鼓で決定力を出せるという型。
腹太鼓+地震で55カビゴンをしっかり一撃で倒せる。
他53ブラッキー・52スイクン・51フォレトス・50パルシェンを確1、55メガニウム確2。
腹太鼓+めざ岩で55サンダー確1、カイリュー高確率一撃、51エアームド・55グライガー確2。
この構成の場合、ヘラクロスや草はどうしても2発かかってしまうため、
それを避けるならサブ技を恩返し、ヘドロ爆弾、アイアンテール等にする手もある。
腹太鼓+恩返しで52ヘラクロス確1、50ナッシー・50メガニウム中乱数一撃、50めざ氷サンダー高確率一撃。
腹太鼓+ヘドロ爆弾で55メガニウム確1、50ヘラクロス高確率一撃。
なお、原始の力やのしかかりは腹太鼓と両立不可なので注意。
レベルは、55カビゴンに先制出来るラインである53まで下げる手もある。
ただしその場合Lv.50のサイドンやフォレトスと同速になる点に注意したい。
また、高速移動+バトンタッチと組み合わせる(すなわち素早さが2段階上がった)場合、
Lv.55なら55フーディンと、Lv.53なら55ライコウや55スターミーと、それぞれ同速になる。
因みに受けは色々不安定になり55カビゴン等にも先制出来なくなるが、低レベルで裏の決定力として使うのも悪くない。
その場合、食べ残しを持たせても目覚ましく耐久が上がるわけでもないので、道具は薄荷の実でも良いだろう。


Lv.55 地震/波乗り/砂嵐/眠る@食べ残し

もうひとつのよくあるエース型。自分が砂嵐ダメージを受けないのはもちろん、
砂嵐を無効化する地面・岩・鋼の3タイプは地震にも波乗りにも軒並み弱いので、
これらの技の組み合わせが非常に相性が良いのである。しかも双方の攻撃技を属性一致で打てるのが魅力。
砂嵐中ならば55食べ残しカビゴンも地震で乱数3発で落とせる。
波乗りでは52エアームドを確3、ほとんどの地面ポケモンを確2で倒せるが、
ガラガラには先制されて地震2発で倒されるため、タイマンでは勝てないという点に注意。
バンギラスは波乗りでは3発かかるが、地震で高確率2発で倒せる。
レベルに関してはこれも↑に書いたように、Lv.53に落とす手もある。
また、思い切って回復を食べ残し依存にし、眠るを守るなんかに変更するのも面白いかも知れない。
草ポケモンに非常に弱いという点に注意したい。


Lv.55 地震/冷凍ビーム/爆裂パンチ/砂嵐@食べ残し

回復を切って、セミフルにした砂嵐型。この場合是非持たせたいのが爆裂パンチ。
地震と同様、砂嵐との属性的な相性が良いのはもちろんだが、
混乱で相手を足止めすることによって砂嵐ダメージを加算させられるのが強い。
↑の型よりも全抜きすることを強く意識しているため、草やカイリューと言った特定のポケモンであっさり止まらないよう、
特殊技は波乗りよりも冷凍ビームがオススメ。
ただしエアームドやヘラクロスと言ったポケモンを倒しにくくなるという点は注意。ここは好みの問題か。
この型を活かしたパーティがこちら


Lv.55 地震/冷凍ビーム/砂嵐/鈍い@食べ残し

あまり見かけないものの、遅くて弱点の少ないポケモンなので鈍いとの相性も悪くない。
↑の型は、決定力を確保するために爆裂パンチを持たせているが、その代わりに鈍いというのもアリかも知れない。
水ポケモンやヘラクロスの突破のしやすさは格段に上がる。
鈍い+地震で、53ライコウ・51ベトベトン確1、55スターミー・52カイリキー・51キングドラ確2、
55カビゴン・55スイクン・55フォレトス確3、50めざ格ヘラクロス超高確率3発。
もちろん砂嵐中ならば、55カビゴンが2発になったり、55ヘラクロスが3発になったりと格段に突破力が上がるが、
別に砂嵐と併用せずとも、普通に鈍い+眠る等で使っても良いだろう。


Lv.50 地震/波乗り/眠る/寝言@ピントレンズ

低コストで受けに徹した型。ほとんどイノムーと同じ使い方だが、
初めに書いた通りエレブーやバンギラスあたりに強くしたいならこちらとなる。
55サンダーに対しては波乗りでは圧力が無さ過ぎるが、
冷凍ビームにしても4発かかってしまうので倒すのは難しい。ピントレンズが巧く発動してくれれば良いのだが。
他にナッシー等も気にするようなら波乗りを冷凍ビームに変更しても良いだろう。
寝言で試行回数を稼げるという意味ではのしかかりや爆裂パンチもアリか?


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55砂嵐ヌオー
ログ2 … 55砂嵐ヌオー2
ログ3 … 55砂嵐ヌオー3
ログ4 … 低レベル腹太鼓ヌオー


〜大体どれにでも通用する対策〜

まず何と言っても草4倍弱点。草技を持っているポケモンが居れば活用しない手は無い。
中でも草ポケモンは、ヌオーが打って来る地震や波乗りにも強くて優秀なキラーとなる。
ただし、砂嵐を使われると光合成の回復量が半減してしまうという点には注意。
草ポケモンでなくとも、ギガドレインやめざ草を持っているだけで脅威になり得る。
ただ、サイドンよりは少しだけ特殊耐久が高いため、不一致のめざ草はレベル差を付けないと倒せないので注意。
寝言型に関しては、ぬるめなのでヘラクロスあたりでも受かり、メガホーン3発で倒せるのでほぼ封じることが出来る。
物理耐久の高い、スイクン、スターミー、眠るパルシェン等の水は一時の壁にはなれるが、
こちらも決定力を出せないため、砂嵐や腹太鼓で攻められると厳しい。
大爆発の圧力をかけられるパルシェンならかなりの回数流すことが出来るだろう。
55サンダーも、受けられることはあってもサンダー側も3発で倒されるようなことは無いので、
ワンクッション置いたりPPを消耗させることが出来る。
また、ヌオーが低レベルの場合は55カビゴンで先制出来るので半ば起点に出来ると思っても良いだろう。
同様に、水ではあるがガラガラには後手で、剣の舞+地震で倒されるため、タイマンに限って言えばガラガラでも勝てる。
腹太鼓型の場合は、寝言が無いので眠り粉持ちの草がキラーレベル。
エアームドなら腹太鼓後のどんな攻撃でも1回は耐えるため、一旦吹き飛ばしで解除することも可能。
腹太鼓型は波乗りを所持していることが少ないというのもポイントで、高レベルのガラガラなら後出しから殴り勝つに至る。


戻る