最終更新日:'17/11/12  最終チェック日:'17/11/12
我流・個別分析 〜ガルーラ〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

カビゴンのように非常に高次元に纏まって死角の少ないノーマルポケモンであり、技も多彩に備えている。
中でも吠えるによって、鈍いと組み合わせたコンボを展開出来ることは余りに有名。
このコンボの詳しいことに関しては、型サンプルの方を参照されたい。
吠えるという面以外では、基本的に鈍い+捨て身タックルや、サブ技を持つとすれば地震や大文字等、
使える型としてはカビゴンと似ている部分が多いのだが、
唯一カビゴンを大きく突き放したステータスである素早さを活かして、全く違った感覚で使うことが出来る。
相性的には苦手な格闘ポケモンや、ノーマル受けの岩や鋼ポケモンに対して、
先制して一発分多く攻撃を与えられるというのは大きい。
先制の鈍いにより対面のポケモンの全ての爆破を耐えることが出来るため、爆破速攻戦術の壁となることも出来る。
他にも、100%♀のポケモンであるので物理技の火力を落とさずに♀でメロメロを使えたり、
数少ない身代わり+起死回生コンボが使えるキャラであったりと、
鈍い吠えるコンボに隠れがちだが見逃せない特徴も多いポケモンである。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■□□□ 出番の多さ■■■■■■■■■□
複数対決性能■■■■■■■■■■ 使い方の多様性■■■■■■■■□□
対カビゴン性能■■■■■■■■■■ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■□


〜優劣関係〜

格好の餌カビゴン ハピナス スイクン ポリゴン2
割と有利パルシェン スターミー ヘラクロス フーディン ライコウ フォレトス
場合によるゲンガー ムウマ サンダー エアームド ファイヤー ケンタロス
割と不利ナッシー フシギバナ ブラッキー サイドン バンギラス
天敵ハガネール カイリキー


〜防御面〜

55食べ残し5550食べ残し50
55磁石サンダーの雷低確率2発高確率2発確2確2
55ライコウの10万ボルト超低確率3発超高確率3発確3確3
50ナッシーのサイコキネシス微高確率4発確4超低確率3発超高確率3発
50フーディンのサイコキネシス超高確率4発超低確率3発微高確率3発確3
50スターミーの波乗り乱数5〜6発超高確率4発確4微低確率3発
50パルシェンの冷凍ビーム乱数5〜6発低確率4発微低確率4発確4
55カビゴンの捨て身タックル確3確3低確率2発高確率2発
50カビゴンののしかかり乱数5〜6発高確率4発高確率4発確4
バンギラスの岩雪崩超高確率4発超低確率3発中乱数3発確3
バンギラスの噛み砕く乱数5〜6発超高確率4発超高確率4発超低確率3発
55ゲンガーの10万ボルト乱数5〜6発高確率4発超高確率4発超低確率3発


〜技候補〜

捨て身タックル
恩返し
のしかかり
属性一致メイン技。決定力として充分な威力はある。
基本は捨て身タックルだが、起死回生などで反動ダメージを喰らうとマズい場合は恩返し。
元々素早いポケモンで、火力の方が大事なのでのしかかりはあまり使われない。
鈍い攻防一体となる、とりあえずあって損は無い積み技。
素早いので1回積んでもある程度の所まで先制出来るのがポイント。
吠えるガルーラの超重要技。鈍いと組み合わせてコンボが出来る。
眠るエアームドのどくどく等であっさりやられてしまわないための技。
地震サブ技を持たせるスペースがあるなら筆頭候補。カビゴンでお馴染みの攻撃範囲。
爆裂パンチサブ技候補。先制で打てると強い技。
大文字サブ技候補。ガルーラとしてはエアームドとハガネールに同時に強くなれる貴重な技。

電磁砲
ハガネールにほぼ詰んでしまうし、パルシェンには別に弱くないのであまり人気は無い。
身代わりガルーラの素早さを活かせる技。色々な補助技や爆破を封じたい。
メロメロ♀で最高個体値が使えるので相性が良い。♂をストップさせて鈍いを積もう。
起死回生隠れた大技。時として他の何よりも強力な技になる。身代わりと両立することが出来る。
堪える起死回生専用。みがきしも出来るので無くても良い。
カウンターこれも影に隠れた恐怖の選択肢。殴って来る格闘やガラガラ等に。
アイアンテール
シャドーボール
岩雪崩
流石に有用性が低い。
波乗り4倍弱点へのピンポイントキラー。しかし特攻が低過ぎて2発かかる。
冷凍ビーム
冷凍パンチ
完全に凍結狙い。
破壊光線素早いので地味に有効な使い方がありそう。
連続斬りコレを使えるポケモンとしては、弱点が少なく場に居座りやすいので。
影分身みがきしや連続斬りを決めるための準備の技。
雨乞い
日本晴れ
砂嵐
一応全部覚える。
睨み付ける
尻尾を振る
自慢の素早さをダイレクトに活かしつつ、物理決定力を伸ばしたい場合に候補に挙がる。
因みにこの2つの技の効果は全く同じ。
寝言カビゴンのように鈍いと併用して使う手も?
神秘の守り一応眠ると違って、どくどくの他に怪しい光なんかも予防出来る。
金縛り相手のメイン技を封じたり、鈍いを封じたり出来ると強そう。問題は命中率だが。
地割れ一撃アリ用。角ドリルケンタロスにやらせた方が良いかも知れない


〜型サンプル〜

Lv.55 捨て身タックル/鈍い/吠える/眠る@食べ残し

ガルーラの代表的な型。このような型は他にも出来るポケモンはたくさん居るが、
弱点が少なく、能力も安定していて、属性一致捨て身タックルがまともな火力があり、
素の素早さがかなり高いのでそれも活かせるというガルーラに非常にマッチしている。
吠える・吹き飛ばしはお互い選択し合った場合は後攻側が成功するので、
鈍いを積んで素早さが下がったガルーラはエアームドにもスイクンにも飛ばされなくなる。
カビゴン等と同じように、鈍いを積んで来る相手はエアームドで吹き飛ばそうという対策は通用しない。
ならばこちらもと、フォレトス等で鈍いを積んで対抗したら、一方的に吠えられて成す術が無くなる。
眠っている間も吠えるを選択していれば後攻になるため、寝ている間も決して飛ばされる心配は無い。
このような受け身な対策は軒並み壊滅させることが出来る。
某大会でのこちらのログが分かりやすい。
また、逆にカビゴンに対しては鈍いを1回積んでも先制出来るため、
向き合ったら単純に鈍いを積んで有利を取ることが出来る。しかも相手の鈍いは吠えるで阻止可能。
この他、鈍いを1回積んで54ガラガラや51イノムー・ドンファン等と同速、55サイドンに先制を取れる。
上記のようにカビゴンを起点にして攻められる可能性があるため、
ガルーラをエースとしたパーティは、カビゴンパーティに有利ということで常に一定の需要がある。
鈍い+捨て身タックルで53カビゴン・51スイクン確2、55カビゴン・50パルシェン高確率2発。
ゴーストには当然無抵抗になるため、追い打ちを持ったキャラと組ませることが多い。
ただ、ゴースト側もゲンガーの攻撃程度ではなかなかガルーラを倒せないし、
吠えるを持っているので滅びコンボに持ち込むことが出来ないので、
撒き菱を絡めることで眠るの無いゴーストを長期戦の末崩すことを狙ったり、
ゴーストを起点にした上で全抜き出来るポケモンと組ませるという手もある。


Lv.55 捨て身タックル/地震/鈍い/吠える@食べ残し

こちらは、眠るを抜いてサブ技の地震を持たせたタイプ。技がひとつ違うだけだが、かなり性質が変わる。
↑の型では捨て身タックル1本になるため、どうしても攻撃範囲での障害が生じたが、
こちらはゴーストも岩も鋼も強行突破が狙える。
特に、ゴーストに対しては既述のようにゴースト側がガルーラを突破する手段に乏しいため、
こちらから起点にすることさえ出来る。
鈍い+地震で52ゲンガー確1、55オムスター・バンギラス・54ゴローニャ・52サイドン・52ムウマ確2、フォレトスほぼ4発。
弱点としては、回復出来ないので体力の問題ももちろんあるが、何よりも状態異常に弱いという点。
特に、↑の型では気にならなかったエアームドのどくどくに対してかなり神経質にならなければならないという点に注意したい。
因みにカビゴン同様、サブ技は地震以外に大文字や爆裂パンチなんかも一考の余地はあるだろう。
大文字で50フォレトス超高確率一撃、50エアームド・ハガネール高確率2発、50ゲンガー超高確率4発。
鈍い+爆裂パンチでバンギラス確1、55カビゴン確2、50エアームド中乱数3発。


Lv.55 捨て身タックル/地震/鈍い/眠る@食べ残し

何の変哲も無い、55カビゴンと全く同じ型だが、
素早さが全然違うので全く別キャラとして扱うことが出来る。
素の状態で低レベルのサンダーにまで先制出来るのはかなり美味しい。
これも↑と同様サブ技には選択肢がある。また、短期仕様にするなら道具を薄荷の実にする手も。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/吠える/身代わり@食べ残し

鈍い吠えるガルーラの弱点のひとつとして、どくどく甘えるブラッキーがあるが、それを完全に無効化することが出来る。
他にも大爆発や、ナッシーの補助技読み等、素早い身代わりは有効な使い道が多い。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/メロメロ/眠る@食べ残し

♀で最高個体値を使えるというのも特徴のひとつで、
捨て身タックルの火力をキープしながら♂の行動を止めることが出来る。
性別不明は普通に鈍い+捨て身タックルに弱いポケモンが多い。
これも、眠るの代わりに吠えるにする手もあるが、メロメロとの相性はイマイチか。
また、身代わりと併用してメロみがをする手もある。


Lv.55 恩返し/睨み付ける/身代わり/起死回生@王者の印

地味ながら、みがきしコンボが出来る数少ないポケモンでもある。
身代わりでHPを調整するのが重要なので、食べ残しは持てないし、メイン技も反動のある捨て身タックルは使えない。
威力を重視する場合はメガトンキックという手もある。
問題の最大威力の起死回生の火力については、50カビゴンをギリギリ一撃という程度。
他に55ピクシー、54ポリゴン2、53イノムー、51ルージュラ、50オムスター、50ラプラスあたりを一撃。
鈍いを積まれたら困るし、もう少し硬い鋼や岩も一撃にしたいということで、
サンプルでは睨み付ける(尻尾を振るでも全く同じ)を持たせているが、
ここは地震などのサブ技を持たせたり、メロメロで2連続起死回生を狙えるようにしたり、
同じく鈍い対策の吠えるを持たせたり、身代わりと相性の良い影分身を持たせたりしても良いだろう。
因みに、ノーマル技+起死回生だけでも相性が良いので、みがきしに拘らずこらきしも可。


Lv.55 連続斬り/鈍い/影分身/身代わり@食べ残し

影分身+身代わりで耐久を上げた後に、鈍い+連続斬りで全抜きを狙う型。
ライチュウやカメックス等の影分身+丸くなる+転がると同じような話である。
連続斬りの使い手で、ガルーラのように耐久が安定していて弱点が少ないポケモンは珍しいため、
ガルーラでこのような型を使う必然性は十分にある。
鈍いでは素早さが落ちてしまい、身代わりを使いづらくなるため、代わりに睨み付けるor尻尾を振るにしても良いだろう。


Lv.55 影分身/鈍い/身代わり/眠る@食べ残し

某氏が考案した、闇の世界のガルーラ。
攻撃技が無い?どうやって相手を倒すの?倒せます。攻撃技はちゃんと持っています。そう、悪足掻きです。
身代わりと眠るを使い分けて、相手の攻撃を耐えながら影分身と鈍いを積んで行きます。
1枚残し前提で、出来るだけ早く悪足掻きを発動したいため、影分身や鈍いのPPは増やさなくて良いでしょう。
このような影分身戦術は宿木のタネに弱い場合が多いですが、そこも身代わりで対策が可能です。
積み切ることさえ出来たら恐らく、もう倒されることは無いでしょう。あとは自身のPPが切れるのを待ちます。
PPが切れてからが本番。ここで積んだ鈍いが役に立ちます。攻撃ランクはMAXなので、恐ろしい火力の悪足掻きを打つことが出来ます。
相手も鈍いを積んだりして来たら、受けられてしまうでしょう。
しかしそもそも「受けられる」とは何なんでしょうか?相手はいつまで受け続けることが出来るのでしょう?
相手の眠るのPPは有限です。それに対してこちらの攻撃技「悪足掻き」のPPは無限なのです。
しかも、こちらは鈍いも影分身も積んでいるので、途轍もなく硬い状態です。
そんなガルーラを相手は、どうやって倒すことが出来るのでしょうか?
結果的に鈍いを持った硬いポケモンにも、長期的に見ればPPを切らして勝ちが見込めます。
ただしこの戦術は、攻撃技のPPが無限であることを利用しているため、
それを強制的に有限にされてしまう、ターン制限付きのルールでは幾らか弱体化します。
ターン制限ルールで使用する場合は、ポイントアップを使わずPPを少なくしておいて、
出来るだけ早く悪足掻きモードに入ることがポイントとなるでしょう。
因みにこの型は、初代および金銀で例外系以外全てのポケモンが覚えられるマシン技の組み合わせなので、
初代から存在するポケモンとその進化系ならば誰でも使うことが出来る型なのですが、
素早さと攻撃力、耐久、弱点の少なさと言った点を絶妙に兼ね備えているポケモンの代表例としてガルーラが抜擢されたのでしょう。
他にはケンタロス等も候補です。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 全体的な数値の高さを活かしつつ吠えるでバトン対策
ログ2 … メロみがガルーラ
ログ3 … みがきしガルーラ


〜大体どれにでも通用する対策〜

とにかく鈍い+吠えるコンボの対策を真っ先に考えたい。
一番初めに紹介した眠る型なら、ノーマル技一本なのでゴーストで完封出来るが、
追い打ち持ちのヘルガーやブラッキーが隣で目を光らせている場合が多い。
このような場合、ダブルゴーストや、悪+ガルーラの双方に強い高火力の岩ポケモン等がキラーとなる。
特にこの型のガルーラに対する代表的なキラーは、バンギラス・サイドン・ハガネールあたりである。
バンギラスは受けると同時に砂嵐なり嫌な音なりで潰すことができ、
サイドンやハガネールは圧倒的な遅さのため、鈍いを1回積んだガルーラにも後手を取って吠えることが出来る。
2つ目に紹介したような、地震持ちで眠らないタイプの場合、どくどくエアームドがキラーとなる。
この場合パーティに追い打ち持ちは入っていないことが多いので、選出の段階である程度予想が付く。
エアームドが居ない場合でも、とにかくどくどくを入れて寿命を縮めたり、
麻痺を浴びせてカビゴンで先手を取れるようにしたりするだけでもだいぶ違う。

これらどちらのタイプにも通用する対策は、相手の攻撃力を下げる技と、特殊超火力である。
前者に関しては、甘えるが代表的。こちらの防御を上げても吠えられるだけだが、
相手は居座っているので相手の攻撃力を下げるのが有効である。
とは言っても、素の捨て身タックルをある程度耐えなければ意味が無いので、実質これが出来るのはブラッキーぐらいか。
後者に関しては、やはりサンダーやファイヤーあたりになるだろう。
特殊耐久も高めではあるが、流石にカビゴンを相手するのとは全然違う。
また、居座って来るのでナッシーやフシギバナの宿木のタネも有効な対策のひとつ。
因みに55ガラガラは、鈍いを積んだ55ガルーラに先制することが出来るため、タイマンでは勝てる。


戻る