最終更新日:'12/8/14  最終チェック日:'12/8/14
自己満型サンプル 〜ドードリオ〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

サンダーと同じ素早さから、カビゴンと同じ破壊力の物理技を打てることで有名なポケモン。
…ではあるが、能力的にも属性的にも耐久面がかなり残念なので、しっかりサポートで場を整えた上でエースとして暴れたい。
破壊の遺伝子を持たせるにしても、鈍い+奇跡の実のような使い方をするにしても、
基本的にはケンタロスと似た戦い方と思って良いだろう。
素早さや耐久ではケンタロスに負けているが、攻撃力で勝っているため破壊光線や捨て身タックルはケンタロスより強く、
他にもじたばた、ドリル嘴、のしかかり(カビゴンと同じ)を最高威力で打てるポケモンでもある。
もちろん捨て身タックルもカビゴンと同じ火力で打つことができ、
すなわち爆破や起死回生などの特殊な技を除くと、
これは2000ではガラガラの地震、ヘラクロスのメガホーンに次いで3番目に強い物理技である。
2000のノーマル飛行ポケモンと言えば、どれも使いづらくマイナーなものが多いが、
その中では最も使い道があるポケモンと言えるだろう。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■■□□ 出番の多さ■■■□□□□□□□
複数対決性能■■□□□□□□□□ 使い方の多様性■■□□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■□□□□□□
対その他の一線級■■■□□□□□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌ヘラクロス ナッシー カイリキー フシギバナ
割と有利フォレトス ハピナス
場合によるバンギラス ブラッキー
割と不利サンダー ライコウ ガラガラ カビゴン
天敵エアームド ハガネール マルマイン サンダース


〜防御面〜

55食べ残し5555めざ格50黄金の実
52ライコウの10万ボルト確2確2中乱数1発確1
50ナッシーのサイコキネシス確3確3低確率2発低確率2発
50パルシェンの波乗り低確率3発確3確3確3
バンギラスの岩雪崩確2確2低確率1発微高確率1発
53カビゴンの恩返し確3超低確率2発高確率2発超低確率2発
50カビゴンののしかかり超低確率3発超高確率3発確3超高確率3発
50ヘラクロスのメガホーン乱数5〜6発超高確率4発確4確4


〜技候補〜

捨て身タックル
恩返し
カビゴンと同じ火力というパワフルな属性一致メイン技。
捨て身タックルはじたばたと両立不可なので注意。
ドリル嘴意外と侮れない攻撃範囲を持つ第二の属性一致技。
ノーマルポケモンとして見るとゴーストに自然に打点があるのが強み。
破壊光線ケンタロスのそれよりも強い切り札。破壊の遺伝子型の場合は是非欲しい。
めざ格岩や鋼を意識するとどうしてもコレは欲しくなる。
鋼の翼
めざ地
めざ格と似た攻撃範囲を持つが、やはりめざ格には劣りがち。
ゴッドバード破壊光線にも迫る破壊力を持つ驚異の切り札。
55で破壊の遺伝子と組み合わせれば50フォレトスをも乱数一撃。
のしかかり麻痺による素早さ逆転が何より美味しい技なので、鈍いと組み合わせると良いかも
堪える
じたばた
コレを最強の威力で打てるポケモン。素早さも充分だが、
上にも上は居るのでそこを気にするなら更に高速移動も持たせる?
高速移動よほどのことでない限りコレで技スペースを使うのは勿体な過ぎるので、
やはり、上記のじたばた型限定だろうか。
鈍い素早いので1回積んでもある程度までは先制出来る。吹き飛ばしとの組み合わせてもアリか。
吹き飛ばし鈍いと組み合わせても良いし、サポートとして普通に飛ばし要員として使う手も。
リフレクターサポート用っぽいが、エースでコレを貼って対物理を有利にする手もあるかも。
泥棒コレはサポート用かな。破壊の遺伝子と組み合わせたらそれはそれで面白いが…
黒い霧意外と覚える。サポートで腹太鼓や影分身対策に使えるかも。
眠る鈍いと組み合わせて奇跡の実で回復するような使い方が効果を発揮出来そう。
身代わり素早いので補助技や爆破避け、交代読み等で起点作りとして使える。
トライアタックフシギバナやハガネールを起点にして試行回数を稼げるかも!?
めざ炎破壊の遺伝子を使わない場合の鋼へのささやかな役割破壊。
空を飛ぶ雷でしにます


〜型サンプル〜

Lv.55 捨て身タックル/ドリル嘴/目覚めるパワー格闘/破壊光線@破壊の遺伝子

やはり仮にもカビゴンと同じ火力、サンダーと同じ素早さというのを活かし、
ケンタロスと同じようにサポートの壁や爆破で場を整えてから、破壊の遺伝子で暴れるのが一番だろう。
破壊の遺伝子が発動した状態の捨て身タックルで51ライコウや50めざ飛ガラガラを一撃、等倍で3発かかるポケモンは居ない。
最強のドリル嘴使いでもあり、同条件で50ゲンガーを先制高確率一撃、50フォレトス確2。
第3の技は、やはり岩と鋼を強く意識したいため、めざ格が妥当か。同条件でバンギラス一撃、50サイドン2発。
対鋼を捨てて岩だけを意識するなら、この枠は鋼の翼という選択肢もある。
切り札の破壊光線はケンタロスのそれよりも強く、
51カビゴンを一撃、50ブラッキーを高確率一撃、50スイクンをやや高確率一撃で倒せる。
ここまで破壊的な力を持つことが出来るため、ケンタロスと同じように是非壁+爆破などのサポートと組ませたい。


Lv.55 ドリル嘴/高速移動/堪える/じたばた@奇跡の実

最強のじたばた使いでもある。最高威力のじたばたの火力は、
↑の型で書いた破壊の遺伝子+捨て身タックルで倒せる範囲とほとんど同じ。
ヘラクロスの起死回生の威力には劣るが、素早さと属性的な通りの良さがある。
サンプルでは更に確実に全員に先制出来るようにするための高速移動と、普通に使える通常攻撃としてドリル嘴を持たせた。
毒や麻痺を喰らうと死ぬため道具は奇跡の実にしたが、ピンクのリボンという手もある。
因みにじたばたは初代技マシンである捨て身タックルや身代わり等とは両立不可なので注意。


Lv.55 捨て身タックル/目覚めるパワー格闘/鈍い/吹き飛ばし@食べ残し

耐久が無いポケモンでやることではないかも知れないが、一応鈍い飛ばしが出来る。
素早いので「鈍いを1回積んでも○○に先制」というのを利用すると良いかも。
55ドードリオの場合は鈍い1回で52ナッシーと同速になる。つまり55ガラガラぐらいまでは先制可能。
鈍い+捨て身タックルで55カビゴンを先制2発で倒せる。
サブ技のめざ格はドリル嘴もアリだが、岩や鋼への対抗手段は考えておきたい。
吹き飛ばさずに単に鈍い+眠る+薄荷の実などで使う手もある。


Lv.50 のしかかり/ドリル嘴/リフレクター/泥棒@黄金の実

適当にサポート型にしてみた。これを敢えてドードリオでやる必要があるかは不明だが、
のしかかりを使える鳥というのは意外と貴重。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 破壊の遺伝子ドードリオ
ログ2 … 破壊の遺伝子ドードリオ2
ログ3 … 破壊の遺伝子じたばたドードリオ


〜大体どれにでも通用する対策〜

やはりノーマル飛行というだけあって、エアームドは圧倒的に信頼出来る壁になる。
ろくな特殊攻撃も無く特攻も低いため、貧弱なめざパでしか弱点は突けない。
ただし50エアームドは55ドードリオの破壊の遺伝子+めざ格だと3発程度では落ちるので、タイマンの場合は注意。
破壊の遺伝子の場合は、仮に途中で出て来たらさっさと吹き飛ばしてしまえば後の処理は格段に楽になる。
その他の道具の場合は、単純に火力はその半分となるので、ほぼ普通に受けることが出来るだろう。
フォレトスは飛行技が等倍なので、一番上の型の解説に書いた通りドリル嘴でかなり喰らってしまうので注意。
逆にハガネールは、めざ格で弱点を突かれるとは言え破壊の遺伝子でも高確率で2回は耐えるので足止めは出来る。
ただし当然ハガネール側も攻撃手段が無いと無意味。
その他にはノーマル技と飛行技だけならば色々な岩や鋼ポケモンで受けることが出来る。
逆に飛行技が無い場合ゴーストで完封出来る場合もあるが、いずれにせよ型が分かっていないと安定はしない。
受け以外では、低い特殊耐久を突いて電気技や氷技で釘付けするのも単純に有効。
低レベルの10万ボルトぐらいなら何とか耐えなくもないが、雷だと50ライコウですら一撃で倒せる。
確実に先制出来るサンダースや51以上のライコウは、ノーマル技は痛手となるが、
飛行技などを読んで出すことが出来れば、1回は流すことが出来る。
攻守ともに優秀なのは、岩技を持つ岩や、冷凍ビームを打てるパルシェンあたり。
また、道具が破壊の遺伝子だった場合は状態異常に滅法弱いので、麻痺や眠りで足止めするのはかなり有効。
全体的に物理の力任せなので、リフレクターもかなりの嫌がらせになる。


戻る