最終更新日:'12/12/28  最終チェック日:'12/12/28
我流・個別分析 〜ランターン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

水+電気という、非常に個性的で珍しい属性の組み合わせを持ったポケモン。
実戦でも、その属性を活かした戦術で他の誰にも真似出来ない仕事を展開することが出来る。
水ポケモンとして見ると、電気属性によって電気技で弱点を突かれないため、
電気ポケモンの前でもある程度居座って仕事が出来る上に、
電気技も属性一致で打てるので水ポケモンのミラーマッチで圧倒的有利を取ることが出来るというのが非常に大きい。
また電気ポケモンとして見ると、水属性によって水耐性が付くため、
他の電気ポケモンと違ってかなり安全に水を受けることが出来る上に、
水技も属性一致で打てるため本来天敵である地面に相性を逆転させることが出来るというのが非常に大きい。
また、水技+電気技という組み合わせの攻撃範囲自体も優秀であるため、それだけで一定の活躍は保障されるのである。
キャラ自体の性能としては、電磁波と怪しい光という非常に便利な補助技を使えるため、
サポートをしつつストコンにも繋がる、あやみが電磁波スターミーのような動きをすることが出来る。
また、HPが非常に高いのも特徴で、特に特殊耐久に関してははなかなかの硬さを誇っており、
弱点も少ないため、幅広い相手に対して居座りながら補助技を絡めてジワジワと弱らせるのに向いていると思われる。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■□□□□□ 出番の多さ■■■■■■■■□□
複数対決性能■■■■■■■■□□ 使い方の多様性■■■□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌スターミー パルシェン エアームド スイクン
割と有利バンギラス ファイヤー ハガネール
場合によるライコウ ゲンガー ガラガラ フーディン
割と不利サンダー ナッシー ヘラクロス カイリキー ブラッキー
天敵カビゴン ハピナス


〜防御面〜

55食べ残し5550食べ残し50
55サンダーの雷確3確3中乱数2発超高確率2発
55ライコウの10万ボルト確4中乱数3発超高確率3発確3
50スターミーのサイコキネシス乱数5〜6発低確率4発微低確率4発確4
50ナッシーのサイコキネシス超低確率4発確4確4中乱数3発
52ゲンガーの10万ボルト乱数6〜7発乱数5〜6発乱数5〜6発中乱数4発
50フシギバナの葉っぱカッター超高確率4発確4低確率3発超高確率3発
55ファイヤーのめざ草超低確率3発超高確率3発確3確3
55カビゴンの捨て身タックル確3超低確率2発超高確率2発確2
50カビゴンののしかかり超低確率4発確4確4微高確率3発
50ヘラクロスのメガホーン確3確3微低確率2発高確率2発
バンギラスの岩雪崩確4高確率3発確3確3
バンギラスの噛み砕く乱数5〜6発中乱数4発微高確率率4発確4


〜技候補〜

ハイドロポンプ
波乗り
属性一致技1。電気ポケモンとして見るとコレで地面に強いのが偉い。
スターミーと同様、電磁波との相性も抜群。

10万ボルト
属性一致技2。↑とどちらがメインかは不明。麻痺に関しては電磁波があるので、
10万ボルトの方が人気。↑の水技と併用しやすく攻撃範囲も優秀。
電磁波コレのお陰でサポート性能が高い。↑2つの一致技に次いで重要な技。
怪しい光そこそこの硬さはあるので、コレで色々な相手に居座って嫌がらせが出来る。
雨乞い水技と雷の双方を属性一致で使えるので、必然的にランターンと相性の良い技。
眠るコレを抜いて食べ残し依存にしても強いが、状態異常を気にしたい場合に。
寝言水技+電気技だけでも充分戦えるのであとはコレという手も。
冷凍ビーム2つの属性一致技に隠れた地味な選択肢。3つ持たせてセミフルにするのもアリだが、
電気技との相性が特に良いので水技を抜いて残りをねむねごにしたり。
なお、覚える氷技はコレだけで、凍える風や吹雪は覚えないので注意。
メロメロストコンの一環として怪しい光の代わりに使われることもたまにある。
どくどく電磁波の性能がかなり高いので陰に隠れがちだが、
コレも怪しい光と組み合わせるとなかなか恐ろしいサポート技。
電磁砲電磁波と電気技を一枠に集約させたい時に候補に挙がる。
嫌な音混乱自滅ダメージ追加だけでは用途が狭いので、使うなら物理技も併用したい所。
恩返し
めざ格
嫌な音と併用する物理技候補。前者は水技、後者は電気技と相性が良い。
素の物理火力はかなり低いので注意が必要。
じたばた使うなら電磁波で先手を取れるようにした状態で狙いたい。しかしコレも肝心の威力が…


〜型サンプル〜

Lv.53 波乗り/10万ボルト/電磁波/怪しい光@食べ残し

電磁波+怪しい光のストコンで相手をハメる、ランターンでは最もオーソドックスで強いと思われる型。
似たようなことが出来るあやみがスターミーに対して、
素早さが圧倒的に低いのと身代わりが無いため状態異常に弱いというデメリットがあるが、
能力的にも属性的にも耐久力があるため身代わり無しでもジワジワと粘りながら嫌らしい戦いが出来るというのと、
身代わりが無くて浮いた枠に10万ボルトを入れることが出来るので水もしっかり倒せるというメリットが大きい。
この水技+電気技という組み合わせに強い草ポケモンは、軒並み麻痺に弱いというのも面白い。
カビゴンやハピナスの突破は流石に厳しいので、カビゴンは眠らせて、ハピナスは麻痺を入れてから、
それぞれ突破出来るポケモンを後ろに用意しておきたい。
因みにLv.53というのはバンギラスに先制出来るラインなので、
波乗りの代わりに、そのバンギラスを確2で倒せるハイドロポンプを持たせるのも良い。
また、51までのパルシェンやエアームドにも先制でき、50パルシェンに至っては10万ボルト一撃で倒せる。
55にすると、55シャワーズハッサム、53パルシェンエアームド、51ドーブル、50ニドクインあたりまで先制出来るようになる。
スターミーと違ってサンダーやヘラクロスの攻撃で一撃で倒れてしまうようなことは無いが、
逆に電気タイプのせいで、水ポケモンでありながらガラガラの地震一撃で倒れるためタイマンでは勝てないという点に注意。
怪しい光か電磁波どちらかをメロメロにした型も見たことがあるが、それはランターンでやらなくても良い気はする。


Lv.55 ハイドロポンプ/雷/雨乞い/怪しい光@食べ残し

ハイドロポンプと雷の双方を属性一致で打てる唯一のポケモンなので、雨乞いと併用させるのも自然と個性が出る。
雨乞い+ハイドロポンプで55ガラガラ・55めざ草ファイヤー確1、55カイリキー超高確率2発、55サンダー高確率2発、
52カビゴン確3。バンギラスは確2だが、怪しい光で1回混乱自滅させればそこそこの乱数で一撃になる。
雷で50エアームド確1、50スターミー中乱数一撃、55スイクン・55ドククラゲ確2。
僅かに威力が足りない相手には、怪しい光を絡めて倒したい。
雷の追加効果で麻痺を出せば、↑の型のようなストコンも狙える。
因みに回復は、怪しい光を抜いて眠る+薄荷の実にするという手もある。あまり面白くはないが。


Lv.50 ハイドロポンプ/雷/眠る/寝言@ピントレンズ

これまた水技+電気技の組み合わせの話になるが、この2つだけでも一定の役割は果たせるので、
残りを寝言にしてこうして低レベルでサポートの一環として使うのもアリか。
それぞれ命中を取った波乗りや10万ボルトにしても良いし、
水技の枠は、電気技と更に相性の良い冷凍ビームにするという手もある。
その場合ぜひ寝言で粘って試行回数を稼ぎたい。
また、雷の枠を、更に麻痺率が高くなり電磁波と似た効果を狙える電磁砲にするのもアリか。


Lv.55 波乗り/恩返し/嫌な音/怪しい光@食べ残し

怪しい光と相性の良い嫌な音も覚えるので、ついでにそれを活かせる物理技を持たせたサンプル。
物理攻撃力はあまり無いので主に混乱ダメージの増加がメインにはなるかも知れない。
一応、嫌な音+恩返しで50カビゴンを超高確率3発、50ハピナスを中乱数2発という程度。
また、攻撃範囲をガラッと変えて、波乗りを雷、恩返しをめざ格なんかにするとまた全く違う使い方が出来そう。


〜活躍したログ〜

ログ1 … どくどく怪しい光でカビゴン相手に頑張る
ログ2 … バクフーン受け性能の高さ


戻る