最終更新日:'18/3/19  最終チェック日:'18/3/19
我流・個別分析 〜ゴルダック〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

クロスチョップや捨て身タックルを中心とした、手足を使った物理技を器用にこなせる水ポケモン。
特に水ポケモンとしてはクロスチョップを使える唯一のポケモンであり、
地面・岩・炎ポケモンに対面で圧力をかけたり、スイクン等の水ポケモンを起点にしながら、
カビゴンやハピナス、ブラッキー等の突破をしやすいというのがポイント。
また、得意な補助技として嫌な音と催眠術があり、これらによって更に突破力を増幅させることが出来る。
全体的に素早さが低いポケモンが多い水ポケモンの中ではかなり速い方であり、
その素早さから広範囲の攻撃技と、催眠術や嫌な音と言った素早さを活かせる補助技を打てるのが大きな強み。
種族値はかなり丸く、耐久面もそこまで脆いわけではないため、それなりに場に出しやすさも兼ね備えている。
クロスチョップを始めとした広範囲の攻撃技を使える特殊ポケモンという点と、やや攻撃的な種族値という傾向から、
エレブーやブーバーの水バージョンのようなポジションと言える。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■□□□□ 出番の多さ■■■■■□□□□□
複数対決性能■■■■■□□□□□ 使い方の多様性■■■■■■□□□□
対カビゴン性能■■■■■□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■□□□□□□□
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌バンギラス サイドン ハガネール エアームド
割と有利ガラガラ ブラッキー ファイヤー カイリキー ムウマ パルシェン
場合によるカビゴン スイクン ナッシー フシギバナ ミルタンク
割と不利ゲンガー フーディン スターミー ヘラクロス ケンタロス
天敵ライコウ サンダー ギャラドス ドククラゲ


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55カビゴンの捨て身タックル低確率2発中乱数2発高確率2発確2
50カビゴンののしかかり微高確率4発確4超低確率3発超高確率3発
バンギラスの岩雪崩超低確率3発超高確率3発確3確3
バンギラスの噛み砕く微高確率4発確4超低確率3発超高確率3発
50エアームドのドリル嘴乱数5〜7発超低確率4発超低確率4発超高確率4発
50ヘラクロスのメガホーン確3確3低確率2発確2
50ナッシーのサイコキネシス確4微高確率3発超高確率3発確3
52ゲンガーの10万ボルト低確率2発微高確率2発高確率2発確2


〜技候補〜

ハイドロポンプ
波乗り
属性一致メイン技。実はバンギラスにはクロスチョップよりハイドロポンプの方が効く。
クロスチョップサブ技筆頭候補。ゴルダックの採用理由のひとつ。カビゴンやブラッキー等に。
嫌な音重要な決定力の源。クロスチョップやノーマル技の火力が一気に伸びる。
催眠術エースにもサポートにも。嫌な音と組み合わせて苦手な相手に勝てることも。
冷凍ビーム水技+クロスチョップを止められる草ポケモンに有効。エースでセミフルとしての使い方が主か
捨て身タックル
恩返し
のしかかり
メインの水技と非常に相性の良いノーマル技たち。素の火力は高くないので嫌な音と併用したい。
使うならクロスチョップの代わりか。クロスチョップと両立したい場合は恩返しのみが可能。
のしかかりは、倒しづらいスターミーに麻痺のリスクをかけられるのがポイント。
眠る薄荷or奇跡の実でも良し、低レベルで寝言と併用するのもアリ。
寝言水技+クロスチョップとの併用により低レベルで地面やバンギラス流しを担当出来る。
スイクン等と違ってカビゴンに圧力をかけられるのが何よりのポイント。
どくどくスターミーで受けられやすいためスターミーに毒を入れやすい。
サイコキネシスサブ技候補。弱点を突いても等倍のハイドロポンプと同じダメージなので、
毒・格闘をよっぽど確実に倒したい時や、特防ダウン狙い、ドククラゲ・ニョロボンキラーぐらいか。
爆裂パンチサブ技候補。クロスチョップを差し置いては採用はしにくいが、
捨て身タックル等の初代マシン技を使いたい場合、クロスチョップが両立不可なので代わりに。
めざ電一応水の弱点が突けるがぬるい。スターミーに自己再生で粘られる。ギャラドスキラーか?
めざ蟲スターミーにはめざ電or悪の方が効く。ナッシーやフーディンあたりのキラーにはなる。
身代わり
威張る
メロメロ
水ポケモンとしてはかなり素早い方なので、こういう選択肢も。
ただし、身代わりは肝心のクロスチョップと両立不可なので、
物理技を持たせる場合は捨て身タックルや爆裂パンチで代用することになる。
雨乞い嫌な音やクロスチョップで物理決定力をチラつかせつつ、
この技でメインの水技の火力も上げられると思わぬ決定力になるかも。
光の壁サポート向け。コレを貼れる水ポケモンは、実はかなり限られる。
金縛りスターミーの自己再生を封じて・・・
カウンターカビゴンの鈍い+捨て身タックル、ヘラクロスのメガホーン等を狙えるかも。
これも初代マシン技なのでクロスチョップとは両立不可。
穴を掘る50カビゴン・パルシェン・ナッシーの弱点を突けるため、相手に爆破させやすく、それを避けられるかも。
度忘れ相手のゴルダック対策が「電気による潰し」しか無かった場合、ワンチャン!?
景品ポケモンなので、クロスチョップとも催眠術とも併用出来ないが、初代マシン技とは両立可能。


〜型サンプル〜

Lv.55 ハイドロポンプ/クロスチョップ/冷凍ビーム/嫌な音@奇跡の実

特殊ポケモンでありながらクロスチョップを覚えるという点で、エレブーやブーバーに近い使い方をすることが出来る。
それらに比べて、地面を起点に出来る点や、スイクンなど一部の水ポケモンには後出し出来るというのがポイント。
更に攻撃技を増やしてセミフルにする場合は、前2つの攻撃範囲が通用しない草ポケモンに有効な冷凍ビームが筆頭候補。
エレブーと同様サイコキネシスも覚えるものの、エレブーの冷凍パンチと違って冷凍ビームよりも威力が低く、
また、格闘ポケモンに対しても属性一致のハイドロポンプと同威力となるため、優先度は低い。
エレブーと違ってヨガのポーズは覚えないものの、嫌な音を覚えるためここからクロスチョップの火力を伸ばせる。
ハイドロポンプで50ヘルガー・51イノムー・52ガラガラ・52ドンファン・53ハガネール確1、55ガラガラ中乱数一撃、
54フォレトス・53エアームド・53ゲンガー・52マルマイン・51ムウマ確2、50ミルタンク超高確率2発、
55サンダー・55ライコウ・55カイリキー・55ヘラクロス確3、55食べ残しサンダー高確率3発。
冷凍ビームで55ガラガラ・50黄金の実ナッシー高確率2発、50フシギバナ・50サンダー中乱数2発。
嫌な音+クロスチョップで52ハピナス確1、50ポリゴン2中乱数1発、それ以上の耐久の2倍弱点はレベル問わずほとんど確2、
55エレブー・55サンダース確2、50ライコウ超高確率2発、50シャワーズ中乱数2発、51スイクン確3。
嫌な音2回+クロスチョップで53ブラッキー確1、55カビゴン・55ミルタンク高確率一撃、51スイクン確2、55スターミー確3。
因みにバンギラス・パルシェン・ミルタンクあたりにはクロスチョップよりハイドロポンプの方が効く。
また、同レベルのガラガラはハイドロポンプで中乱数一撃で倒せるため、後出しからでも勝てる可能性があるが、
タイマンとなった場合は外すリスクがあるため、9割を超える確率で2発で倒せる冷凍ビームを撃った方が勝率を確保出来る。
この打ち分けが出来るのは地味に偉いところ。なおハイドロポンプとクロスチョップの命中率は同じ80%である。


Lv.55 ハイドロポンプ/クロスチョップ/嫌な音/催眠術@食べ残し

催眠術を覚えるというのも大きな特徴のひとつで、これで決定力を出して行くことも可能。
更に、55ゴルダックは食べ残しを持たせると55カビゴンの捨て身タックルを高確率で2回耐えるので、タイマンで3回行動出来る。
また、嫌な音をかけたあと鈍いを積んで防御ランクが-1になっているカビゴンをクロスチョップ2発で倒せるため、
普通に命中すれば、カビゴンの食べ残しが無い場合に限れば何とタイマンで勝つことが出来る。
カビゴンが食べ残しを持つとクロスチョップ2発で倒せる確率は65%程度に落ちてしまうが、
その場合カビゴンに薄荷の実が無いということなので催眠術をかけるという択が生まれる。
もちろん、Lv.50で眠るや薄荷の実を持っていない、食べ残し+鈍いのようなカビゴンに対しても催眠術は有効。
食べ残しはこの他に、どくどくを持っていないスイクンを起点にしに行くような時でも役に立つ。
この型だと草ポケモンの突破が難しいが、↑の型と組み合わせて例えば嫌な音を抜いて冷凍ビームを持たせてセミフルにしても良いし、
道具も食べ残しに拘る必要は無い。眠る+奇跡の実にして硬くするのも手。


Lv.55 ハイドロポンプ/捨て身タックル/嫌な音/催眠術@食べ残し

クロスチョップを覚えるからと言ってわざわざ採用する必要も無く、威力の高いノーマル技をサブ技にするのも手。
水+ノーマル技は無差別破壊コンビネーションであり、単純な攻撃範囲で言えばクロスチョップよりも広い。
クロスチョップと違って弱点は突けないが、威力が高いため等倍相手にはより大きなダメージを入れることが出来る。
嫌な音+捨て身タックルで51ナッシー・52サンダー・53カイリキー・54ライコウ・54フシギバナ・55スターミー・55ドククラゲ確2、
50カビゴンやや高確率2発、50ブラッキーやや低確率2発、55食べ残しスイクン高確率3発。
嫌な音2回+捨て身タックルで51マルマイン・53サンダース確1、50スターミー・50ハピナス高確率一撃、
50ヘラクロス中乱数一撃、50フシギバナやや低確率一撃、55カビゴン・55スイクン確2。
例によって催眠術の枠は自由で、眠る+奇跡の実にしたり、攻撃技をもうひとつ増やす手もある。
なお、水技+クロスチョップ+ノーマル技の3つを持たせるのも攻撃範囲的にはアリだが、
初代マシン技である捨て身タックルやのしかかりはクロスチョップと両立不可なので、この場合恩返しを使うことになる。
嫌な音+恩返しで51ヘラクロス・52スターミー・53ハピナス確2、50フシギバナ超高確率2発、50サンダー中乱数2発、
50ナッシーやや低確率2発、50パルシェン・52スイクン・53ブラッキー確3、55カビゴン超高確率3発。


Lv.50 ハイドロポンプ/クロスチョップ/眠る/寝言@ピントレンズ

ゴルダックはLv.50でもバンギラスに先制でき、これら2つの技はどちらもバンギラスを2発で倒せる圧力があり、
バンギラスのあらゆる攻撃を2発は耐えることが出来るため、このようにLv.50で眠る+寝言で対バンギラスの誤魔化しが出来る。
バンギラスが食べ残しを持っていてもほとんど確定2発なのは大きい。
当然、他の水ポケモンと違ってクロスチョップで後ろのカビゴンやハピナスにも圧力がかかるのがポイント。
爆裂パンチや地震で、オーダイルやニョロボンでも同じようなことが出来るが、
ゴルダックは単純にそれらより特攻が高く、また対ノーマル性能としてもクロスチョップが一段上だろう。
もちろん、バンギラス以外にもエアームドやハガネール、ブラッキー等も起点に出来る。
因みにクロスチョップの代わりに、眠りながら麻痺を撒けるのしかかりにするのもアリかも知れない。
この場合、クロスチョップ型をガン受けされてしまうナッシーやフシギバナ、スターミー等にもリスクをかけられる。


Lv.50 ハイドロポンプ/クロスチョップ/催眠術/光の壁@黄金の実

地味に、光の壁を覚えることが出来る。リフレクターは覚えない。
水ポケモンで光の壁を覚えるポケモンはなかなかレアで、ゴルダックの他にスターミーとマリルリしか存在しない。
寝言と違ってこのように器用なサポートとして使うことも出来る。


Lv.55 波乗り/催眠術/威張る/身代わり@食べ残し

そこそこの素早さと特攻で、いばみが+催眠術という戦術が出来るため一応紹介。
これより速い水ポケモンとしてニョロゾが存在するが、素早さ以外の全ての種族値で上回っている。
寝言で粘って来る相手も、目覚めたターンに混乱自滅すれば、次のターンにこちらから催眠術をかける拓が生まれる。
催眠術の代わりに嫌な音にして、混乱自滅ダメージを増やせるようにするのもアリ。
クロスチョップは身代わりとは両立不可。物理技を持たせるならノーマル技か、爆裂パンチあたりになるだろう。


Lv.50 花びらの舞/穴を掘る/連続斬り/嫌な音@破壊の遺伝子

解説拒否



〜活躍したログ〜

ログ1 … フルアタゴルダック無双
ログ2 … フルアタゴルダック無双2
ログ3 … 冷凍ビームの強さ
ログ4 … 冷凍ビームの強さ2


〜大体どれにでも通用する対策〜

上記の通り多くの場合スターミーで止まるが、のしかかりや催眠術には注意。
嫌な音が無い場合、スイクンなど物理耐久の高い水ポケモンでも受かりやすい。
冷凍ビームが無い場合はナッシーやフシギバナ等の草で。このあたりはクロスチョップに強いのも良い。
また、耐久力は決して高くないのでライコウやサンダーで先手で捻り潰しに行くのも有効な対策。
寝言ならば催眠術対策にもなる。


戻る