最終更新日:'16/5/29  最終チェック日:'16/5/29
我流・個別分析 〜ドンファン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

バンギラスやサイドン等と並んで、HP・攻撃・防御種族値にウェイトを置いているポケモン。
しかし岩タイプを持っていない影響で、弱点・耐性ともにそれらのポケモンと比べるとかなり少ないのが特徴的。
それゆえ属性を活かしてキッチリと止められるような受け役割は少ないが、その代わり物理弱点をひとつも持たないお陰で、
かなり幅広い物理ポケモンに対して高い流し(誤魔化し)性能を持っているのが特筆すべき魅力と言えよう。
その中でも特に、ノーマルや地面技への耐性を持たずしてカビゴンとガラガラに強いというのが特異的。
耐性を利用した受けはサブ技の役割破壊で崩壊してしまうことが多々あるが、
このドンファンは属性関係無く「高い物理耐久」で受けることが出来るため、そのような役割破壊にも動じないのが強み。
また、仮にも地面ポケモンであるためライコウ、サンダース等の純電気ポケモンにはもちろん強く、
ガラガラ+純電気ポケモンの双方に強いという貴重な存在でもある。
技としては、配布タマゴ技ではあるがアンコールが大きな特徴で、物理ポケモンでこれを出来るのが貴重。
受け役割を持ちにくいガラガラや、複合属性を利用しているハガネール等と違って、
「電気技が無効」「物理弱点を持たない」という地面タイプの良さを最も引き出せているポケモンなのではないだろうか。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■■□□ 出番の多さ■■■■■■■■■□
複数対決性能■■■■■■■□□□ 使い方の多様性■■■■■□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■■■■ 不利な相手への対抗力■■□□□□□□□□
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■■■□□□


〜優劣関係〜

格好の餌カビゴン サンダース マルマイン サイドン ガラガラ ミルタンク ベトベトン
割と有利ライコウ ゲンガー ムウマ カイリキー ケンタロス ハガネール
場合によるバンギラス ヘラクロス
割と不利パルシェン スターミー ファイヤー ナッシー フシギバナ ポリゴン2
天敵サンダー エアームド ギャラドス スイクン


〜防御面〜

55食べ残し5553食べ残し50食べ残し
55カビゴンの捨て身タックル低確率3発超高確率3発高確率3発確3
55めざ蟲ガラガラの地震確3超低確率2発低確率2発確2
55めざ霊カイリキーのクロスチョップ確4中乱数3発超低確率3発超高確率3発
50ヘラクロスのメガホーン確4低確率3発超低確率3発超高確率3発
バンギラスの地震乱数6〜7発確5乱数5〜6発超低確率4発
バンギラスの冷凍ビーム微低確率2発高確率2発超高確率2発確2
55サンダーのめざ氷確3超低確率2発低確率2発超高確率2発


〜技候補〜

地震属性一致メイン技。決定力のためにほぼ必須と思って良いだろう。
捨て身タックル威力、地震との相性、共に優れた優秀なサブ技。エースの場合は是非欲しい。
のしかかり麻痺狙い重視ということでサポート用。残念ながらアンコールとの両立は不可
めざ岩
原始の力
言わずと知れた地面技の最強とも言える相棒。岩雪崩は覚えないので代わりにどちらかを。
アンコールイベントで配布されたタマゴ限定の技なので、最高個体値でコレを使うのは非現実的だが、
皮肉なことにドンファンの株を著しく上げているのがこの技である。
カビゴンやガラガラにかなり強いポケモンと言えるのはこれのお陰でもある。
どくどく地震ともアンコールとも相性は抜群。カビゴンやガラガラへの圧力も。
鈍い鈍いを積んで来るカビゴンに対するアンコール以外の対処法。エースで火力を出すことも可能
吠える鈍いと組み合わせて鈍い吠える、もしくは昆布として使うことも出来る
眠る
寝言
ガン受けではなくあくまで誤魔化しキャラなので、眠るなら寝言もセットで欲しいかも。
攻撃範囲的には地震+ノーマル技の2つだけでそれなりに戦える。
砂嵐どくどくの代わりにこれでも面白そう。地震や吠えるとの相性も良い
守る食べ残し持ちでどくどくや砂嵐と併用することで攻守ともに大幅に性能アップ。
高速スピン流石にパルシェンに弱過ぎて向かないかも。対フォレトス専用なら可
めざ電ただの変態役割破壊。50パルシェン高確率2発、50エアームド確3。
それぐらいだが、エアームドを楽に突破出来るのは侮れない。
堪える
じたばた
一応こんなことも出来るが、素早さが・・・
鳴き声物理誤魔化し性能が更にアップ。しかし技枠足りない疑惑。。


〜型サンプル〜

Lv.50 地震/アンコール/どくどく/守る@食べ残し

自慢のアンコールを、どくどく+守ると絡めたサポート型。
概論に書いたような誤魔化し性能を、これらの組み合わせにより最大限に活かすことが出来る。
Lv.50でありながら、55カビゴン、55ライコウ、52以下のガラガラの全てにタイマンで勝てる貴重な存在(詳しくはこちら参照)。
眠るを持たないパルシェンに対してもかなり抵抗が出来て、
どくどく+守るで弱らせ、撒き菱やリフレクター等には後攻アンコールを決め、大爆発を守ることすら狙える。
飛行ポケモンにはどくどくを打つことぐらいしか出来ないので注意。
ライコウやサンダーと言った電気ポケモンの隣で使うと動きやすい。


Lv.55 地震/捨て身タックル/鈍い/アンコール@食べ残し

鈍いで物理決定力を出すエース型。
攻撃種族値は120あるので、ガラガラ、カラカラ、サイドンに次いで4番目に高い火力の地震を打つことが出来る。
サブ技にノーマル技を持って来るのは珍しいが、地面技が効きづらい相手に軒並み安定したダメージを与えることが出来る。
鈍い+地震で54フーディン・53オムスター・51ゴローニャ確1、50サイドン高確率一撃、
50スイクン・50フォレトス確2、55カビゴン高確率2発。
鈍い+捨て身タックルで55ヘラクロス・52めざ氷サンダー・50ナッシー・50ファイヤー確2。
また、物理耐久もこのレベルならLv.53サイドンと同じぐらい高く、
食べ残しによって55カビゴンの捨て身タックルを高確率で3回耐えたり、55ガラガラの地震を確定で2回耐えたり、
55ケンタロスの破壊の遺伝子+破壊光線も確定で耐えたりと凄まじい耐久力を発揮する。
鈍いカビゴンには鈍いを合わせに行くだけで良いが、
アンコールを持っているお陰で完全に詰ませることが出来るばかりか、腹太鼓にまで対応出来るのが特筆すべき点。
また、ガラガラには剣の舞+地震をされると食べ残しの恩恵を受けないため乱数で一撃となってしまうが、
そのような場合にもアンコールで詰ませることが出来る。このレベルなら55ガラガラにも先制出来るという点もポイントのひとつだ。
この他、破壊の遺伝子ケンタロスや、鈍いミルタンク等にも有利を取ることができ、
物理ヒエラルキーの頂点に立っていると言っても過言ではない。
因みにサブ技は、飛行を意識する場合めざ岩も候補。鈍い+めざ岩で55サンダーを確2というのが大きい。
この他、同条件で55めざ草ファイヤー確1、カイリューやや高確率2発、50エアームド確4。
ただしこの場合耐久が落ち、肝心な対カビゴン・ガラガラ性能がやや落ちるという点に要注意。
この他、ピンポイントではあるが非常に環境に多い50ナッシーを刺すために、めざ蟲を持たせる型もある。
これもまた素早さが活きていて、Lv.55なら52までのナッシーに先制でき、その上で地震+めざ蟲で倒すことが出来る。
また、アンコールや鈍いはどちらか片方でも十分戦えるため眠るで回復出来るようにする手もある。


Lv.55 地震/捨て身タックル/鈍い/吠える@食べ残し

↑の型のアンコールが吠えるになっただけだが、性能は結構変わる。
こちらはカビゴンに対して鈍い+吠えるを決めることが出来るのと、撒き菱を絡めれば昆布を狙えるという点、
それから電磁砲一本の滅び型ムウマやゲンガーを起点にすることが出来るという点が主なメリット。
パルシェンとは得意な相手が被っているため、パルシェンと組ませて昆布を狙いつつ、
大爆発で間接役割破壊を狙うことが出来るというのが面白い。
また、レベルを54に落として51ライコウと一緒に組ませ、
ドンファンが苦手な水や飛行ポケモンを起点にしてライコウが昆布を狙うという線もある。
なおレベルは、55ガラガラや50ナッシー等に先制出来るようになるLv.53というのもひとつのライン。


Lv.55 地震/砂嵐/どくどく/守る@食べ残し

どくどく+守るの他に砂嵐+守るもひとつ。別に砂嵐があるならどくどくは抜いても良いし、レベルも55じゃなくて良いですが。
どくどくとの違いは、眠っている飛行ポケモンなんかにもささやかな抵抗が出来るという所でしょうか。
砂嵐抵抗のうち岩と鋼は地震に弱いんで、この2つも相性良いです。エアームドで止まります


Lv.50 地震/のしかかり/鈍い/眠る@薄荷の実

のしかかりを覚えるというのも大きなポイント。3割麻痺は伊達じゃない!
ただしアンコールとは両立不可なので気を付けて。地震+のしかかり+寝言とかでも全然機能するかも知れませんね


〜活躍したログ〜

ログ1 … カビゴンを受けて周りを崩す
ログ2 … カビゴンを受けて周りを崩す2
ログ3 … カビゴンを受けて周りを崩す3
ログ4 … キルパを壊滅させる
ログ5 … ロックバトンと組み合わせて相手を完封
ログ6 … どくどく守るアンコールドンファンを知らないとこうなる
ログ7 … カイリキー受け55ドンファン


〜大体どれにでも通用する対策〜

他の地面ポケモンとは少し違い、水よりも飛行が対策になることが多い。特に一番上の型なんかは。
捨て身タックルの所有率はレベルが高くなるほど大きくなると思います。Lv.55は持ってることが多い。
地震+捨て身タックルの両方に強いエアームドは、頭一つ抜けた完璧なドンファン受けだと思います。
ただしドンファンに眠るがあった場合、倒すことも出来ないため気を付けて下さい
その他の飛行ポケモンで受ける場合、めざ岩には注意。HPで分かるので確認しましょう
出来れば効果抜群で良いダメージを与えられる高レベサンダーやギャラドスあたりが望ましい。
飛行が良いと言いましたが、スイクンぐらい物理耐久のあるポケモンなら信用してもいいでしょう。
ナッシーは既述の通りLv.52以下だと55ドンファンに先制されるのでキツいです
ただ状態異常には弱いことが多いんで眠り粉や痺れ粉がかなりの圧力にはなりますね。
もっと早いメガニウムとかはかなり安定すると思います。リフレクターなり葉っぱカッターなりで。
スターミーは地震2発とか自己再生をアンコールとかどくどくとかあるんでオススメしません
パルシェンは高レベルドンファンの対策にはなりますが低レベルは毒を入れられるので眠るが無いとマズいです。
ドンファンは寝言でも無い限りどのレベルでも状態異常に弱いことが多いですが、
補助技を使う際には常にアンコールの存在を忘れないこと。


戻る