最終更新日:'14/7/12  最終チェック日:'14/7/12
我流・個別分析 〜ヤドキング〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

ヤドンからの分岐進化として金銀から登場したポケモン。
しかしその実、ニョロトノやキレイハナとは違って属性はヤドランと同じで、種族値は防御と特防の80と110を入れ換えただけ、
そして技も特別に与えられたものは特に無しという有様で、ヤドランと非常に使い分けが難しい。
強いて言うなら、属性的に地面や岩、格闘を相手にしたいのと、対カビゴンで活きる防御力の高いヤドランが選ばれる方が多い。
では逆にヤドキングは、どのような場面でその僅かな特殊耐久の高さを活かすことが出来るのかを考える必要がある。
細かい計算結果は、型サンプルの解説に載せたため参照して欲しい。
炎、水、氷、エスパーと特殊耐性も広いため、そのあたりの受けとして起用するなら当然特殊耐久の高いヤドキングの方が適任となり、
無理に差別化など考える必要も無いだろう。
因みにその特殊耐久は、2000ではエスパーの中ではソーナンスに次いで2位、水の中では5位という高さを誇る。
対フーディン、ルージュラ、炎ポケモン等では真価が発揮出来るかも知れない。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■□□□□□ 出番の多さ■■■■■■■■□□
複数対決性能■■■■■■■■■□ 使い方の多様性■■■■■■■■■□
対カビゴン性能■■■■□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■□□
対その他の一線級■■■■■■□□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌フーディン ルージュラ パルシェン エアームド ハガネール
割と有利カイリキー ゲンガー ナッシー ファイヤー スイクン スターミー リザードン
場合によるカビゴン ガラガラ フシギバナ バンギラス ハピナス
割と不利ヘラクロス マルマイン ムウマ ブラッキー ポリゴン2 ガルーラ ケンタロス
天敵サンダー ライコウ


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55サンダーの雷確2確2微低確率1発微低確率1発
55ゲンガーの10万ボルト確3確3低確率2発超高確率2発
50ハピナスの雷確4低確率3発高確率3発確3
55フーディンの雷パンチ低確率3発超高確率3発確3確3
55フーディンのサイコキネシス乱数9〜11発乱数6〜7発乱数6〜7発乱数5〜6発
50フーディンのサイコキネシス乱数11〜15発乱数7〜9発乱数7〜8発乱数6〜7発
55ファイヤーのめざ草超高確率4発超低確率3発中乱数3発確3
バンギラスの噛み砕く確3確3低確率2発確2
バンギラスの岩雪崩確4低確率3発微高確率3発確3
55カビゴンの捨て身タックル確3確3低確率2発超高確率2発
50カビゴンののしかかり乱数5〜6発超高確率4発確4低確率3発
55カイリキーのめざ霊超高確率3発確3超低確率2発低確率2発


〜技候補〜

波乗りヤドラン参照
サイコキネシスヤドラン参照
爆裂パンチヤドラン参照
電磁波ヤドラン参照
電磁砲ヤドラン参照
眠るヤドラン参照
鈍いヤドランと違って特殊耐久が高く物理耐久がそこまで高くないため、この技はヤドキングにマッチしている。
リフレクターヤドラン参照
大文字
火炎放射
ヤドラン参照
地震ヤドラン参照
シャドーボールサブ技候補。エスパーを受ける機会がヤドラン以上にありそうなので。
冷凍ビーム
吹雪
ヤドラン参照
神秘の守りヤドランよりも特殊ポケモンを受けることが多いため、コレの使い道は広いかも。
腹太鼓ヤドラン参照
捨て身タックル
恩返し
ヤドラン参照
アイアンテールヤドラン参照
悪夢ヤドラン参照
凍える風ヤドラン参照
寝言ヤドラン参照
どくどくヤドラン参照
雨乞いヤドラン参照
日本晴れヤドラン参照
度忘れこれ以上特防上げても・・・うん。
渦潮唯一ヤドランが覚えない技。しかし使い所が難しい
金縛り一応渦潮とのコンボが可能。うーむ(◠‿◠)
地割れ一撃アリ用。ヤドラン参照


〜型サンプル〜

Lv.50 波乗り/爆裂パンチ/電磁波/眠る@薄荷の実

概要に書いたように、僅かな種族値の差以外はほとんどヤドランと同じであるため、
使える型もこのようにほとんどヤドランの型サンプルに書いたものと同じになる。
Lv.50ヤドキングの特殊耐久面で、50ヤドランと違う点は例えば、
55サンダーの雷を高めの確率で耐える点、55フーディンの雷パンチを2発耐える点、50ナッシーのめざ草を高確率で2発耐える点。
これらを活かせた時、「ヤドキングである意義を見出せた」と言える。
もちろん、初めから例えば「フーディンと炎に繰り出して電磁波を撒きつつ爆裂パンチでカビゴンに打点が欲しい」というような条件なら、
寧ろ特殊耐久のあるヤドキングが最も適任ということになる。


Lv.55 捨て身タックル/電磁波/鈍い/眠る@食べ残し

特殊耐久が高い分、ヤドランに比べると鈍いと相性が良いというのは見逃せない点。
面白いのは、Lv.55で食べ残しまで持たせることによってその特殊耐久はかなりものになり、
55フーディンのサイコキネシスが実に乱数9〜11発、50フーディンだと乱数11〜15発となる。
フーディン側はサブ技に雷パンチやめざ悪でも持っていなければ、途方も無いターン数かけないとヤドキングを倒せない。
そこで、ヤドキングはフーディンの前だろうが堂々と鈍いを積むという選択肢が生まれる。
アンコールされれば当然身動きが取れなくなるが、ヤドキングが倒される前に鈍いのPPが切れ、
アンコールを解除した上で捨て身タックルで反撃に移るという芸当が可能なのである。
これはヤドランの特殊耐久ではとても真似出来ない。
この他にもLv.55食べ残しなら50ハピナスの雷でヤドランは超高確率3発だが、ヤドキングは確4になったりと、
中途半端な火力の特殊技に対してならヤドランと大きく差別化を図れる可能性がある。
本当は波乗りも欲しい所だが、技スペースが足りない。電磁波+鈍いのコンボは捨てがたいので、抜くとしたら眠るだろうか。


Lv.55 波乗り/サイコキネシス/爆裂パンチ/電磁波@食べ残し

55ヤドキングの55ヤドランとの差別化のひとつとして、バンギラスの噛み砕くを2発耐えるというのもある。
これによって、後攻の波乗りによりバンギラスにタイマンで勝つことが出来る。
また、直接波乗りで殴る以外に電磁波をかけるのも非常に有効であり、
他にバンギラスの隣に居ることが多いフシギバナにはサイコキネシス、ハピナスや低レベルのカビゴンには爆裂パンチが刺さり、
エスパーポケモンとして見ると珍しくバンギラスを含む組み合わせに強くなれる可能性を秘めている。


Lv.50 サイコキネシス/シャドーボール/眠る/寝言@ピントレンズ

水やエスパー受けとして信頼出来るため、このような使い方もアリか。このような役割だとやはりヤドランよりヤドキングの方が適任。
特にエスパーはフーディン、スターミー、ナッシーと幅広いタイプの相手をすることになるため、
全員の弱点を突けるシャドーボールは持っておきたい。
サイコキネシスの枠は他でも良いが、水受けをするなら波乗りだと泥仕合になってしまう。


Lv.50 サイコキネシス/渦潮/金縛り/眠る@薄荷の実

あまり知られていないと思うが、実はヤドランが使えずヤドキングだけが使えるという技が、たったひとつだけある。
何故だか分からないが、それは渦潮である。よってこれを持つことで、能力値以外でヤドランとの差別化が可能になる。
ただ、滅びの歌などを使えるわけでもないため、どう利用して良いかは不明である。
一応、相手がチェンジ出来ない場合に有効となる技として、悪夢や夢喰い、金縛りあたりは覚えるが…。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55鈍い電磁波ヤドキング
ログ2 … 55鈍い電磁波ヤドキング2
ログ3 … 50電磁波リフレクターサポート
ログ4 … 50電磁波リフレクターサポート2


〜大体どれにでも通用する対策〜

ヤドランのページ見といて下さい


戻る