最終更新日:'15/1/22  最終チェック日:'15/1/22
我流・個別分析 〜カイロス〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

赤緑時代でライバルだったストライクにはハッサムというメジャーポケモンに進化され、
金銀で新たにライバルとなったヘラクロスは強力なメガホーンと優秀な耐性のため一躍メジャーとなった一方、
ハサミギロチンを封印された一撃無しルールではそれらに比べてイマイチ輝かしい特長が無い不遇なポケモン。
しかし要所要所では勝っている点も多い。まず純粋な蟲タイプという属性が、最終進化形態では唯一である。
これによる格闘と地面耐性というのは地味に嬉しく、岩や飛行のサブ技を止められないという短所はあるものの、
他のメジャーな蟲ポケモンであるハッサムやヘラクロスと比べると4倍弱点を持たないというのはひとつのポイント。
これによって一撃で倒されてしまう(いわゆる「出オチ」)ということがほとんど無く、
それでいてヘラクロスと同じだけの素早さも兼ね備えているので、
居座って剣の舞で火力を出すタイプのポケモンとしてはそれは非常に重要なことである。
ヘラクロスと比較されることがたまにあるが、攻撃手段がそもそも剣の舞+ノーマル技なので全く別であり、
その点で考えると寧ろハッサムの方がライバルであるが、素早さの差というのは非常に大きい。
地獄車という優秀なサブ技も覚えるため、完全な受けはほとんど不可能と言えるので、
サポートをきっちりしてやれば活躍させることは全然難しくないポケモンである。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■□□□□□ 出番の多さ■■■■□□□□□□
複数対決性能■■■■■■□□□□ 使い方の多様性■■■□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■□□
対その他の一線級■■□□□□□□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌フシギバナ パルシェン バンギラス ブラッキー カイリキー ニドクイン イノムー
割と有利カビゴン スイクン ハピナス ハガネール
場合によるナッシー フーディン スターミー ムウマ ヘラクロス ゲンガー
割と不利ファイヤー ライコウ サイドン リザードン ケンタロス
天敵エアームド サンダー プテラ


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55ライコウの10万ボルト確3超低確率2発低確率2発確2
52サンダーの10万ボルト確3確3低確率2発高確率2発
50ゲンガーの炎のパンチ確3確3超低確率2発確2
50パルシェンの冷凍ビーム確4低確率3発微低確率3発確3
50スターミーの波乗り低確率3発超高確率3発確3確3
50エアームドのドリル嘴確3確3低確率2発高確率2発
55カビゴンの捨て身タックル確3超低確率2発超低確率2発確2
50カビゴンののしかかり超低確率4発確4確4微低確率3発
55カイリキーのクロスチョップ乱数6〜7発乱数5〜6発乱数5〜6発高確率4発
55めざ霊カイリキーの岩雪崩確3確3低確率2発高確率2発
50ヘラクロスのメガホーン確3確3低確率2発微高確率2発
55ガラガラの地震超高確率4発超低確率3発低確率3発確3


〜技候補〜

捨て身タックル
恩返し
のしかかり
まともな属性一致技が無いため、カイリューやハッサム等と同じく、
無難にノーマル技がメイン技となることが多い。
大抵の場合は火力が欲しいので上2つのどちらかだろう。
剣の舞決定力の源で、ほぼ必須技。これのお陰で完全な受けが存在しない
地獄車サブ技筆頭候補。ノーマルのメイン技と相性がよく、当然めざ格より強い他、
別の目覚めるパワーと両立出来るという密かな長所もある。
めざ霊サブ技候補。上記2つの穴であるゴーストを倒しやすくなる。
めざ岩サブ技候補。苦手な飛行に強くなる。ファイヤーやリザードンを意識したい時に。
めざ蟲ノーマル技との相性は悪いので、使うならコレをメイン技にして攻撃範囲をガラッと換える方向か
めざ飛一部の格闘に対して受け役割を持てるということで、圧力もかける、ヘラクロスのような使い方
眠る反動技が多いので、何かと体力は気になることが多い。
寝言型サンプルのようにコレと剣の舞を併用した型もワンチャンあるかも。
守る眠るの代わりにコレ+食べ残しで回復する手もある。
切り裂く完全に急所を狙った技。もちろん剣の舞と併用で効果倍増。
気合溜め切り裂くの急所率を更に上げる。使う暇があるかどうかは知らない
堪える
じたばた
剣の舞とコレを併用出来るポケモンとしては攻撃力も素早さも最強。
同様に起死回生が出来るハッサムよりも速く、ストライクよりも攻撃力がある。
鈍い速度がある剣の舞の方が便利だが、こちらは防御も上がるという利点がある。
1回積んでも55カビゴンや、レベルが4程度下のガラガラに先制出来る。
泥棒これは低レベルで荒らす用の技か。
締め付ける一応コレで束縛が出来る。問題は束縛してからどうするかだが。
ハサミギロチン一撃アリ用。元々剣の舞で火力を出せるポケモンなので恩恵は微妙かも?


〜型サンプル〜

Lv.55 捨て身タックル/地獄車/剣の舞/眠る@奇跡の実

ヘラクロスと同じ素早さから、ハッサムに迫る火力の剣の舞+捨て身タックル、
更にはそれと相性の良い格闘技を、めざ格よりも威力の高い地獄車で使えるというのが最大の強み。
剣の舞+捨て身タックルで55カビゴンや52スイクンを確2、
剣の舞+地獄車でバンギラス一撃、50ポリゴン2高確率一撃、
55ブラッキー・52黄金の実パルシェン・51食べ残しハガネール確2、
更に特筆すべきは52エアームドや52フォレトスでも確3なので受け続けることが不可能という点。
その上今名前を上げた面々全員に先制することが出来る。これが素早い剣の舞使いの恐ろしい所である。
耐久面に関しては50エアームドのドリル嘴をギリギリ2発耐えるのだが、反動が常に付き纏うので計算の際は注意。
明確な受け役割は持てないが、ハッサムやヘラクロスといった他のメジャーな蟲と違って致命的な4倍弱点を持たないため、
相手によっては何も出来ずに引かなければならないという場面が少ないのも強みのひとつ。
ゴーストタイプは追い打ち等で対策しておきたい。


Lv.55 捨て身タックル/地獄車/目覚めるパワー霊/剣の舞@奇跡の実

眠るを抜いて攻撃範囲を広げた型。
3つ目の攻撃技は幾つか選択肢があるが、サンプルのめざ霊ではここまでの2つの技で無抵抗なゴーストに強くなることが出来る。
特にムウマに対しては、同レベル以外は先制した上で2発(剣の舞で一撃)で倒せるため、後出しから起点に出来ることすらある。
また50スターミーに対しても、剣の舞+めざ霊で高確率一撃なのが大きい。
他にはめざ岩なんかも候補のひとつ。素のめざ岩で55サンダーが確3だったり剣の舞+めざ岩で52ゲンガー・ムウマが確2である他、
52までのファイヤーには先制出来て剣の舞+めざ岩で一撃なので、低レベルのファイヤーに後出しを許さない。
しかもファイヤーの技が大文字でなく火炎放射の場合は1発耐えるので、そうなるとタイマンですら勝つことが出来る。
回復ソースが無いと流石に反動が痛いため、メイン技は反動の無い恩返しも大アリ。
めざ岩型は某氏がお気に入りで、なかなか高く評価している。こちらこちら参照。
なおめざ霊とめざ岩はどちらも減るHPが同じなので、この2つは判別出来ないのが憎い。


Lv.55 恩返し/目覚めるパワー岩/剣の舞/守る@食べ残し

カイロスガチ勢の彼に訊いてみましょう
守る+食べ残しによって色々と硬くなっているのが面白い。反動も無いので50エアームドのドリル嘴は2回耐える。
剣の舞+めざ岩でも50エアームドは確3で、守る+食べ残し回復を利用すれば50めざ飛ギャラドスにもタイマンで勝てる。
ハッサムでも出来る型だが、大事なのはやはり素早さ。


Lv.50 のしかかり/剣の舞/眠る/寝言@ピントレンズ

よく分からないけど地味に低レベルで裏決定力として機能出来る瞬間があるかも知れない。
状態異常や地面・格闘技あたりを狙って出したい。


Lv.55 剣の舞/目覚めるパワー格闘/堪える/じたばた@奇跡の実

ストライクやハッサムの剣の舞+こらきしと同様、剣の舞+こらじたが使える。
ハッサムに比べると火力で、ストライクに比べると素早さで劣るものの、
起死回生でなくノーマル技のじたばたなので、攻撃範囲という点で優れている。
剣の舞+最大威力のじたばたで55カビゴンや54ブラッキー、52スイクン、50パルシェンあたりを一撃。
水玉リボンを持たせれば55スイクンや53パルシェンまで倒せるようになる。
問題はじたばた以外の技で、地獄車は反動があるのでHP1の状態では使えないので、仕方なくめざ格で代用する。
これで剣の舞+めざ格でバンギラス一撃、50ハガネール高確率2発なのでノーマル耐性にはそれなりに対応出来るようになり、
幸いめざ格で攻撃個体値が下がっても上記の55カビゴン等は全員一撃据え置きなので影響は出ない。
あとは幾らカイロスが早めだからと言ってもこれを超えるポケモンが必ずパーティに1〜2匹程度は居ると思うので、
如何にそのポケモンに先制でトドメを刺されない状況を作るかをサポメンで工夫したい。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55めざ霊セミフルカイロス
ログ2 … 55めざ霊セミフルカイロス2
ログ3 … 55めざ霊セミフルカイロス3
ログ4 … 55めざ霊セミフルカイロス4
ログ5 … 55めざ霊セミフルカイロス5


〜大体どれにでも通用する対策〜

初めに書いたようにエアームドですら剣の舞+地獄車で突破されるので完全な受けは存在しない。
特殊耐久は低め(エアームドと同じ)というのと、明確な受け役割が無いので釘付けしやすいという所を突きたい。
圧力も含めてそれなりに流せるポケモンを挙げると、エアームド、サンダー、高レベルファイヤー、ゲンガー等。
めざ霊orめざ岩を持っているかどうかはHPから分かるので必ず確認しておきたい。
これらが無ければゴーストで完封出来る可能性があるほか、ファイヤーやリザードンも比較的安心して出せる。
剣の舞+岩雪崩orめざ飛で2発でカイロスを倒せるガラガラは、タイマンでなら勝つことが出来る。
少しテクいことを言うと、捨て身タックルや地獄車と言った反動技を使うことが多いため、
カビゴンやスイクン等HPの高いポケモンを壁にしてその反動を利用して倒すという方法も無くはない。
また、もし食べ残しを持っていたならば眠るが無い可能性が高いので、状態異常を入れるのも有効。
そうでない場合は奇跡の実を持っている可能性が高いので、2ターン猶予が取れる状況が欲しい。
例えばフシギバナでも完全対面からは2ターン動けるので、眠り粉を2連命中すれば足止めすることが出来る。


戻る