最終更新日:'12/4/11  最終チェック日:'12/4/11
我流・個別分析 〜ハッサム〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

自身の高い攻撃力と多彩なサポート技を兼ね備え、殴っても良し、味方に繋いでも良しという器用なポケモン。
強力な属性一致技を覚えないのが残念だが、剣の舞のお陰で物理決定力は一流。
更にその攻撃力をバトンタッチにより継承することも出来るため、
吠えるや黒い霧と言った対策が無い相手には3タテのチャンスを作り出すことが出来る。
逆に言えば、見せ合いの時点でそのような技を持ったポケモンを選出させる力が強いということでもある。
光の壁や神秘の守りといった壁技も使いこなすことができ、このあたりのサポート技を駆使した蟲ポケモンらしい戦い方が出来る。
炎技ただひとつしか弱点を持たないというのも特徴的で、相手にすると1発や2発で捻じ込むのはなかなか難しいポケモン。
その絶妙な耐久を活かして積み技や壁技をセットし、パーティ全体の攻撃力・耐久力の向上に貢献させたい。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■■□□ 出番の多さ■■■■■■□□□□
複数対決性能■■■■■■■■■□ 使い方の多様性■■■■■□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■□□□ 不利な相手への対抗力■■■■□□□□□□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■□


〜優劣関係〜

格好の餌ヘラクロス ナッシー パルシェン フシギバナ ルージュラ ブラッキー
割と有利スターミー フーディン
場合によるカビゴン カイリキー ガラガラ バンギラス
割と不利サンダー ライコウ スイクン ハガネール ムウマ
天敵ファイヤー リザードン エアームド ゲンガー


〜防御面〜

55食べ残し55食べ残しめざ格50黄金の実50
50パルシェンの波乗り低確率4発超高確率4発確4超高確率3発
55ライコウの10万ボルト確3確3低確率2発微高確率2発
55カイリキーのクロスチョップ確3確3低確率2発微高確率2発
55カビゴンの捨て身タックル乱数6〜7発乱数5〜6発確5超高確率4発
55カビゴンの鈍い+捨て身タックル確4微低確率3発超高確率3発確3
50ガラガラの地震低確率2発超高確率2発超高確率2発確2
55バンギラスの岩雪崩確4低確率3発中乱数3発確3


〜技候補〜

剣の舞とりあえず決定力の源。自分で殴るにしても、バトンするにしても。
高速移動こちらはバトンタッチとセットかな。カビゴンやガラガラ等遅いポケモンと組ませて。
バトンタッチ剣の舞か高速移動、もしくは両方を繋ごう。
捨て身タックル剣の舞と組み合わせると一流の火力。逆に剣の舞が無いと大したこと無いかも
恩返しバトンタッチを使う時は捨て身タックルは両立不可なので、代わりにコレを。
めざ格ノーマル技と相性の良いサブ技。バトン型の場合、攻撃技をコレ1本にする選択肢も無くはない。
めざ蟲バトン型で、ナッシー、バンギラス、ブラッキーあたりを手っ取り早く倒したい時に。
攻撃範囲は広くなく、ノーマル技との相性も悪いのでエースには向かない
めざ岩ファイヤーやサンダーを気にする場合のサブ技。ゴーストにもある程度抵抗出来る。
鋼の翼岩とゴーストに有効打が入る。追加効果の防御力UPをバトンする手も・・・?
めざ鋼鋼の翼と威力は同じなので、命中率を取りたい場合こちら。ただし当然他のめざパは使えなくなる
光の壁かなり便利な壁。特殊耐久の低い物理ポケモンと組ませる場合、
剣の舞+バトンタッチだけでなくコレでサポートも出来ると全然違う。
泥棒バトン型は黄金の実を持たせて使いやすいのでコレも結構狙いやすい。
破壊光線剣の舞を使ったあと吠えて来るポケモンに対して強烈な一撃をぶちかます。
堪える
起死回生
一応剣の舞や高速移動と組み合わせて使うことが出来るが、技スペースの問題で悩む。
因みにバトンタッチとは両立不可。
守るエースで食べ残しで使う場合、コレを持たせると耐久力が上がる。
眠る積んでから一旦コレ+薄荷の実で全回復してから殴るという手もある。
砂嵐あまり使われないがエースで火力を伸ばすために使うのはかなり面白そうだと思う。
影分身バトンタッチさせる技その3。決定力が欲しいので剣の舞もセットで欲しいかも
気合溜めバトンタッチさせる技その4。ピントレンズ持ちに継承させると急所率が33%に。
連続斬り場に長く居座ることが出来れば4ターン目あたりからダメージが期待出来るか。
カウンター地味に覚える。滅多に使われないがかなり将来性あると思う。
日本晴れ水技と雷の予防として使える。炎技は元々一撃だし。もちろん味方のサポートとして使うのもアリ。
神秘の守り状態異常が飛び交う環境ならば一考の余地はある。特に状態異常に弱いポケモンと組ます場合。


〜型サンプル〜

Lv.55 捨て身タックル/目覚めるパワー格闘/剣の舞/守る@食べ残し

ハッサムは強力な属性一致技こそ無いが、攻撃種族値130からの剣の舞+捨て身タックルの火力は伊達じゃない。
属性一致であるベロリンガの剣の舞+捨て身タックルよりも強いというのは時々ネタにされる。
剣の舞を1回積めば55カビゴンはもちろん、55ブラッキーすら確2、55スイクンも高確率2発。
サブ技は岩と鋼の双方に通用するめざ格が人気。ゴーストに無抵抗なのでサポメンの追い打ち等で対策したい。
剣の舞+めざ格でバンギラス確1、50ハガネールや55サイドン確2、51エアームド確3。
めざ格は、カビゴンに対しても捨て身タックルよりダメージが入り、その上反動も受けないという利点もある。
毒を喰らわないので食べ残しとの相性が良く、更に回復出来るようサンプルでは守るを持たせているが、
この枠は自由で、鋼の翼を持たせてゴーストにも抵抗出来るようにするのもアリ。
また、砂嵐で火力を伸ばすのも面白そうだ。


Lv.54 やつあたり/目覚めるパワー岩/剣の舞/バトンタッチ@食べ残し

↑の型と同様自分でも高火力の技を打てる上に、味方に攻撃力アップをバトンすることも出来る司令塔エース型。
比較的有名なのがこのパーティ。このサンプルはこれに準拠して書いているが、
隣に51ライコウを入れないならLv.55まで上げても良いし、目覚めるパワーは↑の型と同様格闘でも良い。
ただしレベルは53まで下げるとバンギラスに先制出来なくなるので注意。
また、捨て身タックルはバトンタッチと両立不可なので、ノーマル技は恩返しかやつあたりで使う必要がある。
剣の舞+やつあたりだと53カビゴンぐらいまでしか2発で倒せなくなるが、これは我慢しよう。
因みにめざ岩を使う利点は、天敵であるファイヤーや、その他サンダー等に強くなるところ。


Lv.50 恩返し/剣の舞/バトンタッチ/光の壁@黄金の実

かなり優秀なバトン要員。是非とも55の物理ポケモンと組ませて剣の舞をバトンしたい。
せっかくハッサム自身の攻撃力もあるので、↑の型と同様に自分でも殴れるようにしたいところ。
ナッシーやパルシェンを起点にして剣の舞を積むことが出来るので、そういう意味ではガラガラと相性が良い。
しかしエアームドという共通弱点も居るので、ガラガラはあくまでメインでなく、裏のエースとして使えると良いかも。
光の壁もかなり重要で、こちらに記したように相手の吠えるや吹き飛ばしを読んで光の壁を貼り、
吠えられた末にエースが無償降臨出来たりしたらかなり美味しい。
恩返しの枠は、ナッシーやバンギラス、ブラッキー等を殴りたい場合はめざ蟲にするのもアリ。
また、光の壁の枠は、泥棒なんかにして場を荒らすのも面白い。
バトンタッチを使うポケモン全般に言えることだが、
単純に能力上昇技+バトンタッチをしようとしても吠えられて終るだけなので、
それに固執せず吠えられた場合どうするか、バトンする以外の抜き筋を考えておくことが肝要。


Lv.50 剣の舞/高速移動/バトンタッチ/破壊光線@黄金の実

剣の舞だけでなく高速移動もバトン出来るということで、ひとつ。
これはまさに吠える等の対策をしなければ、積み切って物理ポケモンにバトンするだけで簡単に全抜きが成立する。
因みにこの他、気合溜めなんかもバトンすることが出来る。身代わりはバトンタッチと両立不可なので出来ない。
サンプルでは、↑に載せた記事に書いてあるように吠えられ際に大ダメージを与えられる破壊光線を持たせているが、
別に破壊光線に拘る必要は無く、普通に恩返しやめざ蟲などの攻撃技を持たせても良い。
光の壁などの補助技にする手もあるが、攻撃技が1個も無いと使い勝手が悪くなりがち。


Lv.55 恩返し/剣の舞/堪える/起死回生@奇跡の実

こらきしも出来る。最大威力の起死回生で55カビゴンや51サイドン、52パルシェン、54ブラッキーを一撃。
剣の舞を1回積んであると、55カイリキー、53スイクン、54エアームド、55フーディン等を一撃。
このように剣の舞+起死回生が出来る貴重な存在なので、かなり硬いポケモンまで起死回生で倒すことが出来るが、
これらは先制することが出来ないと意味が無い。
すると高速移動を持たせたいところだが、両方持たせると枠を喰い過ぎるし、
剣の舞が無いと、所詮属性不一致では上記のようにほとんど弱点を突かないと倒せず、
高速移動状態を持続させる必要があるので、ヘラクロスのようにHP1の状態で一旦引いたりすることも出来ず、なかなか実現は難しい。
火力は劣るにせよ素早さを気にする必要の無いストライクでやった方が使い勝手が良さそうだ。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 剣の舞+物理技の火力とバトンタッチの併用
ログ2 … ガラガラに繋ぐサポートハッサム
ログ3 … めざ蟲ハッサムが受からない例
ログ4 … 泥棒ハッサム
ログ5 … 剣の舞バトンを恩返しライコウに繋ぐ
ログ6 … 高速バトンをカビゴンに繋ぐ
ログ7 … 活躍が難しいポケモンに華を持たせる1
ログ8 … 活躍が難しいポケモンに華を持たせる2
ログ9 … 55鋼の翼ハッサム


〜大体どれにでも通用する対策〜

ハッサム単体に対する対策と、バトンタッチに対する対策が必要なのが厄介。
そんな中、その双方を埋められるエアームドとハガネールは頼もしい存在。
どちらも吹き飛ばしor吠えるでバトンタッチを対策でき、
エアームドはドリル嘴で与えるダメージがややぬるいが、ハッサムのあらゆる攻撃を耐えることが出来る。
逆にハガネールはめざ格を打たれると厳しいが、地震でそれなりのダメージを与えることが出来る。
因みにエアームドは50ハッサムには先制することが出来るが、55ハッサムにはレベルを53まで割かないと先制出来ず、
それは現実的でないので55ハッサムに先制するのは諦めた方が良さそうだ。
他にハッサムの技をそれなりに耐えつつ吹き飛ばせるポケモンと言うと、スイクンやサンダーあたりか。

目覚めるパワーは格闘、岩、蟲など候補が複数あるので、HPをよく確認しておきたいポケモンのひとつ。
HPが最大値であっても、めざ蟲の可能性は残っているのでナッシーで居座ったりするのは最初は避けたい。
めざ蟲が無いということが判明出来たなら、宿木のタネや眠り粉で邪魔することが出来る。

また、炎技という致命的な弱点を持っているため、
後出しは出来ないにしろ大文字を持ったカビゴンやハピナス等はそれだけで一応の対策にはなり得る。
カビゴン、カイリキーの大文字で同レベハッサムをやや高確率一撃、ハピナスの大文字で確1。
先制出来る炎ポケモンに至っては、ハッサムの前に出すだけで相手は交代を余儀なくされるので、
実質的にバトンタッチの対策も出来ているようなものである。
以上と似たようなことを書いているが、こちらの記事のハッサムの項も参照されたい。

因みに司令塔ではなさそうなエースのハッサムに対しては、
最初の型のようにゴーストが有効な対策になることが多い。
その場合、隣にヘルガー等が居た時は追い打ちに注意。


戻る