最終更新日:'18/3/13  最終チェック日:'18/3/13
我流・個別分析 ~グランブル~

変態ポケモン図鑑はこちら


~概論~

ノーマルポケモンとしてはリングマに次いで高い攻撃力を誇り、
即ちリングマに次いで強い恩返しや破壊光線などを打つことが出来るポケモン。
しかし問題は、そのリングマに全ての種族値で負けてしまっているという点だ。
♀比率が高いため、高い攻撃個体値で♀でのメロメロを使えるという点を除けば、技で差別化するしか無い。
幸いにもその方法は、攻撃技・補助技共に決して少なくない。
まず攻撃技に関しては、シャドーボールと雷の2つが要である。
これによって、前者ではゴーストを、後者ではエアームドやパルシェン、オムスター等を撃退することが出来る。
逆に、ありがちな間違いだが、あの見た目でありながら地震を覚えることは出来ないので注意しよう。
補助技では、甘える、癒しの鈴、リフレクターあたりが強力な差別要素となる。
基本的にどれも特殊系のサポートポケモンが使うことの多い技であり、強力な恩返しと併用出来るという点が貴重。
合計種族値はあまり高くなく、特に特殊耐久はかなり頼り無い。
また、素早さはガラガラやゴローニャと同速というぐらい遅い点にも注意したい。
基本的には、高火力の恩返しを中心に、リングマには出来ないサブ技や珍しい補助技を駆使して戦うことになるだろう。


~実戦的ステータス~

タイマン性能■■■□□□□□□□ 出番の多さ■■□□□□□□□□
複数対決性能■■■□□□□□□□ 使い方の多様性■■■■□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■■□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■□□□
対その他の一線級■■□□□□□□□□ 個人的総合評価■■□□□□□□□□


~優劣関係~

格好の餌ハピナス
割と有利カビゴン エアームド ゲンガー ムウマ スイクン
場合によるスターミー フシギバナ ライコウ パルシェン ケンタロス フーディン
割と不利サンダー ナッシー ヘラクロス ガラガラ ファイヤー
天敵バンギラス サイドン ハガネール カイリキー ブラッキー


~防御面~

55食べ残し5550黄金の実50
55サンダーの10万ボルト確3低確率2発微低確率2発確2
55ライコウの10万ボルト確3確3低確率2発超高確率2発
55フーディンのサイコキネシス確3低確率2発微低確率2発確2
50スターミーの波乗り確4微高確率3発超高確率3発確3
50パルシェンの冷凍ビーム超高確率4発超低確率3発低確率3発確3
バンギラスの噛み砕く確4中乱数3発高確率3発確3
バンギラスの岩雪崩超低確率3発高確率3発確3確3
55カビゴンの捨て身タックル確3低確率2発中乱数2発確2
50カビゴンののしかかり低確率4発確4確4高確率3発
50ヘラクロスのメガホーン確3確3低確率2発高確率2発
55ポリゴン2の恩返し確4微高確率3発高確率3発確3
50パルシェンの大爆発中乱数1発中乱数1発確1確1


~技候補~

恩返し必須の属性一致メイン技。地味にリングマの次に高い火力でコレを打てるポケモン。カビゴンよりも強い。
シャドーボールサブ技有力候補。リングマとの差別技。ゴーストをカモに。

10万ボルト
サブ技有力候補。リングマとの差別技。エアームドやパルシェンに絶大な効果。
鈍いコレを1回積めばほとんどの相手を恩返しで2発に。エースなら是非欲しい。
甘えるリングマとの差別技。サポート向きだが、エースで相手をぬるくしてから攻める手もある。
癒しの鈴リングマとの差別技。ほぼサポート専用か。
コレを使えるポケモンの中では、高火力の物理技を打てるという点が特徴的。
眠る遅いポケモンなので、薄荷の実で一度ぐらい回復の機会は欲しい。
寝言サポートで甘えるや癒しの鈴と併用する感じか?
吠える鈍いとのコンボや、サポートでのコンボ封じ等に。
リフレクターリングマとの差別技。サポートとして非常に優秀。甘えると違って場に残るのを利用したい。
コレを貼りつつ高火力物理技を打てるのが貴重で、癒しの鈴と両立出来る唯一のポケモンでもある。
怖い顔リングマとの差別技。遅いポケモンなので恩恵は大きいが、このために技枠を消費するのがやや痛い。
爆裂パンチ
電磁砲
破壊光線
サブ技候補。どれも非常に強力だが、リングマとの差別化はこれだけでは出来ない。
ヘドロ爆弾リングマとの差別技ではあるが、メインの恩返しとの相性が最悪。使い所が分からない。
噛み砕く
炎のパンチ
冷凍パンチ
このあたりはリングマでも出来る。それで敢えて持っていないだろうと思わせて、
炎のパンチでフォレトスを葬るのは面白いかも知れないが。
泥棒これもリングマにも出来るので、他の技で差別化する必要がある。
メロメロ
めざ格
リングマと違い、攻撃個体値8~Bで♀で使える利点がある。
それでも攻撃個体値7(♀の最強)のリングマの物理攻撃力を上回ることは出来ないが、
物理の目覚めるパワーと併用する手がある。詳しくは型サンプルにて。
雨乞い地味にリングマとの差別技。雷と併用出来るのが何気に面白い。サポートにした方が良いとは思うが。
指を振るリングマとの差別技。ハサミギロチンだと思って使えば強い。


~型サンプル~

Lv.50 恩返し/甘える/眠る/寝言@ピントレンズ

リングマには出来ない甘えるを打ちつつ、高火力の恩返しを振り回す型。
Lv.50でも恩返しで50カビゴンや55サンダー水準を高確率3発で倒すことが出来る。
甘えるで対面のカビゴン等をぬるぬるにしつつ、恩返しで圧力をかけたい。
リングマと差別化出来る技として、甘えるの代わりに癒しの鈴で使う手もある。
この場合、1ターン目の寝言で癒しの鈴が出れば自ら目覚めるというのがなかなか面白いところ。
また、道具は自由度があり、先制の爪や破壊の遺伝子も面白い。
遺伝子状態の恩返しで、55フーディン・52ヘルガー・51サンダースを確1、
50マルマインを高確率一撃、50ハピナスを中乱数一撃で倒すことが出来る。


Lv.55 恩返し/雷/鈍い/眠る@薄荷の実

リングマには出来ないサブ技を持ったエース型その1。
電磁砲も覚えるが、それだとリングマでも使えるので差別化出来ていないという点に注意。
素の恩返しで55サンダース・52ハピナス・51スターミー・50ヘラクロス確2、50フシギバナ高確率2発、55カビゴン超高確率3発、
鈍い+恩返しで55サンダー・55ガラガラ・53カビゴン・52ブラッキー・51スイクン・50パルシェン確2、55カビゴン超高確率2発、
雷で55パルシェン・54エアームド・54オムスター・51プテラ確2、50フォレトスやや低確率3発、54ゲンガー確4。
因みに素早さはガラガラと同速で、50ナッシー等には先制出来ない点に注意したい。
ログ … 鈍い+眠る型エース
ログ … 電磁砲+破壊光線型
ログ … 電磁砲+破壊光線型2


Lv.55 恩返し/シャドーボール/鈍い/眠る@薄荷の実

リングマには出来ないサブ技を持ったエース型その2。
こちらはエアームド等で受けられる代わりにゴーストに強くなる。
鈍い+シャドーボールで50ゲンガー・50ムウマ確1、
鈍い2回+シャドーボールで50ナッシー・55スターミー中乱数一撃、51サイドン・51ツボツボ・52ゴローニャ確3。
雷と組み合わせてセミフルにし、シャドーボールの特防ダウンを活かす手もあるか・・・?


Lv.55 恩返し/シャドーボール/鈍い/吠える@食べ残し

他のノーマルでもお馴染みの鈍い+吠えるコンボ。
吠えるを使う際に関しては、遅い方が良いので実はここでリングマと差別化出来ていたりする。
しかし、実際は一番遅い吠える要因であるハガネールには、リングマでも鈍い1回積むだけで後手を取れるので、リングマの遅さで充分。
結果として、「鈍い吠えるリングマを対策して素早さ努力値を下げたハガネール」が居れば差別化出来る、というぐらいだが、
よほどリングマが強い環境でないとそのようなことはほとんど無いと思うので、
このように大人しくリングマには出来ないシャドーボールなり何なりを持たせるのが良いだろう。
吠える+シャドーボールの両刀により、ゴーストを完全にカモれるというのは面白い。


Lv.55 恩返し/癒しの鈴/鈍い/吠える@食べ残し

鈍い+吠える型の、サブ技を抜いて代わりに癒しの鈴を持たせるのもアリかも知れない。
これは、眠るが無いからと言ってエアームド等が打って来たどくどくを治せるというのが非常に興味深い。
ただ、じゃあ素直に眠るで良いのではないかという気もしないでもない。


Lv.55 恩返し/甘える/鈍い/眠る@食べ残し

鈍いを積みつつカビゴン等には甘えて行く戦法。カビゴンとの鈍い合戦には非常に強くなることが出来る。
持ち物はここまでに紹介した型のように、薄荷の実でも。


Lv.50 恩返し/リフレクター/癒しの鈴/眠る@薄荷の実

何の変哲も無いサポート型だが、このような高火力物理ポケモンとしては、リフレクターを覚えるというのはとても貴重。
特に、リフレクター+癒しの鈴の両立はハピナスにも真似出来ないため、ドーブルとグランブルだけに許された組み合わせ。
サポート技としてはこの他に、得意の甘えるの他、泥棒、吠える等も候補か。
因みにリングマとの差別化さえ出来ていれば、鈍いを持たせるのも大アリ。
鈍いを1回積めば、Lv.50でも、50カビゴンや55サンダー等の重要どころを高確率2発で倒せるようになるからだ。


Lv.50 恩返し/シャドーボール/吠える/眠る@薄荷の実

ただの低レベルお化けキラー。


Lv.50 恩返し/雷/雨乞い/眠る@薄荷の実

地味にリングマと差別化出来る技として、雨乞いというのもある。しかもこれを、雷と併用出来るのだから面白い。
とは言え当然火力は知れているので、水や電気ポケモンと組ませてサポート的に使った方が良いかも知れない。


Lv.55 恩返し/目覚めるパワー格闘/メロメロ/鈍い@食べ残し

ドラゴンサマーさん考案。
♂:♀比率が1:3のポケモンなので、攻撃個体値B以下で♀を使えるというのもリングマとの差別点のひとつ。
しかも、攻撃種族値が高いポケモンなので、相対的にあまり数値を落とさず♀で物理技とメロメロを併用することが可能。
リングマでこれをしたい場合は攻撃個体値7で使うことになるが、
残念ながら攻撃個体値Bのグランブルは、攻撃個体値7のリングマの攻撃力を下回る。
よって、普通に♀のメロメロで使ってもリングマと差別化出来ることにはならないのだが、
ここで目覚めるパワーという選択肢が出て来る。
目覚めるパワーの威力は攻撃個体値が7以下だと50に落ちてしまう。
そのため、リングマを初めとする、♂:♀比率が1:1である多くのポケモンを♀で使う場合は、
その時点で自動的に目覚めるパワーの威力が50となってしまうのである。
しかしグランブルは、それに加えて攻撃個体値8,9,A,Bのいずれかでも♀として使えるため、
それらの個体値で目覚めるパワーを持たせれば、最大の威力70でそれを使うことが出来る。
例えば、8CFFという個体値で使うことによって、♀でメロメロと威力70の目覚めるパワー格闘を併用することが可能。
実はグランブルは、太い骨を持ったガラガラを除けば、
「♀で物理タイプの属性不一致目覚めるパワーを全ポケモン中最高火力で打てるポケモン」なのである。
「グランブルを超える火力で目覚めるパワー格闘を打てる♀のポケモン」は、
太い骨を持ったガラガラと、属性一致の格闘ポケモンしか存在しないということである。
しかもそのガラガラの火力も、グランブルをほんの少し上回るのみで、ほとんど大差無い。
更には、属性一致の格闘ポケモンですらも、これを上回るポケモンは実際にはカイリキーとヘラクロスの2種類のみ。
サワムラーはそもそも♀が存在しない。
8CFFのめざ格でバンギラス確2、鈍い1回のめざ格で51オムスター確2、50ゴローニャ高確率2発。
恩返しが半減でめざ格が等倍となるエアームドやフォレトスや、
恩返しが等倍でめざ格が2倍となるノーマルポケモン等には、恩返しの方がダメージが大きいので注意。
目覚めるパワーは格闘である必要は必ずしも無く、特殊タイプでも差別化自体は可能。
他の例としてはめざ水で、ゴローニャを2発、ハガネールを3発で同時に倒すことが出来る。
リングマの威力50のめざ水では当然これは真似出来ない。
めざ地は地震を覚えるポケモンとの差別化が難しく、他の目覚めるパワーは恩返しとあまり相性が良くない。


戻る