最終更新日:'14/1/21  最終チェック日:'14/1/21
我流・個別分析 〜フリーザー〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

初代で最高峰にそびえ立っていた伝説の鳥ポケモン。
しかし金銀では氷という属性自体が弱体化した他、決定力を出しにくい点やハッキリとした受け役割を持ちにくい点などから、
他の伝説のポケモンと比べて大きく株を落としてしまった不遇な存在である。
そんなフリーザーを活かすとすれば、やはり他には無い耐久力だろう。
特殊耐久は氷ポケモンでも飛行ポケモンでも単独1位、物理耐久も飛行ポケモンの中ではエアームドに次いで2位。
弱点を突かれると流石にマズいが、自慢の特殊耐久により等倍の波乗りやサイコキネシスのような技は受け切れることもある。
Lv.55で食べ残しまで持たせれば、電気技や炎技ですら属性不一致なら受かってしまうことも多い。
その耐久を活かして長く場に居座り、鈍いを積んで捨て身タックルで物理決定力を出したり、
寝言等で粘りながら冷凍ビームの試行回数を稼いで事故らせるというのが主な使い方となるだろう。
例えて言うならスイクンの氷バージョンのような感覚かも知れない。
飛行ポケモンではあるものの、自慢の属性一致氷技のお陰でサンダーにかなり抵抗でき、
型によっては(型サンプル参照)タイマンですら勝ち得るというのは立派なアイデンティティのひとつ。
決定力が無いと言いつつも特攻種族値95は備えているというあたりは流石に伝説のポケモンで、
威力95の冷凍ビームでもLv.50で55サンダーを高確率2発で倒せたり、
Lv.55なら等倍である50エアームドも中乱数2発で倒せるという程度はある。
サンダーやファイヤーより活躍の場は限られるものの、
相手に岩技や電気技が無かったり、水タイプが居なかったりするケースは決して少なくはないので、
そのような時に死角の無い能力値で粘りながらじっくりと決定力を出すことが期待出来る。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■□□□□□ 出番の多さ■■■■■■■□□□
複数対決性能■■■■■■■□□□ 使い方の多様性■■■■□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■■□
対その他の一線級■■■■■□□□□□ 個人的総合評価■■■■■■□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌イノムー フシギバナ ナッシー ヘラクロス エアームド ハガネール
割と有利カイリキー パルシェン
場合によるスターミー スイクン カビゴン サンダー サイドン ガラガラ
割と不利ライコウ マルマイン フーディン ケンタロス
天敵バンギラス オムスター ファイヤー リザードン マグカルゴ レアコイル


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55磁石サンダーの雷確2確2中乱数一撃中乱数一撃
50マルマインの10万ボルト高確率3発確3超低確率2発超低確率2発
50ゲンガーの10万ボルト超低確率3発超高確率3発超高確率3発確3
50ハピナスの雷超高確率4発超低確率3発超低確率3発確3
50ナッシーのサイコキネシス乱数5〜6発低確率4発微低確率4発確4
55フーディンのサイコキネシス微高確率4発確4超低確率3発確3
50スターミーの波乗り乱数5〜6発超高確率4発超低確率3発確4
50パルシェンの冷凍ビーム乱数7〜8発乱数5〜6発確5超高確率4発
55ヘラクロスのメガホーン乱数6〜7発確5確5超高確率4発
50ガラガラの岩雪崩超低確率一撃超低確率一撃確1確1
50カビゴンののしかかり乱数5〜6発低確率4発微低確率4発確4


〜技候補〜

冷凍ビーム
吹雪
属性一致メイン技。吹雪が性能が悪過ぎるのでやはりほとんど冷凍ビームだろう。
吹雪も同レベルガラガラを乱数一撃だったり、型サンプルの寝言型だったりと利点はある。
吹き飛ばし火力は無いが硬いポケモンなので、スイクンの吠えるのような使い方が出来る。
エースで鈍いとのコンボとしても必須。
捨て身タックル
鈍い
硬さを活かしてエースで決定力を出す。詳しくは型サンプルにて。
捨て身タックル単発では流石に非力過ぎるのでこれら2つセットだろう。
凍える風型サンプルに載せた寝言型の他、サポート役として使えることもあるかも知れない。
どくどく火力が低く硬いので、スイクンのように毒を撒いてサポートする手もある。
リフレクターこれもサポートに便利な技。自身もかなり物理に硬くなる。
眠る耐久を活かすポケモンなので欲しいことは多い。Lv.55食べ残しなら素眠りでもイケるかも
寝言属性を活かした受け役割があるわけではないのでLv.50だと欲しかったりするかも。
あとは冷凍ビームの試行回数を稼いだりとか?
めざ電一応氷技と相性の良いサブ技…だが、特攻が中途半端なので水への打点としては微妙かも。
めざ飛飛行ポケモンとして、格闘への打点が欲しい時に。鈍いと組み合わせる手も?
鋼の翼地味に苦手な岩への対抗手段になったりしそう
粉雪完全に凍結を狙うための技。
ゴッドバード
砂嵐
日本晴れ
雨乞い
珍しくどの天気の恩恵も受けられるポケモンかも知れない!?
ものまね硬くて火力が低めなので相手と共に場に居座りやすく、
技のバリエーションに乏しいフリーザーには相性の良い技だと思う。


〜型サンプル〜

Lv.55 冷凍ビーム/捨て身タックル/鈍い/吹き飛ばし@食べ残し

サンダーとファイヤーに対して特攻と特防が逆なので、それだけエースとして決定力を出しにくいフリーザーですが、
逆に耐久を活かしてこのようにじっくり鈍いを積んだり、冷凍ビームの試行回数を稼ぐのが向いているでしょう。
かなりの耐久での鈍い+吹き飛ばしのコンボにより、鈍いカビゴンを中心とした組み合わせにブッ刺さることがあります。
スターミーやパルシェンは有効打を持たないし、サンダーは冷凍ビームで倒せちゃう。
フリーザーがこの型が良い理由はこちらでも少し触れているので参照してもらいたいです。
鈍いは1回積んで51ガラガラまでに先制でき、鈍い+捨て身タックルで50ハピナス・55サンダース高確率2発、
52カビゴン・50ブラッキー確3、50スイクンを超高確率3発です。
吹き飛ばしを眠るにするタイプもありますが、カビゴンの突破が一気に厳しくなると思います


Lv.55 冷凍ビーム/捨て身タックル/鈍い/身代わり@食べ残し

某氏が使っていた、↑の型のアレンジバージョン。
鈍いを持たないカビゴンもそこそこ居るため、向き合って鈍いを積むだけで吹き飛ばす必要は無く、
代わりに鈍いを1回積んだ状態の先制身代わりによって、
中レベルカビゴンの恩返しぐらいまでなら耐えられるというのを利用しています。
活躍出来るかどうかは環境に依ると思いますが、よく穴を突いた構成ではないでしょうか。


Lv.50 冷凍ビーム/どくどく/吹き飛ばし/眠る@薄荷の実

火力より耐久重視のキャラなんだから、無理にエースにせずにサポートで使おうというのもまた自然な発想だと思います。
Lv.50でも55カビゴンの捨て身タックルを高確率で2回耐えたり、
スターミー、ナッシー、ヘラクロス、カイリキー、パルシェンなどなど相手にもネバネバ出来るので、
そこから毒を撒いたり冷凍ビームの試行回数稼いだりということになるでしょう。
他にはリフレクターも。まあ低レベルのサンダーやファイヤーと似たようなものだと思います。
「サポート」の面を強く出すなら、凍える風も良いかも知れません


Lv.50 冷凍ビーム/粉雪/眠る/寝言@不思議な木の実

ひ   ら   す   ら   氷   漬   け   を   狙   う


Lv.53 吹雪/凍える風/眠る/寝言@解けない氷

私ではなくこちらを参照して下さい。こちらに書いてあることが全てだと思います
最後に書かれているように、低レベルにしても良いんじゃないでしょうか


Lv.55 冷凍ビーム/砂嵐/吹き飛ばし/眠る@食べ残し

鈍いとは別の決定力の出し方をするエース。定数ダメージなのでカビゴンには有効かも知れません
眠るの枠は別の技に替えても良いかも知れませんね。どくどくとか?


Lv.55 冷凍ビーム/目覚めるパワー電気/どくどく/吹き飛ばし@食べ残し

フリーザー昆布ってのがあってもいいんじゃないかなと
ただメイン技のPPが少ないので、吠えループとか急所待ちがしにくい点は多分微妙です(
サブ技は、相性補完的にはめざ電が一番まともですが、如何せん火力がちょっと足りない。
しかし見逃せないのは、「氷受け」というのが居ないパーティがあるということだと思います。
氷技というのは基本的にサブ技で使われたり、ハピナスやポリゴン2に代表されるように不一致で使われることが多い技で、
メインで属性一致技で使われることはあまり想定されていないため、
サンダーのめざ氷やハピナスの冷凍ビームを大幅に上回る威力での氷技というのは時として刺さります。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 55フリーザーの対サンダー性能
ログ2 … ケンタロスの破壊光線を耐える
ログ3 … 分身毒飛ばしフリーザー
ログ4 … 分身毒飛ばしフリーザー2
ログ5 … 分身毒飛ばしフリーザー3
ログ6 … 低レベルサポートフリーザー
ログ7 … 低レベルサポートフリーザー2
ログ8 … カイリキーを誤魔化す


〜大体どれにでも通用する対策〜

攻撃技としては基本的に冷凍ビームと捨て身タックルを警戒すれば良いでしょう。
一応めざ電あたりの可能性も無くはないのでHPは見ておいた方が良いかも知れません
とりあえず飛行ポケモンだからと言ってサンダーを当てると痛い目に遭うことは間違い無い。
サンプルに書いたようにタイマンですらサンダーに勝てる型も存在するので。
属性的に圧倒的に信頼出来るフリーザー封じとしては、オムスター、カブトプス、バンギラス、マグカルゴ、レアコイルあたり。
岩技を持っていれば当然強力なキラーとなれます。
冷凍ビームに耐性を持ち、岩技を持っているポケモンでも良いでしょう。めざ岩ハッサム等。
少し精度を落とすと、ライコウ、電気技持ち水、物理耐久の高めな炎、
受けだけに関しては寝言甘えるブラッキー、攻めだけに関しては岩雪崩カイリキーあたりでしょうか。
電気技持ち水と書きましたが、不一致のぬるい電気技程度では倒せない場合もあるので注意。
10万ボルトだとゲンガーですらレベル差があると殴り負けたりします。
カビゴンもそれなりのクッションにはなりますが、鈍い+吹き飛ばしの餌食にされる危険性がある点に注意しましょう
因みに岩雪崩があればガラガラやサイドンでもタイマンでなら勝てたりします。
ただしレベル差を付けられると冷凍ビームで一撃で倒されてしまったり、
何とサイドンの属性一致4倍岩雪崩すら耐えられるのでアカンヤツです。
また吹雪だと、同レベルでも一撃だったりするので注意しましょう。
めざ電が無い場合パルシェンもある程度の壁にはなりますが、結局倒せない上に爆破すら止められる可能性もあるので、
一時的な壁になる程度と思った方が良さそう。
全般的に言えることは、寝言でなく食べ残し+鈍いのようなタイプに対しては、状態異常をかけるのが有効。
耐久が高いのでどくどくが特に効きやすい。


戻る