ヘドロこうげき

毒タイプの中威力技。同じ毒タイプでより威力の高いヘドロ爆弾と比べると、
命中率と追加効果発動率が同じであり、PPでしか上回っていない。
そのPPもヘドロ爆弾が致命的に低いというわけでもないため、ほぼ下位互換技と言ってしまって良い。
更には、この技を覚えるポケモンは全員ヘドロ爆弾を覚えるため、敢えてこの技が対戦で使われることはまず無い。

・小ネタ
この技を属性不一致で覚えるポケモンは存在しない。
そもそもこの技を覚えるポケモンは初代からベトベトン族とマタドガス族しかおらず、
金銀でも全く増えなかったため、かなり地味な技となってしまった。
ヘドロ爆弾が存在しない初代においては、威力65でありながら最強の毒技であった。
余談だが、「こうげき」という言葉が入っている唯一の技である。

ヘドロばくだん

毒タイプの最高威力技。威力は90と、他の属性に比べると少し低めではあるものの、
命中率が100%である上に、毒を浴びせる追加効果の発動率が30%とかなり高いため、物凄く使い勝手が良い。
毒タイプでこの技を覚えるポケモンは、文句なしでメイン技として使って良いレベルだ。

毒技の攻撃範囲としては、草の弱点しか突くことが出来ず、耐性を持つ相手も多いが、
その代わり特殊タイプ8種類に対しては全て等倍以上のダメージを入れることが出来る。
メジャーなポケモンが揃ったパーティや選出には一貫性を持てる場合も少なくなく、
メイン技どころかこの技1本で戦えるケースもある。
この技が受けられる場合でも、サブ技をひとつ持たせるだけでまとめて役割破壊をしやすく、
攻撃技に技スペースを喰わないというのが強みのひとつ。
逆に、この技がサブ技として採用されるようなことは、草の弱点しか突けないのもあって、滅多に無い。
そういう意味では、ノーマル技と似た扱いと言える。
また、この技を覚えない毒ポケモンも多く、毒技はこの技以外はまるでろくなものが無いため、
そのようなポケモンは毒技を諦めて複合属性のもう一方の属性一致技をメインにすることが多い。

・ベトベトン
ウツボットと並んでこの技の最強の使い手。この技を自力で覚えることが出来る唯一のポケモンでもある。
特殊タイプに通りが良いという攻撃範囲と、特殊耐久が高いという種族値がマッチしており、
お陰で特殊ポケモン全般にかなり強いポケモンとして扱うことが出来る。
サブ技も、この技と非常に相性の良い大文字を覚えることが出来るのが偉い。

・マタドガス、アーボック
単独の毒タイプなので、普通に考えればメイン技はまず間違いなくこの技になりそうなのだが、
マタドガスは大爆発や道連れ、アーボックは蛇睨みや嫌な音によるサポートと、専門的な仕事を任せることが多いため、
それを遂行するためにはこの技が特別必要なわけではないという場合もある。
この技の代わりにマタドガスは大文字、アーボックは地震がメイン技となる場合がある。

・ウツボット、ラフレシア、ドククラゲ、スピアー
この技を剣の舞と併用することで、一気に決定力を出すことが出来る毒ポケモン。
相手のどくどくを無効化すること等で起点を作りたい。
ドククラゲはもう片方の属性一致技である水技との相性が抜群で、この2つの攻撃技を持っておけば磐石。
その他のポケモンは鋼や地面ポケモンをどう攻略するか、サブ技を考える余地がある。

・モルフォン
剣の舞は覚えないものの、高い素早さから嫌な音で決定力を出せるポケモン。
眠り粉まで絡めれば、タイマン性能はかなりのものになる。

・ナッシー
サブ技としてこの技が採用される数少ない例その1。
エースで全抜きを狙う際、サイコキネシスを止められるエスパーと悪の双方の弱点を突ける目覚めるパワー蟲が人気だが、
等倍相手に対してはそれよりも威力が高く、再生回復相手に毒を撒くことで突破しやすくなるこの技が使われることもある。

・ダグトリオ、ヌオー、グライガー
サブ技としてこの技が採用される数少ない例その2。
地震をメイン技とする地面ポケモンは、ほとんどの場合サブ技は無差別破壊コンビネーションである岩技が採用されるが、
それでも草とヘラクロスにはどうしても止められてしまう場合が多い。
そこで、それらのポケモンを特に意識する場合は、岩技の代わりにこの技がサブ技として採用されることがある。
草の弱点を突けるのはもちろん、ヘラクロスにも岩技と倍率は同じなので、
岩雪崩よりも威力ぶん大きなダメージを与えることが出来る。
その代わり、岩技で弱点を突くことが出来た飛行への打点は弱まる。
特にエアームドに対しては、地震+この技の2つだけでは完全に手も足も出なくなってしまう点に要注意。

・代表的なログ
ベトベトン:サンダーやカビゴンに対する一貫性
ウツボット:剣の舞と併用して全抜き
ウツボット:追加効果の毒でミルタンクを苦しめる
ドククラゲ:剣の舞と併用して全抜き
ドククラゲ:追加効果を活かしサイクルで崩す
ハリーセン:鈍いで火力を出す&追加効果を活かす
ラフレシア:剣の舞と併用して全抜き
スピアー:剣の舞と併用&追加効果を活かす
【2012ルール】ラフレシア:格闘を受けながらの遂行技
【金銀ファンシーカップ】ハリーセン:非常に強力なメイン技
【218ルール】ヒマナッツ:ミラー対策のメイン技

へびにらみ

相手をダイレクトに麻痺させる技のひとつ。アーボック族とノコッチのみが覚える。
命中率とPPが完全に痺れ粉と一致しているが、この技は属性相性の影響を受けゴーストに無効化されてしまうため、
実質的に痺れ粉のほぼ完全下位互換技と言ってしまって良い。
ただし、覚えるポケモンは痺れ粉と全く異なり、相手を麻痺させるという効果自体は途轍もなく強いため、
この技を覚えるアーボックとノコッチはほぼ100%に近い勢いでこの技を持たせることになるどころか、
この技を覚えるお陰でアイデンティティを発揮出来ていると言っても過言ではない。
なお、命中率が100%の電磁波と比べると、地面ポケモンを麻痺させることが出来るという利点がある。

・アーボック、ノコッチ
どちらもこの技を使うためにパーティに採用されることがほとんどというほど必須な技。
アーボックは特に、電磁波と違って自身の弱点である地面ポケモンに麻痺を入れられるというのが美味しい。
因みにどちらもこの技が無いと100%他のポケモンの劣化になるというわけでは決してないため、
この技を持たない型で使えなくもない。

・ドーブル
当然、痺れ粉を覚えるため普通ならば痺れ粉を使った方が良いのだが、
テクスチャーと併用し他の技の属性を自分に貼り付けたい場合にのみ、この技を採用する価値が生まれる。
痺れ粉は草技なので、これを持っているとテクスチャーが誤作動してドーブルが草タイプになってしまう可能性があるが、
この技ならノーマル技なので、テクスチャーの邪魔にならない。
ノーマルタイプの状態のポケモンがテクスチャーで同じノーマルタイプを貼り付けることは無い。

・代表的なログ
アーボック:嫌な音と併用してガラガラのサポート
ノコッチ:嫌な音と併用しポリゴン2を突破

へんしん

工事中


戻る