最終更新日:'17/11/12  最終チェック日:'17/11/12
我流・個別分析 〜マルマイン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

御存知251匹中最速のポケモンで、その速さから先手で状態異常を撒いたり壁を張ってから、
最終的には大爆発で敵を巻き込むという、非常に分かりやすい戦闘スタイルを持つポケモン。
特にリフレクター・光の壁の双方を張りつつ大爆発が出来る唯一のポケモンであり、
先手を取れるので相手に身代わりや眠らせ技等で爆発を封じられることも少ないため、
壁を残してすぐさま爆発し、後ろのエースに繋げるということが非常に得意。
マルマインが残してくれた壁によて、耐久力が上がったエースは存分に暴れることが出来るのである。
残念ながら大爆発の火力自体は低く、ほとんどのポケモンはそれだけで道連れすることは出来ないのだが、
相手を倒さずに自主退場するということは、裏を返せば、
その弱った相手の前にエースを無償降臨させて起点にすることが出来るという考え方も出来る。
実際に、ガラガラや破壊の遺伝子ケンタロスと組ませる時にこのことを利用することが出来るのである。
後続のポケモンが相手に先手を取れれば、マルマインの先制大爆発+後続のポケモンの先制攻撃により、
相手に行動させずに2回攻撃することも出来るので、
金銀における大爆発のターンカットの恩恵を非常に受けているポケモンとも言えるだろう。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■□□□□□□□□ 出番の多さ■■■■■■■■■□
複数対決性能■■■■■■■■■■ 使い方の多様性■□□□□□□□□□
対カビゴン性能■□□□□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■■□□
対その他の一線級■■■■■□□□□□ 個人的総合評価■■■■■■■■■■


〜優劣関係〜

格好の餌エアームド パルシェン スターミー フォレトス
割と有利スイクン ゲンガー ファイヤー サンダー ライコウ リザードン ケンタロス
場合によるフーディン ムウマ ハピナス カイリキー サンダース
割と不利ヘラクロス サイドン ブラッキー バンギラス
天敵カビゴン ハガネール ガラガラ ナッシー フシギバナ


〜防御面〜

50黄金の実(壁あり)50(壁あり)50黄金の実50
55磁石サンダーの雷乱数6〜7発乱数5〜6発微低確率3発確3
55フーディンのサイコキネシス低確率4発確4低確率2発確2
50ナッシーのサイコキネシス乱数5〜6発超低確率4発確3確3
50スターミーの波乗り乱数6〜7発乱数5〜6発超高確率3発確3
55カビゴンの捨て身タックル超低確率3発確3確2確2
50カビゴンののしかかり確6乱数5〜6発超高確率3発確3
50ヘラクロスの地震超低確率3発確3確2確2
52ゲンガーの冷凍パンチ乱数8〜10発乱数7〜8発超低確率4発超高確率4発


〜技候補〜

大爆発マルマインにコレを持たせずして何をするんだというお話。
光の壁コレを残して大爆発出来るのがマルマインだけ。特殊耐久の低い高火力物理エースと相性抜群!
リフレクターもちろんこちらも重要。光の壁と両方持たせることも多い。
電磁波ガラガラなど遅いポケモンに繋ぐ場合は、2つの壁と同じぐらい重要な技。
素早い(けどマルマインより遅い)身代わりポケモンと向き合った時などに効果覿面。
コレと大爆発を併用出来るのもマルマインだけ。
10万ボルト
流石に攻撃が大爆発しか無いと不便なのでどちらかは持つことが多い。
なお50マルマインで55サンダーの身代わりを壊そうとする場合、
10万ボルトより雷の方が壊せる確率が高いという点に注意(10万ボルトが弱過ぎるため)。
電磁砲10万ボルトと電磁波が両方欲しいけどスペースが無いという時に採用の価値アリか?
めざ水サブ技を持たせるとしたらコレが人気。ハガネールやサイドンへの抵抗。
めざ草ヌオーに効く他、地面+水への一貫性を持つという利点はあるが、
めざ水に比べるとかなりピンポイントになってしまう。
めざ氷めざ水に比べて大爆発との相性が良くないのであまり使われないが、草への打点にはなる。
眠るすぐ爆発してしまわずに、電気や水を数回流したい場合に候補に挙がる。
ライコウやエアームド程度には受け役割を持てるようになるだろう。
どくどく速攻ゲーでない場合はコレでのサポートも可。電磁波と併用することも
嫌な音非常に非力な大爆発の火力を一気に上げることが出来る。鈍い対策にも。
鈍いコレも大爆発用。嫌な音と比べて相手の交代に依らないというメリットがある。
目安として、Lv.50でコレを1回積んだ後の大爆発は、51ナッシー・パルシェンの大爆発とほぼ同等。
また、1回積むと素早さは50ニドクインと同速になる。
雨乞い雷やめざ水で自ら攻めるよりは、コレを残して爆発して後続に繋ぐ用か。
因みにたまに間違える人が居るが、日本晴れは覚えないので注意。
フラッシュこの技をかけた相手の前で爆発で自主退場することにより、
後続のポケモンが身代わりを残しやすくなるというコンボがある。
身代わり威張るとの併用もあるが、相手の補助技読みで貼って1ターン得をすることで、
こちらが補助技を使えるターン数が1回増えたりするというメリットも地味にある。
威張る最速のいばみが。自身に火力は無いのでいばみがしつつ毒や麻痺を撒きたい。
ポイントなのは、相手が正気に戻ってしまったら爆発してしまえば良いのでリスクが小さいという点。
ミラーコートド変態乙。タイマンで勝てない高レベルシャワーズやフーディンキラー!?
めざ格流石に素の火力は貧弱過ぎるので、使うとしたら鈍いや嫌な音との併用だろう。
嫌な音をかけるとバンギラスを確2、同レベルカビゴンを確3。
転がる最速の身代わり+影分身と併用出来るが、丸くなるは覚えない。
寝言寝言大爆発!?!?!?


〜型サンプル〜

Lv.50 10万ボルト/リフレクター/光の壁/大爆発@奇跡の実

壁を張ってから、その圧倒的な素早さで有無を言わさずさっさと一方的に大爆発することによって、
エースを無償降臨させ、壁の効果も長続きさせることが出来るという、速攻ゲーの中核となるサポートポケモン。
その特性上、ガラガラやケンタロスエースととても相性が良い。
ガラガラとの組み合わせについてはこちらの記事を、ケンタロスとの組み合わせについてはこちらの記事を参照されたい。
道具は麻痺治しの実でも悪くないが、ナッシーの眠り粉を受ける機会もあるので、出来れば奇跡の実を使いたい。


Lv.50 10万ボルト/電磁波/リフレクター/大爆発@奇跡の実

どちらかの壁を抜いて、電磁波を持たせる場合も多い。サンプルでは電磁波+リフレクターにしたが、電磁波+光の壁もある。
足が遅く、特殊の苦手が多いガラガラとは電磁波+光の壁が相性が良く、
足が遅く、物理の苦手が多いカビゴンとは電磁波+リフレクターが相性が良く、
足が速く、とにかく耐久を上げたい破壊の遺伝子ケンタロスとはリフレクター+光の壁が相性が良い。
10万ボルトを抜いて全て補助技にしてしまう手も無くはないが、
マルマインはメイン技の10万ボルトによって、パルシェンを高確率で一撃で出落ちさせることが出来るというのが、
爆破速攻対決において重要な点のひとつであることを忘れてはならない。
逆に、パルシェン対策はどうでも良く、他に睨みを利かせたい場合、
メイン技を他の技、例えば任意の属性の目覚めるパワーなんかに変更してしまうのもアリだろう。


Lv.50 雷/目覚めるパワー水/眠る/大爆発@薄荷の実

壁サポートなど関係なく、ただの「爆発出来る電気ポケモン」として使う場合はこんな感じ。
ハガネールやサイドンで止まりたくないので、目覚めるパワーは水の場合が多い。
大爆発が非力過ぎるので、これを決めるために鈍いや嫌な音を持たせることもある。


Lv.50 10万ボルト/電磁波/どくどく/大爆発@麻痺治しの実

相手によって2種類の状態異常を撒くことで仕事をする型。
本来無抵抗であることが多いガラガラに対して毒を入れられるというのはポイントのひとつ。
以前、管理人がいばみがサンダーの隣で使ってお世話になったことがある。


Lv.50 雷/鈍い/嫌な音/大爆発@奇跡の実

非力な大爆発を、ちゃんと相手を確実に仕留める火力に底上げするために必死な型。
もちろんここまでしなくても、鈍いか嫌な音は実際どちらかでも良いだろう。
因みに鈍い1回でバンギラスや50ドーブル等に、鈍い2回で55カビゴンや50サイドン等に先制出来る。


Lv.50 電磁波/威張る/身代わり/大爆発@食べ残し

必死じゃないですかー!やだー
相手が旨く混乱してくれずに威張る+身代わりを失敗した場合でも、最終的に大爆発で全て無かったことに出来るというのは、
いばみがの保険としては嬉しい。
麻痺撒きとして電磁波にしているが、普通に10万ボルトで攻撃する仕様でも可


Lv.55 10万ボルト/嫌な音/威張る/身代わり@食べ残し

そんないばみがを、エースで嫌な音と併用して突破力を出せるようにした型。
威張る+嫌な音のコンボは馬鹿にならず、平気で混乱ダメージが100を超えたりすることもザラにある。
レアコイル等でも同じコンボが出来るが、それに比べて耐性や耐久が無い代わりに、素早さがあるので、
素早いポケモンの更に上を取って威張るをかけられるという利点がある。
電気技の火力は大したことは無いので、混乱ダメージ頼りになりがちにはなる。


Lv.55 10万ボルト/転がる/影分身/身代わり@食べ残し

転がるを覚えるため、例によって影分身+身代わりとのコンボも可能。
元々が既に完全な球体であるせいか、意外にも丸くなるは覚えないので注意。
というわけで、空いた枠には普通に攻撃出来るメイン技を持たせておくと立ち回りの上で便利だろう。
他には、鈍い対策として嫌な音を持たせるという手もある。
このような転がるコンボを出来るポケモンは他にもたくさん居るものの、
影分身+身代わりを扱う上ではやはり素早さが重要になるため、全ポケモン中最速であるという利点は大きい。


〜活躍したログ〜

ログ1 … ガラガラに繋ぐリフレクター+光の壁
ログ2 … ガラガラに繋ぐリフレクター+光の壁2
ログ3 … ガラガラに繋ぐ光の壁
ログ4 … ガラガラに繋ぐ光の壁2
ログ5 … ファイヤーに繋ぐ光の壁
ログ6 … ケンタロスに繋ぐリフレクター
ログ7 … ケンタロスに繋ぐリフレクター2
ログ8 … ガラガラと見せかけてマルマイン
ログ9 … ガラガラと見せかけてマルマイン2
ログ10 … どくどくマルマイン
ログ11 … 55転がるマルマイン
ログ12 … 55転がるマルマイン2


〜大体どれにでも通用する対策〜

マルマイン単体は電気ポケモンの中でもトップクラスのぬるさなので何ら問題は無い。
もちろん飛行や水ばかりでマルマインの10万ボルトすら受からないなんて言うのは以ての外として、
大爆発を誰で受け、後ろのエースを誰で戦うかという筋道は考えておいた方が良い。
マルマインに出すポケモンと、エースに出すポケモンを被らせるなんていうのは言語道断。
あとは出来るだけサポートする余裕を与えないように大ダメージを与えてさっさと爆発させたいところ。
目覚めるパワーは持っていないことが多いので、ガラガラで起点にしたりすることも出来る。
電磁波が無効で大爆発耐性もあるハガネールやサイドンならば、ほぼ完封と言えるだろう。
あとは、後ろに眠っているエースの対策に徹しようか。
因みに、壁サポート型マルマインの場合、守るが刺さる。
守ることによって壁の持続ターンを消費させるという点はもちろん大きく、それ以外に大爆発に対する嫌がらせにもなる。
また、カビゴンで鈍いを積んで行くのも有効な対策。
嫌な音さえ持っていなければ、マルマインは鈍いに抵抗する術を持たず、爆破されてもダメージは微々たるもの。
他には、たとえ後手でも身代わりを張るのが結構有効だったりする。
10万ボルトが非力なので、身代わりを1発で壊せない場合がそこそこあるからだ。
因みに55サンダースなら52までのマルマインに先制する上にほとんど大爆発でしか身代わりを壊せないので、かなりのキラー。


戻る