最終更新日:'18/5/26  最終チェック日:'18/5/26
我流・個別分析 〜マンタイン〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

エアームドと対をなすポケモンで、種族値は攻撃力と特攻、防御力と特防が、それぞれエアームドとテレコになっている。
つまりエアームドと同じだけ高い特殊耐久を誇り、逆に物理耐久はエアームドの特殊耐久並みに低い。
しかし、鋼タイプによる優秀な耐性と、飛行タイプとの組み合わせにより物理弱点を持たないエアームドに対し、
マンタインはせっかく特殊耐久が高いのに、最も肝心な特殊タイプである電気技を4倍弱点としているため、
その自慢の耐久を活かしづらく、対戦における株はエアームドとは天と地ほどの差が開いていると言わざるを得ない。
また、同じ水+飛行タイプのポケモンとしてはギャラドスが居て、
これがマンタインほどではないが十分に高い特殊耐久であり、物理耐久もマンタインを大きく上回っており、
更には技まで豊富であるため、ギャラドスにほとんど出番を奪われてしまっているのが実情である。
そんなマンタインの個性としては、怪しい光がある。
これを使える水ポケモンは他にスターミー・ラプラス・ランターンが居るが、
どれも大幅に性能が異なるためマンタインでやる価値は大いにある。
また、ギャラドスと比べると特攻がある程度高いため、雨乞い+水技で決定力を出したり、
ギャラドスでは有効打となりづらいサブ技の冷凍ビームを活かしたりする道もある。
自慢の特殊耐久は、等倍となる氷やエスパー技を受けたり、
雷パンチを持たない炎ポケモンや、岩雪崩を持たない砂嵐型のバンギラス等を受ける際に真価を発揮出来る。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■□□□□□□□ 出番の多さ■■□□□□□□□□
複数対決性能■■■■□□□□□□ 使い方の多様性■□□□□□□□□□
対カビゴン性能■□□□□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■□□□□□□□
対その他の一線級■■■■□□□□□□ 個人的総合評価■■□□□□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌ハガネール ガラガラ サイドン ファイヤー エンテイ エアームド
割と有利ナッシー パルシェン ブラッキー カイリキー ヘラクロス
場合によるフシギバナ スターミー スイクン ハピナス
割と不利ゲンガー ミルタンク フーディン
天敵ライコウ サンダー カビゴン ケンタロス


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
50カビゴンののしかかり超低確率3発高確率3発超高確率3発確3
50エアームドのドリル嘴乱数5〜6発超高確率4発確4低確率3発
55カイリキーのクロスチョップ乱数5〜6発超高確率4発確4低確率3発
50ヘラクロスのメガホーン乱数5〜6発超高確率4発超高確率4発超低確率3発
55水玉リボンミルタンクの恩返し確3確3低確率2発高確率2発
バンギラスの岩雪崩確2確2中乱数1発中乱数1発
バンギラスの噛み砕く乱数6〜7発確5超低確率4発確4
55ヘルガーの噛み砕く乱数5〜6発中乱数4発中乱数4発確4
55ヘルガーの日本晴れ+大文字超低確率4発確4確4微低確率3発
55ファイヤーの日本晴れ+大文字中乱数4発確4超低確率3発確3
55エンテイの日本晴れ+大文字乱数5〜6発超低確率4発微低確率4発確4
50スターミーのサイコキネシス乱数6〜7発確5確5超高確率4発
50ナッシーのサイコキネシス乱数5〜6発高確率4発超高確率4発超低確率3発
55フーディンのサイコキネシス超高確率4発超低確率3発微低確率3発確3
50パルシェンの冷凍ビーム乱数6〜8発乱数5〜6発乱数5〜6発微低確率4発


〜技候補〜

怪しい光マンタインの貴重な個性。エースでもサポートでも優先度は最も高い。
ハイドロポンプ
波乗り
属性一致メイン技。火力はそこまで高くないが、
同じ属性のギャラドスよりは強い。
冷凍ビーム
吹雪
サブ技筆頭候補。ギャラドスは特攻が低すぎてこのような技を持たせても機能しづらいが、
マンタインならば辛うじて弱点を突けばそれなりに有効に働く。
どくどく技の選択肢が非常に狭いポケモンなので必然的に候補に挙がる。
眠る特殊耐久を活かしたいので欲しいところ。
寝言これがあればナッシーぐらいは誤魔化せるようになる。
めざ飛
翼で打つ
属性一致技・物理版。攻撃種族値は40なのでろくな決定力にはならないが、
4倍弱点のヘラクロスを確実に2発で倒したりは出来る。
雨乞い技の選択肢が狭いため、メイン技の火力を上げるこの技も優先的に候補に挙がる。
ギャラドスとの特攻の差も更に活かしやすくなる。
黒い霧ギャラドスには出来ない技。鈍いカイリキーの対策ぐらいにはなる。
凍える風サポート用。素早さ逆転して上から怪しい光を打てるようになると強い。
泥かけサポート用。地味にギャラドスには出来ない技。怪しい光と併用でかなり厄介になるかも。
メロメロ怪しい光と二重でかけてストコンを狙える。


〜型サンプル〜

Lv.50 ハイドロポンプ/怪しい光/どくどく/眠る@薄荷の実

得意技の怪しい光を絡めた、オーソドックスなサポート型。
ギャラドスと違ってハイドロポンプでバンギラスを高確率2発で倒せるぐらいの火力はある。
ただしLv.50だとバンギラスには先制される上、岩雪崩で中乱数一撃で倒されてしまうので注意。
タイマンすら勝てないのであくまで釘付け程度に考えておこう。
マンタインはエアームドと物理・特殊面を丸っきり逆にしただけの種族値なので、
すなわちマンタインの物理耐久は、エアームドの特殊耐久と同じぐらい低いという点に注意。
技の選択肢はかなり狭いので、残りはどくどくなど無難な編成になるが、
怪しい光+どくどくは意外と馬鹿にならず、自滅している間に毒ダメージまで加算されて行くので、
ハピナスすら強行突破出来る場合もある。
メイン技は波乗りでも良く、この場合55めざ草ファイヤーを高確率2発で倒せるというのがギャラドスとの差別点。
雷パンチを使えるバクフーンやブーバーの受けに出すのは極めて危険だが、
サブ技が草技である場合が多く、ろくな物理技も持たないファイヤーやエンテイ、
等倍の悪技がせいぜいであるヘルガーあたりの炎ポケモンには、自慢の特殊耐久で鉄壁となることが出来るだろう。
どくどくの代わりに、翼で打つもしくは目覚めるパワー飛行を持たせる手も無くはない。
攻撃種族値はたった40しか無いため通常はまるでダメージにならないが、
4倍弱点を突けるヘラクロスになら余裕で2発で倒せるぐらいの火力が出せる。
ギャラドスよりも高い特殊耐久と怪しい光を活かしつつ、
他の水ポケモンには出来ない蟲・格闘耐性を活かしたヘラクロス受けが出来れば、マンタインの個性も出るというもの。


Lv.50 ハイドロポンプ/冷凍ビーム/眠る/寝言@ピントレンズ

ギャラドスは特攻が低すぎて、特殊のサブ技が役立つ場面は少なかったが、
マンタインならば冷凍ビームでもそこそこの威力を出せるため、このような至ってシンプルな型で使うのも意義がある。
飛行によって地面や格闘に強い分、同じような型のスイクンやシャワーズとは違う。
上記の通り、バンギラスを意識するならLv.52欲しい。
因みにこの他のサポート技の選択肢として、ギャラドスには真似出来ない黒い霧などもある。
これは、鈍いを持ったカイリキーやヘラクロス等を受ける際に役に立つ。
地味に影分身+転がるツボツボのキラーになれたりもする。


Lv.55 ハイドロポンプ/冷凍ビーム/雨乞い/怪しい光@食べ残し

エースだとやはり決定力を出したいが、そのためには雨乞いしか無い。
一応、雨乞い+ハイドロポンプで食べ残しの無い55カビゴンを高確率3発というだけの火力は出る。
他には55ニドクインや55ファイヤーなど大半の水弱点持ちは確1、
55サンダーや55ガルーラ等の多くの等倍相手は確2〜超高確率2発程度で倒せる。
このあたりの火力は流石にギャラドスと大幅に差を付けることが出来る。
これを、マンタインの個性である怪しい光と併用することで突破力を伸ばしたい。
冷凍ビームは、Lv.55なら50ナッシーを超高確率2発で倒せるのがかなり大きい。
50フシギバナは2発で倒せないが、Lv.55ならば先制出来るので、怪しい光を絡めれば決して倒すのは難しくないだろう。
この型だと状態異常に弱いため、いずれかの技を抜いて眠るを持たせてももちろん良い。


Lv.55 波乗り/冷凍ビーム/怪しい光/メロメロ@食べ残し

怪しい光に更にメロメロを重ねてストコンを狙う型。身代わりを覚えないのが惜しいところ。
ギャラドスと違って物理攻撃力はさっぱりなので、ほとんどの場合♀の特殊型になることを逆手に取っている。
冷凍ビームの代わりにどくどくを持たせて、相手が動けない間に毒ダメージを加算させる仕様にしても良い。


Lv.50 冷凍ビーム/怪しい光/眠る/寝言@光の粉

クソゲー仕様。電気以外に対してはそこそこ居座れるポケモンなので、
冷凍ビームの試行回数をそれなりに稼げるかも知れない(半分投げやり)


〜活躍したログ〜

ログ1 … 雨乞い+怪しい光エース型
ログ2 … 雨乞い+怪しい光エース型2
ログ3 … 雨乞い+怪しい光エース型3


戻る