最終更新日:'14/10/11  最終チェック日:'14/10/11
我流・個別分析 〜カブトプス〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

岩+水という独特の属性を持つポケモンで、相方のオムスターとは対照的に、剣の舞から物理決定力を出すタイプ。
その物理攻撃力は、岩ポケモンの中ではバンギラス・サイドンに次いで3番目、
水ポケモンの中でもキングラー・ギャラドスに次いで3番目に高い。
属性面で見ればオムスターと同様、エアームド、大文字カビゴン、冷凍ビームパルシェン、
冷凍ビームポリゴン2、寝言日本晴れファイヤー等に非常に強いので、
それらを起点にし、剣の舞で突破を図ると言った戦闘スタイルになるだろう。
耐久力に関しては物理・特殊共にオムスターに劣り、特に特殊耐久はエアームドをも下回るほどだが、
攻撃面では剣の舞はもちろん、物理+特殊の両刀で攻められるという利点もあり、なかなか止め辛い。
また、岩ポケモンとしてはプテラに次いで2番目に素早さが高いポケモンであり、
特に起点にしたいエアームドやパルシェンの他、レベル差を付ければスイクン等の85族にも先制出来るのが偉い。
低い耐久は味方にサポートしてもらい、その攻撃性能を存分に活かして崩しを狙いたい。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■■■■□□□ 出番の多さ■■■■■□□□□□
複数対決性能■■■■■■□□□□ 使い方の多様性■■□□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■■■□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■■□□□
対その他の一線級■■■■■■■□□□ 個人的総合評価■■■■■□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌パルシェン エアームド ポリゴン2
割と有利カビゴン バンギラス サイドン ムウマ
場合によるガラガラ ファイヤー リザードン ヘラクロス
割と不利スターミー スイクン サンダー ゲンガー フーディン
天敵ナッシー ライコウ マルマイン カイリキー


〜防御面〜

55食べ残しめざ岩55めざ岩50黄金の実50
50カビゴンの地震確3確3低確率2発高確率2発
55カビゴンの鈍い+捨て身タックル超低確率3発超高確率3発高確率3発確3
55ポリゴン2の鈍い+捨て身タックル中乱数4発確4確4中乱数3発
50パルシェンの波乗り確4高確率3発微高確率3発確3
50ナッシーのサイコキネシス確3確3低確率2発微低確率2発
バンギラスの岩雪崩超低確率3発超高確率3発微高確率3発確3
55ベトベトンの鈍い+ヘドロ爆弾乱数5〜6発高確率4発微高確率4発確4
50ヘラクロスの地震超低確率2発中乱数2発低確率2発確2


〜技候補〜

めざ岩
原始の力
属性一致メイン技。岩雪崩は覚えないのでこのどちらかになる。
剣の舞で決定力を出すのが普通なので、水技よりもこちらがメインという感じだろう。
ただ、原始の力はLv.65以上でないと剣の舞とは両立出来ないので、2000ではほぼめざ岩か。
剣の舞決定力を出すための超重要技。エースでは必須。
ハイドロポンプ
波乗り
属性一致技2。サブ技のような感覚か。岩技との相性はなかなか良い。
特攻はあまり高くないので火力を出すためにハイドロポンプの方が人気。
捨て身タックル
メガトンキック
サブ技候補。水技と相性が良く、めざ岩よりも威力がある。
めざ岩を抜くとサンダー等に弱くなってしまうので、型サンプルのようにセミフルか。
地獄車サブ技候補。ほぼ対カビゴン特化用か。
眠る他の剣の舞ポケモンと同様、コレ+奇跡の実or薄荷の実ぐらいの速度がちょうど良い。
砂嵐更に決定力を上げるための選択肢。詳しくは型サンプルにて。
高速スピン低レベサポート用。冷凍ビームパルシェンに強いのが美味しい。両立不可が多いので注意。
泥棒
リフレクター
凍える風
このあたりもサポート用に使えそうな技。
リフレクターは高速スピンと両立不可。
冷凍ビーム捻ったサブ技。特攻が低めなのであまり威力は期待出来ない。
低レベルナッシーに対して連打して光合成のPPを切らせるぐらいは出来る。
ギガドレイン更に捻ったサブ技。同族やオムスター、ヌオーへのピンポイント役割破壊か。
寝言型サンプルのように水技+物理技で使う手が無くはないか。
冷凍ビームパルシェンやエアームド等をいつまでも起点にし続けられるというのが利点。
じたばた剣の舞と両立出来ない上に両立不可も多過ぎるのでちょっと厳しいかな


〜型サンプル〜

Lv.55 ハイドロポンプ/目覚めるパワー岩/剣の舞/眠る@奇跡の実

双方の属性一致技を活かした、最もオーソドックスな型。水技+岩技の双方に耐性を持つのはニョロボンだけ。
剣の舞+めざ岩で、55めざ氷サンダーを確1で倒せるというのが最大のポイント。
ただし先制の10万ボルト一撃で倒されるので、光の壁を置いておいたり、眠りや麻痺をかけておくサポートが必要。
また、同じ条件で50エアームドを超高確率2発だったり、50パルシェンを3割強の確率で一撃というのも注目。
その他50カビゴンなど、等倍の相手はほとんど確2。
剣の舞を2回積めば、50ヘラクロス、51スターミー、55ゲンガーあたりは確1、50めざ霊カイリキーを高確率2発になる。
ハイドロポンプはバンギラスを確2、50めざ飛ガラガラやハガネールを中乱数一撃。
パルシェンやエアームドあたりは是非起点にしたい。特にパルシェンの大爆発を止めることが出来るというのは偉い。
他には、冷凍ビーム持ちのポリゴン2に非常に強いというのも特徴的。
素早さは、Lv.55で53のヘラクロスやスイクン、51ファイヤー、50ブーバー等と同速。
低〜中レベルの85族に先制出来るという点は是非活かしたい。
回復手段は、守る+食べ残しという手もアリか?


Lv.55 ハイドロポンプ/目覚めるパワー岩/メガトンキック/剣の舞@奇跡の実

回復を抜いた代わりに更に攻撃範囲を広めた型。
某氏がオフで実際に使い、カビゴン+スターミー+カイリキーを見事に3タテして場を沸かせた型でもある。
めざ岩は属性一致を加味しても実質威力は105なので、実は同じ倍率ならメガトンキックの方がダメージが大きい。
こちらは剣の舞+メガトンキックで55カビゴンを超高確率2発になるのが利点。
剣の舞を2回積むと、めざ岩では倒せなかった51カイリキーや50ガラガラを確1になる。
メガトンキックは同じ威力の捨て身タックルでも良い。命中か反動かの選択。
この他の攻撃技のチョイスとして、地獄車という手もある。
この場合剣の舞1回でバンギラス確1、剣の舞2回で55カビゴン超高確率一撃、55ガルーラや50パルシェン確1。


Lv.55 ハイドロポンプ/目覚めるパワー岩/剣の舞/砂嵐@食べ残し

剣の舞を積みつつ、砂嵐で更に決定力を増強させる型。
砂嵐の力を借りれば、剣の舞+めざ岩で55カビゴンや中レベルスイクンもほとんど2発で倒せるようになる他、
50パルシェンを確実に一撃で倒せるようになるのが非常に嬉しい。
もちろん、砂嵐はハイドロポンプとの属性的な相性の良さもある。
持ち物はここまでと同様奇跡の実でも良いだろう。


Lv.50 目覚めるパワー岩/高速スピン/鈍い/守る@食べ残し

波乗りパルシェンは無理だが、冷凍ビームパルシェンには強いので高速スピンで撒き菱駆除が狙える。
パルシェンに対して高速スピンを狙えるポケモンは他にもスターミー、カメックス、ドククラゲあたりが居るが、
カブトプスは岩タイプのお陰で大爆発も耐えることが出来るのが非常に重要。
これによってカブトプスは何と、「パルシェンの撒き菱を駆除しつつ、大爆発で相打ちにされず一方的に倒すことが出来る」
という称号を与えられた唯一のポケモンとなることが出来た。
ただし、それを遂行するには条件があり、まずパルシェンが鈍い+大爆発を使って来た場合倒されてしまうので、
徹底するなら鈍いにも対応出来る鈍いが必要。防御特化なら硬くなるでも良いが。
また、特殊耐久が低いため、幾ら半減でも冷凍ビームを永久的に耐えられるほどではないため、守る+食べ残し。
実際はめざ岩の圧力が大きく、パルシェンも回復出来ない場合がほとんどなのでそこまでしなくても良いかも知れないが。
因みに高速スピンは剣の舞やハイドロポンプ、地獄車など色々両立不可が多いので注意。


Lv.50 波乗り/高速スピン/目覚めるパワー岩/泥棒@黄金の実

↑の型はただのキラーなので、汎用性を持たせるならこれぐらいで充分だろう。


Lv.50 ハイドロポンプ/目覚めるパワー岩/リフレクター/泥棒@黄金の実

リフレクターや泥棒を覚えるので例によってこんな感じの低レベサポートも無くはないだろうか。
実際にどんな感じに使えるのかはよく分からない((


Lv.50 ハイドロポンプ/目覚めるパワー岩/眠る/寝言@ピントレンズ

ハイドロポンプ+めざ岩だけでそれなりの攻撃範囲を持っているので、
あとは寝言で使うのもアリかも知れない。無いかも知れない。
漢は黙って原始の力・・・と言いたい所だがハイドロポンプと原始の力の両立はLv.55のみであった。


〜活躍したログ〜

ログ1 … パルシェンを起点にする
ログ2 … パルシェンを起点にする2
ログ3 … ナッシーを起点にする
ログ4 … 身代わり持ちの型


〜大体どれにでも通用する対策〜

まずハイドロポンプ+剣の舞+めざ岩は持っていると思って良い。
一応めざ岩の所持はHPを見れば分かるので、確認しておくと良い。
前述の通り、55サンダーは10万ボルトでも一撃で倒せるものの、剣の舞+めざ岩で一撃で倒されるので注意。
もしもめざ岩を持っていないと判別出来た場合、2000では剣の舞+原始の力もあり得ないので、
強力な岩技は打って来ない、すなわちサンダーをかなり出しやすいということになる。

問題はこの先で、残りの技が眠るか、更に攻撃範囲を広げるサブ技かである。
もしも攻撃技がハイドロポンプ+めざ岩だけの場合、双方を半減出来るのはニョロボンである。
しかしなかなか簡単にパーティに入るポケモンではないので、その他で言うと、
素のめざ岩ぐらいならそれなりに耐えた上で先制して致命傷を与えられるライコウやゲンガー、
上から等倍の水技や状態異常の圧力をかけられるスターミー、物理耐久が高く同じく等倍の波乗りを撃てるスイクン、
攻守ともに有利な草ポケモンのナッシーやフシギバナやメガニウム、
めざ岩に耐性を持ちハイドロポンプにも弱くなく致命傷を与えられるカイリキー、ヌオーあたりが優秀な対策。
特にライコウに関しては、雷ならLv.52でも一撃で55めざ岩カブトプスを倒せる。
タイマンで勝てるポケモンとしては、Lv.50めざ飛でない限りハイドロポンプをほぼ耐えて地震一撃で倒せるガラガラや、
先制のめざ草で高確率一撃で倒せる55ファイヤーなんかもアリ。
カブトプスがノーマル技も持っているケースの場合、上記のうちカイリキーやヌオーはあまり安定しなくなる。
その代わり回復技が無いので、どんどんダメージを蓄積させて行きたい。

全般として言えるのは、やはり草技に関しては4倍弱点なので、
もし役割破壊のめざ草などを持っているポケモンが居たらそれだけで大きな圧力になる。
それでなくとも、特殊耐久はエアームドを下回るほど低いので、
等倍となる水技やエスパー技あたりでも充分にダメージを与えることが出来る。


戻る