エアロブラスト

ルギアの専用技。すなわち2000ルールでこの技を使うことが出来るのはドーブルだけ。
技の性能としては威力も命中率も高い上に急所にも当たりやすいという、
覚えるものならばどの飛行ポケモンにメイン技として持たせても良いぐらいの破格の性能である。
同じ飛行技でより威力の高いゴッドバードが存在するが、2ターンかかる技であるため、
どう考えてもこちらの方が性能が良いと認めざるを得ない。
まさに伝説のポケモンのみに許された専用技の名に恥じない性能である。

・ドーブル
2000ルールでこの技を使うことが出来る正真正銘の唯一のポケモン。
ドーブルがこのような通常の攻撃技を持つことはもってのほかと思われがちだが、
腹太鼓と併用することで多くの格闘や草ポケモンを一撃、
すなわちそれに相当する物理耐久の等倍の相手を2発、急所に当たれば一撃で倒すことが出来る。
キノコの胞子とも併用すれば、1発では倒せない相手に勝つことも現実的となる。
相性補完としてもうひとつ攻撃技を持たせるならば、クロスチョップか地震が相性が良い。
どれも威力は同じ100なので、同じ倍率の相手には同じダメージとなる。

・ルギア
2000ルールとは関係の無い話だが、ウルトラカップ等ルギアが使えるルールの場合、
当然ルギアにとってはメイン技の筆頭候補となる。
しかし、ルギアは耐久面に比重を置いた種族値であるため、長期戦を想定した方が良い場合も多く、
その場合PPが少ないこの技は返って不向きであるので、敢えてこの技を抜いて別の攻撃を持たせるケースもある。

・代表的なログ
【一撃無しウルトラカップ】ルギア:防御が上がったポケモンを急所で突破
【ウルトラカップ】ルギア:一撃技が使える環境でも確実なダメージソースとして使う

えんまく

相手の命中率を下げる技の中で、命中率100%、PPも20と最も多く、頂点に君臨する技。
フラッシュの完全上位互換技であり、スプーン曲げ・砂かけと比較しても、技タイプが違うだけで、実質上位互換と言える。
しかしこれだけでは非常に不確定要素が強いため、積極的に採用されることはあまり無い。
場に居座るポケモンにリスクを与えたり、1匹残し対策としては優秀。

・マタドガス
この技を自爆・大爆発と両立出来る唯一のポケモン(※フラッシュならマルマインやナッシーでも可能)。
相手の命中率を下げた上で爆破で自主退場し、エースを無償光臨させることで、起点を作りやすくなる。
身代わり持ちのエースにとってはかなり有効。
大爆発だと肝心の命中率を下げた相手を結局倒してしまい、起点を作れなくなる可能性があるため、
威力が低く相手を倒しにくい自爆を敢えて組み合わせる手もある。

・シードラ
この技がゴルダックとの差別点になる。
進化後のキングドラとは属性が異なるため、冷凍ビームへの耐性等で差別化が可能。
交代を促進する技なので、竜の息吹で麻痺を巻いたりするのが狙える可能性がある。


戻る