最終更新日:'18/3/19  最終チェック日:'18/3/19
我流・個別分析 〜シードラ〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

初代の頃は並み居る水ポケモンの中、種族値も技も全く取り沙汰する部分が無い非常に地味なポケモンであったが、
金銀でキングドラという、非常に種族値が高くドラゴンタイプも付いた進化系が追加され、一躍注目の的となった。
それによってシードラは未進化ポケモンとなったが、進化後のキングドラとは属性が異なるため、完全下位互換とはならない。
そのため、物凄く狭い道ではありながらも、単独でアイデンティティーを発揮出来るポケモンとなっている。
キングドラとの相違点はドラゴンタイプを持たない点である。
これのメリットは、ドラゴン技で弱点を突かれず、氷技に耐性を持てるという点。
ドラゴン技はまず使われることが無いので残念ながらメリットを活かせないが、
氷技に対しては活かすことができ、主にパルシェンの冷凍ビーム等を受ける際にキングドラとの差別化が可能となる。
また、単独の水ポケモンとして見ると、ゴルダックに全ての種族値で勝てていないため、技で差別化する必要がある。
候補に挙がるのは、オクタン砲、竜の息吹、高速移動、煙幕あたりとなるだろう。
幸いにもこれらの技はどれも、単独水タイプのポケモンが覚えるのは非常に稀である。
未進化ポケモンではあるものの、仮にも元々は最終進化形態であったため合計種族値はさほど低くはなく、
特に防御と特攻は高いため、地面や岩ポケモンに対して水技の圧力で引かせるぐらいのことは余裕を持って出来る。
致命的なのは特殊耐久の低さで、パルシェンよりほんの少し高い程度なので、
高火力の水技や炎技は、たとえ耐性を持っていると言えども受ける際には要注意。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■□□□□□□□□ 出番の多さ■■□□□□□□□□
複数対決性能■■□□□□□□□□ 使い方の多様性■□□□□□□□□□
対カビゴン性能■■□□□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■□□□□□□□
対その他の一線級■■□□□□□□□□ 個人的総合評価■□□□□□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌パルシェン フォレトス ブラッキー エアームド サイドン ハガネール
割と有利ガラガラ バンギラス
場合によるカイリキー ムウマ ハピナス スイクン ルージュラ
割と不利カビゴン ナッシー フシギバナ ヘラクロス ファイヤー ミルタンク
天敵ライコウ サンダー ゲンガー ケンタロス フーディン スターミー


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55カビゴンの捨て身タックル低確率2発微高確率2発高確率2発確2
50カビゴンののしかかり高確率4発確4確3超低確率3発
50エアームドのドリル嘴乱数5〜7発超低確率4発超低確率4発確4
50フォレトスのめざ蟲乱数6〜7発乱数5〜6発確5超高確率4発
50ヘラクロスのメガホーン確3超低確率2発超低確率2発確2
55カイリキーのクロスチョップ確3低確率2発低確率2発確2
50ゴローニャの地震低確率3発超高確率3発超高確率3発確3
50ベトベトンのヘドロ爆弾超高確率4発超低確率3発超低確率3発確3
バンギラスの岩雪崩低確率3発確3確3確3
バンギラスの噛み砕く確3超低確率2発低確率2発確2
50スターミーのサイコキネシス確3確3超低確率2発確2
50スターミーのハイドロポンプ中乱数4発確4確4超高確率3発
50パルシェンの冷凍ビーム乱数6〜7発乱数5〜6発乱数5〜6発高確率4発
50ルージュラの冷凍ビーム乱数5〜6発超高確率4発超高確率4発超低確率3発
50ポリゴン2の冷凍ビーム乱数8〜11発乱数6〜7発乱数6〜7発乱数5〜6発
50ハピナスの冷凍ビーム乱数11〜15発乱数7〜8発乱数7〜9発乱数6〜7発
50ファイヤーの大文字超低確率3発超高確率3発超高確率3発確3
50ゲンガーの炎のパンチ乱数10〜13発乱数7〜8発乱数6〜8発確6
55ゲンガーの10万ボルト超低確率1発超低確率1発確1確1


〜技候補〜

波乗り
ハイドロポンプ
属性一致メイン技。特攻種族値はゴルダックと同じ95あり、同レベルのガラガラを波乗りで2発、
バンギラスをLv.55波乗りやLv.50ハイドロポンプで2発で倒せる火力はある。
オクタン砲属性一致メイン技その2。威力は無いものの、これひとつでゴルダックとの差別化が出来る。
竜の息吹サブ技候補。ゴルダックはこれを覚えないが、同じ麻痺率ののしかかりを覚える点に注意。
冷凍ビーム
吹雪
サブ技候補。他の技でゴルダックとの差別化が出来ていればOK。
レベル差を付ければナッシーを冷凍ビームでも2発で倒せる。
高速移動ゴルダックとの差別点。これを覚える水ポケモンは他にアズマオウのみ。
身代わり
威張る
メロメロ
パルシェンと対面して身代わりを残せるというのがキングドラとの差別点になる。
高速移動と併用することによってアイデンティティーを発揮出来る。
サンダーやライコウに先制することで、メイン技が雷だった場合は外れ待ちが可能。
煙幕ゴルダックとの差別点。サポート向きか。
眠る
寝言
オクタン砲や竜の息吹を撒き散らすことが出来る。
竜巻ゴルダックとの差別点。高速移動と併用して怯み狙い…頭突きの方が良さそうだ。
雨乞い一応水ポケモンなので、選択肢として。


〜型サンプル〜

Lv.55 波乗り/高速移動/威張る/身代わり@食べ残し

キングドラとの差別点として、氷技を半減出来るというのがあるが、最も活かしやすいのが対50パルシェンの冷凍ビーム。
55キングドラの身代わりはこの技で7割の確率で割られてしまうが、55シードラは確定で耐えることが出来る。
すなわち対面の50パルシェンに対して、身代わりで完封することが出来るというのがズバリ、キングドラとの数少ない差別点である。
因みにLv.55で計算しているが、この数値が最も開くのはLv.54で、
シードラは依然として身代わりが確定で冷凍ビームを耐えるのに対し、キングドラは確実に1発で割られてしまう。
また、同じ単独水タイプであり、全ての種族値で勝てていないゴルダックと差別化を図れる技としては、
オクタン砲、竜の息吹、煙幕、高速移動、じたばた、睨み付けると言ったところ。
ひとつずつ潰して行こう。まず睨み付けるは、ゴルダックは全く同じ効果を持つ尻尾を振るを覚えるため差別化にならない。
それから、上記のキングドラとの差別化のために身代わりを持たせる前提とすると、
オクタン砲とじたばたは身代わりとは両立不可なのでこれらは使えない。
竜の息吹は貴重な麻痺撒き技だが、ゴルダックは竜の息吹と同じ3割麻痺の追加効果を持つのしかかりを覚える。
確かに竜の息吹はのしかかりと違ってゴーストに効くという利点はあるものの、これを活かせるシチュエーションはほとんど無いだろう。
煙幕は身代わりと相性は悪くないものの、身代わりを貼るということは結局場に居座るということになるため、
それだったら煙幕よりも影分身を使った方が有効な場合が多いと予想される。そして影分身はゴルダックも覚える。
こうなると残った技はただひとつ。高速移動である。
実際、高速移動を使える水ポケモン自体、シードラやキングドラの他にはアズマオウだけであり、
シードラはアズマオウよりも特攻も素早さも秀でている。
高速移動と身代わりを併用して何とか有効な型を使えないか…と考えると、
高速移動で全てのポケモンに先制出来るようになってからの、上からのいばみがというコンボが思い当たる。
先制で身代わりを貼ることさえ出来れば、あやみがスターミーと同じ要領で雷サンダーを苦しめたり、
水耐性を利用して、サイコキネシスを持っていないスターミーを身代わりで封じることが出来たりする。
また、あやみがスターミーとの大きな違いとして、55ライコウや55サンダースにすら先制出来るようになるため、
サンダーと同じくメイン技が雷の場合は上からの身代わりを刺すことが出来る。
相手は特殊ポケモンなので、威張るもほぼノーリスクで打てることだろう。
攻撃技は1本しか持てないが、幸いにも属性一致の波乗りは攻撃範囲が広く命中率も安定しており、
シードラは特攻種族値に関しては95とそれなりにまともなので、火力も出る。
というわけで、このような型が、シードラを活かすことが出来るほぼ唯一とも言える型であろう。
スターミーやスイクンをいばみがで倒すのは流石に至難の技なので、
出来ればそれらのポケモンは寄せ付けず、出来るだけパルシェンをおびき寄せるような構築に組み込みたい。


Lv.55 波乗り/高速移動/メロメロ/身代わり@食べ残し

いばみがの代わりにメロみがを狙うことも出来る。
スターミー等に対しては詰んでしまうがそこは完全に放棄して、
カビゴン等には勝ちやすくなるかも知れない。


Lv.50 オクタン砲/竜の息吹/眠る/寝言@光の粉

キングドラと差別化するために身代わりは必須というわけではなく、
あくまで氷技のダメージを抑えられれば良いため、
もしそれを活かすことが出来るのならば、ゴルダックと差別化するための技だけを持たせれば良いということになる。
例えば、サイコキネシスを持たない、冷凍ビーム1本の50ルージュラというポケモンが存在するが、
50キングドラは冷凍ビーム3発で倒れてしまうのに対し、50シードラは超高確率でそれを3回耐えることが出来る。
身代わりを持たせなくて良いとなると、両立不可だったオクタン砲が使えるようになるため、これが最も手っ取り早い。


Lv.50 ハイドロポンプ/竜の息吹/煙幕/どくどく@黄金の実

50キングドラは黄金の実を持たせても50パルシェンの冷凍ビームでほぼ4発だが、シードラはこれを乱数5〜6発に出来る。
あとは同じようにゴルダックと差別化出来る技を。


Lv.55 ハイドロポンプ/金縛り/高速移動/身代わり@食べ残し

素早い相手に対して、高速移動で素早さ逆転してからの金縛りというコンボがある。
ゴルダックは金縛りは覚えるものの、高速移動が無いためこのコンボは出来ない。


〜活躍したログ〜

ログ1 … いばみが高速移動型


戻る