最終更新日:'18/2/28  最終チェック日:'18/2/28
我流・個別分析 〜ピジョット〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

序盤の道路でお馴染みのポッポの最終進化形態で、かなり丸い種族値をした鳥ポケモン。
同じノーマル+飛行タイプで、覚える技もかなり似ているドードリオやオニドリルと比べると、
攻撃力と素早さで劣る代わりに、物理・特殊ともに耐久が高い。
ドードリオの破壊の遺伝子+破壊光線のような火力は出せないが、
代わりにLv.55で55サンダーの10万ボルトを確実に1回耐えたり、
食べ残しを持てば55カビゴンの捨て身タックルを超高確率で2回耐えたりする。
これらの特徴から、エースで使うなら鈍いで攻守の数値を活かして行く使い方が主となるだろう。
他の鳥ポケモンと同じく、リフレクターや吹き飛ばし、泥棒と言った便利な補助技も健在なので、
低レベルでのサポートも出来なくはない。
型サンプルに載せたようにオウム返しや追い打ち等を絡めてみるのも面白いだろう。
素早さ種族値は91あり、同レベルのファイヤーやガルーラ等の90族に先制出来る点も活かしたい。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■■□□□□□□ 出番の多さ■■■■□□□□□□
複数対決性能■■■■□□□□□□ 使い方の多様性■■□□□□□□□□
対カビゴン性能■■■■■□□□□□ 不利な相手への対抗力■■□□□□□□□□
対その他の一線級■■■■□□□□□□ 個人的総合評価■■■□□□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌ヘラクロス カイリキー フシギバナ
割と有利フォレトス ナッシー フーディン ハピナス
場合によるブラッキー エアームド ムウマ ファイヤー ガラガラ スターミー ハガネール
割と不利カビゴン バクフーン パルシェン スイクン ゴローニャ
天敵ライコウ サンダー ゲンガー ミルタンク ケンタロス バンギラス


〜防御面〜

55食べ残し5550黄金の実50
55サンダーの10万ボルト確2確2超高確率1発超高確率1発
50ナッシーのサイコキネシス低確率3発超高確率3発確3確3
50スターミーの波乗り確4低確率3発高確率3発確3
50スイクンの波乗り超高確率4発超低確率3発超低確率3発確3
50ファイヤーの大文字確3超低確率2発微低確率2発確2
50ハピナスの冷凍ビーム微低確率3発確3確3確3
バンギラスの冷凍ビーム超低確率2発中乱数2発高確率2発確2
バンギラスの噛み砕く確4低確率3発微低確率3発確3
55カビゴンの捨て身タックル超低確率2発中乱数2発高確率2発確2
50カビゴンののしかかり微高確率4発確4超低確率3発超高確率3発
50エアームドのドリル嘴乱数5〜7発超低確率4発超低確率4発確4
50ヘラクロスのメガホーン乱数5〜7発確5超低確率4発超高確率4発
50カイリキーのクロスチョップ超高確率3発確3超低確率2発超低確率2発


〜技候補〜

捨て身タックル
恩返し
属性一致メイン技。捨て身タックルと両立不可な技はほとんど無いため、是非採用したい。
ドードリオと違ってのしかかりは覚えないため注意。
翼で打つ
めざ飛
属性一致メイン技、もしくはサブ技候補。威力が低いのでサポート向け。
HPを減らしたくないなら翼で打つ、威力重視ならめざ飛を。
鈍いLv.55で1回積めば捨て身タックルで50カビゴン水準を軒並み2発になるので、
エースでは是非採用したい積み技。物理耐久も活かすことが出来る。
吹き飛ばし鈍いとのコンボ、身代わりとの併用、サポートでコンボ封じ等に使える便利な技。
レベルアップで自力で覚えるため両立不可の心配は無し。
リフレクターサポート向けだが、エースで身代わり等と併用するのもアリかも知れない。
眠るヘラクロス、フシギバナ、ハガネール等に受け役割を持てるようになる。
寝言低レベルで格闘などを無理矢理誤魔化したい場合に。
身代わり威張るやメロメロとの併用も良いが、Lv.55で鈍いとの併用が効果的。詳しくは型サンプルにて
泥棒
どくどく
鳥ポケモンお得意の、サポートに便利な技。
砂かけドードリオとの差別点のひとつ。泥かけと違って飛行ポケモンにも効く。
オウム返しドードリオとの差別点のひとつ。身代わりと併用して状態異常技を返す?
破壊光線
ゴッドバード
使いやすい捨て身タックル等をメイン技にして、
いざという時に強烈な一撃をお見舞い出来るこれらの技をサブに持っておくという手。
めざ格
めざ地
鋼の翼
サブ技候補、物理版。バンギラス重視ならめざ格、
岩・鋼・ゴーストに万遍なくならめざ地、更に別の目覚めるパワーを持たせるなら鋼の翼!?
めざ炎
めざ水
サブ技候補、特殊版。鋼重視ならめざ炎、岩重視ならめざ水。
特攻種族値も70と、オニドリルやドードリオより高い。
威張る
メロメロ
身代わりと併用。どさくさに紛れてオウム返しを併用すると面白かったりするかも知れない。
追い打ち飛行技を持たせてナッシーを狩ったり、電磁砲の無いムウマを狩れるかも知れない。
捨て身タックルやリフレクター、身代わり等と両立不可なので注意。
空を飛ぶどくどく+食べ残しと組み合わせてジワジワ削る?


〜型サンプル〜

Lv.55 捨て身タックル/鈍い/吹き飛ばし/身代わり@食べ残し

ドードリオやオニドリルは明らかに速攻向けの種族値をしているが、ピジョットはそれらに比べて種族値が丸いため、
破壊の遺伝子などではなく、鈍いで決定力を出して行くのに比較的向いている。
鈍い+捨て身タックルで50フーディン・52ルージュラ確1、
55サンダー・55ガラガラ・55ケンタロス・55カイリキー・54ポリゴン2・51カビゴン・50ミルタンク確2、
50ブラッキー超高確率2発、50スイクン高確率2発、
鈍い2回+捨て身タックルで51マルマイン・53サンダース確1、50ヘラクロス・50スターミー中乱数一撃、
55スイクン・55ミルタンク確2、50エアームド・51オムスター確3、50フォレトス・50ゴローニャ高確率3発。
素早さは、鈍いを1回積んで54ガラガラや51ベトベトン等に先制。惜しくも55ガラガラには1だけ抜かれてしまう。
また、吹き飛ばしを覚えるためコンボ封じをしたり、鈍い+吹き飛ばしのコンボが使えたりする。
そして、身代わりを持たせることで、対面から起点に出来るポケモンが増える。
ブラッキーやフォレトス等はもちろん、飛行による耐性を活かしてフシギバナやヘラクロス等も身代わりで完封出来る。
50エアームドのドリル嘴も高確率で耐えるため、エアームドと対面した際に身代わりを貼るという選択肢が生じる。
相手の方が遅いため、吹き飛ばされてしまう可能性もあるが、こちらが1匹残しの際などには活用出来る。
ドードリオだと身代わりは確定で壊されてしまう。
そして何より大きいのが、鈍いを1回積んでもカビゴンに先制した上で、身代わりが50カビゴンののしかかりを耐えるという点。
ドードリオの場合これが、約4割の確率で壊されてしまうという違いがある。
補助技の枠は他に、リフレクターやどくどく等も候補。
リフレクターは身代わりと組み合わせることで多くの物理技を身代わりが耐えることが出来るようになり、
どくどくは吹き飛ばしと組み合わせることで毒撒きや毒昆布を狙いやすくなる。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/眠る/寝言@ピンクのリボン

一応、種族値は誰の劣化でもないため、こういった普通の型で運用することも可能。
単体ノーマルポケモンのケンタロスやガルーラ等に劣りがちにはなるが、飛行タイプによる耐性を活かせば良い。


Lv.55 捨て身タックル/鈍い/目覚めるパワー水/眠る@薄荷の実

一応、ドードリオやオニドリルより少しだけ高い特攻を活かし、特殊タイプの目覚めるパワーによって役割破壊を狙う型。
めざ水で55サイドン・55ゴローニャ確2、53ハガネール・50プテラ確3、バンギラス確5、
めざ炎で55ハッサム・55フォレトス確2、53エアームド・53ハガネール確3。
別に特攻を無理矢理活かす必要は無いのでサブ技は物理技でも良いが、いずれにせよほとんど目覚めるパワー頼りにはなる。
目覚めるパワー以外で使えるほぼ唯一のサブ技が鋼の翼ぐらいか。
鈍い+鋼の翼で55めざ岩プテラ確2、50ゲンガー・50ムウマ・51サイドン・52ツボツボ・53ゴローニャ確3、バンギラス超高確率3発。
サンプルでは適当に眠る+薄荷の実にしたが、代わりに吹き飛ばし等でも良いし、
鋼の翼+めざ炎などでセミフルにするのも面白いかも知れない。


Lv.50 捨て身タックル/リフレクター/泥棒/オウム返し@黄金の実

リフレクターや泥棒と言った技も覚えるため、一応低レベルのサポートで使えなくもない。
オウム返しの枠は軽いお遊びなので、他の技でも良い。どくどくや吹き飛ばし、砂かけ等が候補。
因みにオウム返しはドードリオに、リフレクターはオニドリルに、それぞれ真似出来ない技でもある。
逆にピジョットは、それらが覚えるドリル嘴や、ドードリオが覚えるのしかかりは覚えないため注意。
メイン技を飛行技にする線も無くはないかも知れないが、
翼で打つだと結局弱点を突いても捨て身タックルと同じ火力にしかならない。


Lv.50 翼で打つ/追い打ち/オウム返し/眠る@奇跡の実

他の鳥ポケモンにも言えることだが、地味に追い打ちを覚えることが出来る。
ただし、遺伝なので初代マシン技である捨て身タックルやリフレクター、身代わり等とは両立出来ないので注意。
メイン技は恩返しや飛行技で妥協することになるが、逆に飛行技を持つことでナッシーとの対面に強くなるため、
ナッシーを追い打ちで狩るのを狙いやすくなるのでちょうど良かったりする。
翼で打つでも目覚めるパワー飛行でも、ナッシーを倒すのに3発かかるのは同じ。
他には電磁砲の無いムウマも狙い目。実はここでオウム返しが役に立つ。
ピジョットを後出ししたターンに黒い眼差しを受けたら、次のターンにオウム返しすれば完全に共倒れを確定させることが出来る。
これにより、黒い眼差し対策の吹き飛ばしを抜くことができ、ナッシーのサイコキネシスを回復するための眠るを持たせることが出来る。
また、オウム返しはナッシーの眠り粉などに対する圧力をかける効果もある。
吹き飛ばしを持たせて、これらの狩りたい相手を強制的に場に引きずり出して狩るというコンボもアリだろう。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 身代わり+鈍いエース1
ログ2 … 身代わり+鈍いエース2
ログ3 … 身代わり+どくどくピジョット
ログ4 … ヘラクロスを受ける


戻る