最終更新日:'14/11/25  最終チェック日:'14/11/25
我流・個別分析 〜キマワリ〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

フシギバナ・ウツボット・ラフレシア・モンジャラ・(セレビィ)と特攻種族値100が並ぶ草ポケモンの中、105という数値で存在感を示しているポケモン。
草ポケモン全体として見ればナッシーに次いで高い特攻を持ち、純草ポケモンとしては単独No.1。
それでもモンジャラとの差は5しか無く、なかなか差を付けるのは難しいが、モンジャラとは特殊耐久で大きく突き放している。
このポケモンの一番の問題は、技である。草ポケモンと言えば眠り粉、痺れ粉、宿木のタネを初めとし、
一部ではリフレクターや光の壁、アンコール等もあり非常に豊富な補助技で優秀なサポート要員となれるポケモンばかり。
決定力に関しても、剣の舞から物理決定力を出せるポケモンも多い。
しかしキマワリは、今挙げた全ての技を悉く覚えることが出来ないのである。
残された草ポケモンらしい補助技と言えば、光合成と成長ぐらいしか残っていない。
幸い成長は他にフシギバナ・ウツボット・モンジャラ・パラセクトしか使うことが出来ないため、
これを活かし、モンジャラより高い特攻と特防を活かして特殊決定力を出すのが数少ない生き残る道のひとつとなるだろう。
それを割り切った上で使うとしてもなお障害となるのが、カビゴンと同速という圧倒的な遅さ。
Lv.55にしても50サイドンや50フォレトスにすら先制出来ない。ガラガラにタイマンで勝つ等というのは夢の話である。
ここは開き直って「素早さは元から捨てている」と考え、電磁波を恐れず堂々とスターミーに後出ししたりするのが、
ひとつのキマワリらしい使い方になるのではないだろうか。
また、特殊耐久はさほど低くないため、素早さを捨てているなら鈍いで物理決定力を上げるのもチャンスがあるかも知れない。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■■■□□□□□□□ 出番の多さ■■□□□□□□□□
複数対決性能■□□□□□□□□□ 使い方の多様性■□□□□□□□□□
対カビゴン性能■□□□□□□□□□ 不利な相手への対抗力■□□□□□□□□□
対その他の一線級■■■□□□□□□□ 個人的総合評価■□□□□□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌サイドン ヌオー ゴローニャ ハガネール スターミー オムスター
割と有利フシギバナ サンダース
場合によるスイクン パルシェン バンギラス ガラガラ
割と不利サンダー ライコウ ナッシー ムウマ ブラッキー
天敵カビゴン ヘラクロス ファイヤー ゲンガー エアームド ケンタロス フーディン ポリゴン2 ベトベトン


〜防御面〜

55食べ残し5555めざ炎50
55サンダーのめざ氷確3確3確3中乱数2発
51ライコウのめざ氷確4中乱数3発超高確率3発確3
50ナッシーのサイコキネシス確4中乱数3発超高確率3発確3
50スターミーのサイコキネシス微低確率4発確4超低確率3発高確率3発
55スターミーの雨乞い+ハイドロポンプ超低確率3発高確率3発確3確3
バンギラスの冷凍ビーム確3超低確率2発中乱数2発確2
バンギラスの岩雪崩確3確3微低確率2発超高確率2発
55サイドンの岩雪崩確3確3低確率2発高確率2発
50カビゴンののしかかり微低確率3発確3確3確3
50カイリキーのクロスチョップ超低確率2発微低確率2発超高確率2発確2


〜技候補〜

葉っぱカッター属性一致メイン技候補1。他の草ポケモンと同様最も使い勝手が良い。
ソーラービーム
日本晴れ
メイン技候補2。こちらは最も火力が出る。もちろん光合成やめざ炎とも相性バッチリ
ギガドレインメイン技候補3。葉っぱカッターがある中で採用する価値は薄いかも。
めざ草メイン技候補4。技性能自体は最も高いと言っても過言ではないが、HPが大幅に落ちる点と、
サブ技に他の目覚めるパワーを使えない点がかなり痛いので採用はしづらそう。
成長他の草ポケモンと違ってまともな補助技を覚えないので、コレで決定力を出すのが重要になって来る。
恩返し
鈍い
一応物理決定力を出す場合の候補。元々遅いので鈍いは向いていると言えば向いている。
光合成大事な回復技。ほぼ後手で使うことになるのでタイミングに注意。
眠る
寝言
状態異常を気にしたり、光合成のPPに不安がある場合はこちらで。寝言は無しで薄荷の実でも良いが。
めざ炎草技と最も相性の良いサブ技筆頭候補。特に日本晴れ型の場合は是非持たせたい。
めざ氷サブ技候補2。サンダーを強く意識する場合に。めざ炎と比べてHPが下がらないという利点も大きい。
ヘドロ爆弾一応サブ技候補。草に通るが、どちらかと言うと追加効果目当てか。
どくどくまともな補助技が無いためサポートにしてもコレがせいぜいだろう。
影分身
メロメロ
威張る
技がまるで無く種族値を活かすしか無いため、こういうのに頼ることになる。身代わりは覚えないので注意


〜型サンプル〜

Lv.55 葉っぱカッター/成長/目覚めるパワー炎/光合成@食べ残し

草ポケモンとしては便利な補助技を全くと言って良いほど覚えないので、
このように頑張って火力を出し種族値を活かすような使い方になるでしょう。
概論に書いたようにスターミーに対してガンガン出して行くような使い方が良いのではと個人的に思っています。
火力については、成長1回からの葉っぱカッターでバンギラス高確率2発、50カイリキー超高確率3発、
成長2回で50サンダース高確率2発、55ライコウ超高確率3発、50ブラッキー高確率3発、
素のめざ炎で50エアームド・ハガネール高確率2発、成長1回で55ナッシー・52ヘラクロス確2、52ゲンガー確3。
この攻撃範囲だとサンダーが邪魔なので、そこを意識するならサブ技をめざ氷にする手も。
成長1回のめざ氷で52サンダー確2、55サンダー中乱数2発、52エアームド確3。対ナッシーはめざ炎と同じ。
草技は葉っぱカッターよりギガドレインの方が威力がありますが、
遅いのでやはり身代わりにシャットアウトされるのは痛過ぎるのでこれで良いと思います
後攻の光合成で粘りながら成長を積むのはかなり難しいと思うので、道具は不思議な木の実もアリかも知れません。
また、素早さを初めから捨てているということは、先制の爪で使うと意外な強さを発揮出来る…かも?


Lv.55 葉っぱカッター/成長/影分身/光合成@光の粉

草技一点攻め型。宿木のタネも剣の舞も眠り粉も無くて決定力増強させる術が無いともうこうするしか無いわけです
影分身を積んであらゆる攻撃を避けられるようにした状態で成長を6回積めば色々と希望は見えて来ます。
成長6回の葉っぱカッターで弱点突けば全員確1、55ブラッキー・53カビゴン・53ゲンガー・50ナッシー・50ヘルガー確2〜ほぼ2発、
55サンダー確3、55フォレトス・54エアームド・51ハッサムほぼ4発(急所待ち)。
この型ならサブ技が要らないのでメインを目覚めるパワー草にしてしまう選択肢もアリ。
成長6回のめざ草だと55食べ残しカビゴン・55ナッシー・54バクフーン・52ヘラクロス・52サンダー確2、50ハピナス低確率2発、
52エアームド・52フォレトス確3、50ハッサム超高確率3発、55めざ草ファイヤー・55リザードン超高確率4発。


Lv.50 葉っぱカッター/目覚めるパワー炎/眠る/寝言@ピントレンズ

どうせ補助技を使わずに種族値で勝負するなら、このように攻撃技とねむねごだけの編成でも良いんじゃないかと。
同じく寝言で使うことがあって、キマワリより特攻が高いナッシーに比べて、
草技をめざ草でなく葉っぱカッターで使えるので、別のタイプの目覚めるパワーをサブ技として持てるのがポイント。
ただし成長を使わない型の場合、同じ純草タイプのキレイハナも競合相手のひとつとなる点に注意。
特攻以外の種族値で全て負けているため、特攻で差を付けるしか無いんです
せっかくの葉っぱカッターなので、是非ピントレンズで急所を狙いたいところですが、
これも先制の爪でも面白いかも知れません。


Lv.55 日本晴れ/ソーラービーム/目覚めるパワー炎/光合成@先制のツメ

こうなっちゃうとナッシーでも出来ちゃいますが、
まあ一応特殊耐久が上だったり、そもそも属性が違ったりで劣化というわけではないので。
ソーラービームで55ガラガラ・55スターミー高確率一撃、50ハガネール・サンダース確2。
日本晴れ+めざ炎は、成長+めざ炎とほぼ同じ火力です。
道具とかもう既に先制のツメって書いちゃってるしね。


Lv.55 葉っぱカッター/恩返し/鈍い/光合成@先制のツメ

キマワリの種族値を見てみましょう。特殊方面は割と安定として、攻撃種族値は75と意外と低くない。
低いのは防御と素早さ。コレ、意外と鈍い+物理技で使っても良い種族値なのではないでしょうか?
もちろん特攻は無駄に出来ないので最低限葉っぱカッターは据え置きで。そうでないと劣化キレイハナになりかねません
ポリゴン2のように積みながら再生回復が出来るのもポイントのひとつです。弱点多いのがアレですが。
鈍い+恩返しで52ライコウ・53ヘラクロス・50カイリキー確3、50サンダー超高確率3発、55カビゴン高確率4発。
攻撃範囲的に見れば、成長+草技よりも、こちらの方が突破力出せるかも知れませんね。


〜活躍したログ〜

ログ1 … 影分身+成長で3タテ
ログ2 … スターミーへの受け役割を持たせる


戻る