最終更新日:'13/3/5  最終チェック日:'13/3/5
我流・個別分析 〜バタフリー〜

変態ポケモン図鑑はこちら


〜概論〜

低種族値蟲軍団の一角を成すポケモン(何
その中では唯一許された眠り粉・痺れ粉という優秀なサポート技が特徴的で、実戦でもそれを活かすことになる。
似たようなサポートが出来て全体的に種族値で上回るワタッコやモルフォンとの差別化が少し難しいが、
ワタッコに対してはメイン技でサイコキネシスを打てるのでヘラクロスやフシギバナ等に打点が入ったり、
冷凍ビームで弱点を突かれても1発は耐え、蟲技を半減出来るといった点で差別化可能。吹き飛ばしもある。
モルフォンに対しては技ではほとんど負けているが、地震を無効化出来るので、
ガラガラの地震を読んで後出しして眠り粉の圧力をかけたり、
攻撃技が地震一本のハガネールやドンファンあたりを起点に出来るという利点がある。
また飛行ポケモンとして見ると、各種粉と吹き飛ばしを両立出来る唯一のポケモンである。
これらの特長を活かし、得意な地面や格闘あたりに出してサポートキャラとして使えば、
この種族値でも一定のチャンスは与えられたポケモンと言えそうだ。


〜実戦的ステータス〜

タイマン性能■□□□□□□□□□ 出番の多さ■■■■■□□□□□
複数対決性能■■■■■□□□□□ 使い方の多様性■■■□□□□□□□
対カビゴン性能■■□□□□□□□□ 不利な相手への対抗力■■■■■■□□□□
対その他の一線級■■■■□□□□□□ 個人的総合評価■■■□□□□□□□


〜優劣関係〜

格好の餌フシギバナ ブラッキー ハガネール ドンファン
割と有利ヘラクロス カイリキー パルシェン
場合によるゲンガー ガラガラ ムウマ ナッシー
割と不利スターミー スイクン フーディン ハピナス エアームド
天敵カビゴン サンダー ライコウ ファイヤー バンギラス


〜防御面〜

55食べ残し5250黄金の実50
55サンダーの10万ボルト確2高確率1発確1確1
50カビゴンののしかかり確3超低確率2発低確率2発微高確率2発
50ヘラクロスのメガホーン超高確率4発超高確率3発微低確率3発確3
55カイリキーの鈍い+クロスチョップ乱数5〜6発確4微高確率4発確4
55カイリキーの大文字中乱数2発確2超高確率2発確2
50カイリキーのめざ霊乱数5〜6発確4超高確率4発超低確率3発
50スターミーの波乗り確4確3超高確率3発確3
55フーディンのサイコキネシス確3超高確率3発低確率2発確2
50ゲンガーの炎のパンチ確3低確率2発低確率2発高確率2発
50ガラガラの火炎放射超高確率4発超高確率3発超低確率3発確3


〜技候補〜

サイコキネシスろくな属性一致技が無い上に攻撃力も無いので、
強いて言えばメイン技は威力がある特殊技であるコレになることが多い。
幸い格闘流しの役を任せることが多くなりそうなのでマッチはしている。
補助の方法が似ているワタッコとの貴重な差別点でもある。
眠り粉ほぼ必須技。コレを覚えるからには持たせて損はない。
痺れ粉ナッシー等と同様、眠り粉と同時にコレも持つと便利。
吹き飛ばしワタッコとの差別技2。ロックバトンブラッキーや攻撃技の無いムウマ対策になる
悪夢モルフォンとの差別技。ギリギリ決定力を出せる可能性が出て来る。
リフレクター粉と同じく、無難に便利なサポート技。
糸を吐く眠り粉と併用すると面白い。詳しくは型サンプルにて。
神秘の守りコレを覚える蟲ポケモンは多いが、粉と両立出来るのは実はとても貴重。
ギガドレインサブ技候補。申し訳程度の威力しか無いが、一応ガラガラやスターミー等への抵抗
めざ炎サブ技候補。これもエアームド等へのささやかな抵抗。
めざ蟲サブ技候補。一応属性一致である上にサイコキネシスと相性が良いが…
日本晴れ
ソーラービーム
基本的にサポートキャラなので、
あくまで高火力炎エースのサポートなんかで使うと良いかも。
身代わりエースで眠り粉+悪夢なんかで使う場合に食べ残しと併用で持たせる手はある。
眠るサポート能力のある補助技に枠を割いた方が良いかも知れない。
メロメロコレで交代を促進させて粉を撒くという手もあるか…?
硬くなるイヤンイヤンセル


〜型サンプル〜

Lv.50 サイコキネシス/眠り粉/痺れ粉/糸を吐く@奇跡の実

王道の、サイコキネシスとダブル粉を組み合わせたサポート型。
この型サンプルでは、眠り粉+糸を吐くというコンボを採用している。
これはワタッコの眠り粉+綿胞子の項で説明したのでそちらを参照して欲しいが、
簡単に言うとこの2つをかけることによって相手に眠り+麻痺を同時に入れるようなことが出来る。
寝言によって痺れ粉をかけにくい相手には地味に有効な策である。そしてこれはモルフォンには真似出来ない。
このコンボを基調として戦うなら痺れ粉を抜いても良いし、これに拘らずダブル粉使いとして糸を吐くを抜いても良い。
他の技の候補としては、吹き飛ばし、リフレクター、ギガドレインあたりか。


Lv.50 サイコキネシス/痺れ粉/神秘の守り/吹き飛ばし@奇跡の実

実は痺れ粉と神秘の守りを両立出来る唯一のポケモンである!
「状態異常を避けながら状態異常を放つ」という現代の対戦スタイルに非常にマッチしているのではないだろうか。
眠り粉を持たせても良いが、神秘の守り+眠り粉に限って言えばフシギバナでも出来るので注意。
もちろんタイプは違うしサイコキネシスもあるので差別化は出来ているが。
サンプルでは他に便利そうな吹き飛ばしも持たせてあるが、↑の型とミックスしても良いだろう。


Lv.55 サイコキネシス/ギガドレイン/眠り粉/悪夢@食べ残し

もしエースで使うならこんな感じだろうか。悪夢を使えるというのもモルフォンとの差別点のひとつ。
これによって、低い決定力をある程度伸ばすことは可能。
眠り粉をかけてからダイレクトに悪夢をかけても良いし、相手が自分から眠った時にかけるのも良い。
まあわざわざエースでやるのも勿体ないと思うなら中レベルぐらいでやっても問題無いかも知れない。
エアームドやパルシェン等と同速なので、Lv.52でバンギラスに先制。


Lv.50 日本晴れ/ソーラービーム/眠り粉/痺れ粉@黄金の実

こういうのはちょっとワタッコでやって下さいって感じになっちゃいますね


〜活躍したログ〜

ログ1 … 糸を吐くでガラガラをサポート


戻る